やってみたいヘアスタイルは前髪が短い髪型。似合う人とメリット

あなたの周りに前髪が短いヘアスタイルの人はいますか?
モデルや芸能人にも見かけますが、どんな印象がありますか?

かわいい・個性的・おしゃれなど色々あると思いますが、一度はやってみたいヘアスタイルですね。

ですが髪の毛は切るとしばらく伸びません。もし似合わなかったらどうしようと不安にもなります。

そこで今回は、短い前髪が似合う人と似合わない人について紹介します。
短い前髪が似合う人はおでこが広い人、髪質が柔らかめの人などがおすすめです。

伸びてきた時のセルフカットの仕方もご覧ください。

短い前髪は明るい印象が持てる、小顔に見えるなどいいところがたくさんありますよ。

前髪のアレンジ方法や、短い前髪の場合の眉毛についても併せて読んでおきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベース顔の髪型!ショートスタイルの似合うポイントで小顔も叶う

ベース顔で髪型をショートにしたいという女性も多いのではないでしょうか?最近は女性のショートヘアス...

彼女にするなら化粧が薄い人と言うナチュラルメイク好き男性心理

「彼女にするなら化粧が薄い人の方がいい」と言う男性は多いものです。女性からすると、時間をかけて頑張っ...

ツヤ肌の作り方【ハイライトのコツ】自然な美肌を手に入れる方法

自然なツヤ肌の作り方はハイライトを上手に取り入れることがポイントです。ハイライト初心者でも、ハイ...

清潔感のある髪型にして、女性の魅力をさらにアップさせよう

清潔感のある人は、男女問わず好感が持たれます。清潔感と聞くと、服装のことを一番に思い出す方も多い...

目の下のくまは種類を知って正しい方法で消すことが大切

目の下のくまは年齢よりも老けて見られる原因です。一時的なものであればそれほど気にかけない方も多い...

ヘアセットでアップにするときの前髪のアレンジ方法を紹介

ヘアセットを自分でするときにはどんな前髪にしたらいいのでしょうか?アップに似合う前髪とは?結...

ボブのヘアスタイルで前髪なしは、40代にもおすすめ

ヘアスタイルの中でボブは、大人の魅力を出せることもあり、人気のヘアスタイルです。特に40代のよう...

40歳でかわいい女性の特徴と魅力!素敵な40歳女性になる方法

40歳という年齢でも、「かわいい」と思える女性が世の中にはたくさんいます。あなたの周りにも魅力的な4...

ショートカットでもヘアアレンジしたい!学校にしていける髪型

ショートカットでもいつもと違うヘアアレンジで学校に行きたいときにはどんなことをしたらいいのでしょうか...

ヘアアレンジでセミロングもデートで簡単可愛く!ポイントを紹介

ヘアアレンジでセミロングでもデートにピッタリなオシャレで可愛いヘアスタイルにしたいけど、不器用だから...

毛穴の黒ずみは洗顔でキレイにできる?黒ずみ対策を紹介

毛穴の黒ずみが気になるからといって洗顔をしすぎてはいませんか?一日に何度も洗顔をしたり、間違った...

ボブの髪型のアレンジの種類にはどんなものがあるのか

ボブは、女性らしく可愛らしい雰囲気が出せるので、男女問わず人気がある髪型のひとつです。ただし、ボ...

気になるすね毛の処理!男性のすね毛は「すく」のがおすすめ

男性でもムダ毛の処理は気になりますよね。とくにすね毛が目立つ場合は処理をしたいと考える方が多いのでは...

ヘアアレンジ【ショート】シーン別アップスタイルのアレンジ方法

ショートヘアの人は、ロングヘアの人のようにヘアアレンジを楽しめないと思っていませんか。ショートヘアで...

モテる顔の特徴を知って、自分もモテる側の人間になろう

世の中にはモテる人とモテない人に分かれます。その違いは顔だけにあるのでしょうか。ここでは、モ...

スポンサーリンク

前髪が短いヘアスタイルが似合う人・似合わない人

前髪は印象を司る大事なパーツです。
全体のヘアスタイルと同じくらい、女性にとっては悩みますよね。
今まで前髪を長めにしていたのなら、より一層前髪を短いスタイルは勇気がいるのではないでしょうか。

勢いで前髪を短くしてしまうと、もしも失敗すると伸びるまでひたすら待つしかなくなってしまいます。
実際に切る前に、自分に短い前髪が似合うのかどうかを知っておきましょう。

短い前髪が似合う人

  • おでこが広め
  • 髪が細く柔らかい質感
  • 顔の輪郭が丸顔
  • 目がくりっと大きめ
  • 幼い印象を持たれる顔立ち
  • 眉が太くない、濃くない

短い前髪が似合わない人

  • おでこが狭い
  • 髪が硬い
  • 顔の輪郭が面長
  • 目が小さめ
  • 顔立ち全体がはっきりしていて、どちらかというと濃い
  • 眉が太く、濃い

