目の下のくまは種類を知って正しい方法で消すことが大切

目の下のくまは年齢よりも老けて見られる原因です。
一時的なものであればそれほど気にかけない方も多いですが、続くようなら原因を知って根本から消す対策をした方が良いでしょう。
とはいえ、根本からの改善となるとすぐというわけにはいきません。
そこで役立つのがメイクです。
メイクであれば目の下のくまもすぐに消すことが出来ますよ。
ここではメイクと根本改善両方のくまの消し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛穴の黒ずみは洗顔でキレイにできる?黒ずみ対策を紹介

毛穴の黒ずみが気になるからといって洗顔をしすぎてはいませんか? 一日に何度も洗顔をしたり、間違った...

女性の体型はどれがいい?男が好みの女の体型と特徴を解説

男性は、女性のどんな体型が好みなのか知りたい女性もいるのではないでしょうか。男ウケの良いスタイルにな...

ベース顔の髪型!ショートスタイルの似合うポイントで小顔も叶う

ベース顔で髪型をショートにしたいという女性も多いのではないでしょうか? 最近は女性のショートヘアス...

気になるすね毛の処理!男性のすね毛は「すく」のがおすすめ

男性でもムダ毛の処理は気になりますよね。とくにすね毛が目立つ場合は処理をしたいと考える方が多いのでは...

男もスキンケアのプレゼントは喜ぶ!選び方のポイントやおすすめ

男性へスキンケアのプレゼントは喜ばれるのかと心配になりませんか? 最近では、男性もスキンケアに気を...

80年代に流行った髪型、女性が皆真似したあのヘアスタイル

時々テレビで80年代の映像が流れますが、そこで注目してしまうのが80年代の女性の髪型です。 あのア...

彼女にするなら化粧が薄い人と言うナチュラルメイク好き男性心理

「彼女にするなら化粧が薄い人の方がいい」と言う男性は多いものです。女性からすると、時間をかけて頑張っ...

血糊の落とし方とは?肌の血糊を落とすポイントとコツ

肌に塗った血糊はどのような落とし方だときれいに取ることができるのでしょうか?残らないように落としたい...

清潔感のある髪型にして、女性の魅力をさらにアップさせよう

清潔感のある人は、男女問わず好感が持たれます。 清潔感と聞くと、服装のことを一番に思い出す方も多い...

40歳でかわいい女性の特徴と魅力!素敵な40歳女性になる方法

40歳という年齢でも、「かわいい」と思える女性が世の中にはたくさんいます。あなたの周りにも魅力的な4...

ボブのヘアアレンジはコテを使えば簡単可愛く!コツやおすすめ

ボブのヘアアレンジはコテを使ってしたいけど、うまくできるか自信がないという人もいるでしょう。コテを使...

ボブのヘアセットはアイロンで可愛く!簡単にできるコツを紹介

ボブのヘアセットにはアイロンを使うとアレンジが楽しめます。 でも、アイロンを使うのが初めてだと使い...

ボブのヘアスタイルで前髪なしは、40代にもおすすめ

ヘアスタイルの中でボブは、大人の魅力を出せることもあり、人気のヘアスタイルです。 特に40代のよう...

ボブのヘアアレンジ色々。ストレートでも華やかに見えるアレンジ

ボブスタイルは髪の毛を乾かす時間も短縮されお手入れも割と簡単なので、一度ボブにしたらやめられないとい...

ヘアアレンジでセミロングもデートで簡単可愛く!ポイントを紹介

ヘアアレンジでセミロングでもデートにピッタリなオシャレで可愛いヘアスタイルにしたいけど、不器用だから...

スポンサーリンク

目のくまを消すなら、種類を知るのが先決

若くても、これがあると一気に疲れた印象になってしまう顔のくま。
この目下のくまは、若い女性が悩まされるもの一つだと思います。

何としてでも消したい目のくま、対応策を練るには、相