自分の顔立ちや輪郭などがどちらに当てはまっているかを確認して下さい。

髪の質感はヘアカラーでカバーしたり、眉もお手入れをして印象を変えることは出来ます。
ただ顔のパーツは変えることが難しいので、重点的に知るようにしましょう。

前髪が短いヘアスタイルの印象といいところ

短い前髪が似合うタイプなら、短い前髪ならではのいいところがいろいろあります。

今までとは違う印象が作れるので必見です。

例えば丸顔さんの場合。

丸い輪郭のせいで幼く見えがちで、大人っぽいファッションが上手く決まらないと悩んでいた方は注目です。
大人っぽい印象にしようと前髪を長くしていたかもしれませんが、顔の輪郭全体が露出することで余計に輪郭の丸さが強調されていたのです。

実は短い前髪の方が、輪郭に「縦の印象」を持たせることが出来て、今までよりもスッキリとしたシャープな印象を作ることが出来るのです。

幼くなりがちな短い前髪も、縦のスッキリとした印象を作り出せれば心配いりません。

他にも

  • 顔を小さく見せてくれる
  • 目力アップ
  • 漂うオシャレ感
  • 可愛らしい印象で、実年齢よりも若く見られる
女性ならどれも手に入れたい魅力です。
前髪の長さを短くするだけで、こんなに嬉しいメリットがあるようですね。

前髪が短いヘアスタイルが不安ならアシンメトリーもおすすめ

気になっていた短い前髪スタイルにいろいろないいところがあるなら、余計に自分でも挑戦してみたいという気持ちが高まるはずです。
でも失敗したときのことを考えると、なかなか決心がつかないなんて方もいるでしょう。

もし前髪を短くすることに不安を感じているなら、アシンメトリースタイルから挑戦してみてはどうでしょう。

左右の前髪が非対称的で、それぞれ長さが違うスタイルのことです。
短い前髪でもハードルが高く感じるのに、さらに左右非対称にするなんて絶対無理!と最初は思ってしまいます。

しかし、短くておでこが見える部分もあれば、少し長めで眉のあたりまで前髪がおりている部分もあります。
そのため、短い前髪が持つ可愛らしくオシャレな印象はそのままなのに、程よくおでこが隠れているため短い印象ばかりに目が行かずに済むのです。

極端な非対称にすると個性が強くなってしまうので、少しずつ右肩下がり(分け目によっては左肩下がり)になっている程度のニュアンスが理想的です。

短い前髪を可愛くアレンジする方法

前髪が短いと、アレンジ出来ずにワンパターンになるのでは、と思っていませんか。
短い前髪でも、十分に可愛くアレンジすることが出来るので安心して下さい。
アレンジ方法についても紹介するので、参考にしてみて下さい。

毛先をアレンジ

いつも真っ直ぐに前髪をおろしているなら、スタイリング剤を使って斜め方向に毛先を流すだけでも十分アレンジになります。

スタイリング剤で質感を出して流すと、さらに軽やかで柔らかい雰囲気になるので、優しい印象を作りたいときなんかにもピッタリです。

斜めに流すだけなので、アレンジが苦手という方でも忙しい朝に簡単に出来るアレンジです。

センター分け

ざっくりと前髪を真ん中あたりで分けます。
コームを使ってきっちり分けるより、手ぐしでざっくり分けた方が可愛いです。

あとは分けた前髪それぞれをねじって、ピンで固定するだけで完成です。
周辺の髪も一緒にねじると、後ろ側まで毛先を持っていくことが出来るので、顔周りをスッキリとした印象にも出来ます。

オールバック

前髪を分けずにねじってピンで固定したオールバックスタイルなら、クールで大人っぽいスタイルになります。

前髪が短くてパラパラ落ちてくる場合や、アシンメトリーで一つにまとめるのが難しい場合は、前髪をいくつかに分けてそれぞれねじって固定する方法にしましょう。

崩れにくいだけではなく、分けることで立体感のあるアレンジが出来るメリットもあります。

前髪が短いと目がいくのは眉。眉毛のポイント

最初に短い前髪には、太くて濃い眉は似合わないと紹介しました。

前髪が短くなると眉も露出するようになるので、今まで以上に眉のニュアンスが大切になってきます。

短い前髪には、いかにもお手入れしている眉というより、ナチュラルな眉の方が相性がいいです。

ある程度の太さを残して、無駄な部分の毛だけをお手入れします。
濃さが気になる場合は、カットして濃さを調節して下さい。

眉ペンシルでしっかり描き足すより、パウダーを使って柔らかく輪郭をはっきりさせないようにメイクしましょう。
眉マスカラを使って色を変えると、髪色とも調和して柔らかく仕上がります。

反対に細く薄すぎる眉も似合いません。

細く薄い眉だと、ちょっと怖い印象になってしまいます。
少し離れてみると眉が薄すぎて、顔全体の印象もボヤケてしまうので、あくまでもナチュラルにお手入れしている眉が理想です。

挑戦する前は難易度の高い短い前髪ですが、実はメリットがたくさん詰まったオシャレ女子の強い味方のスタイルでもありました。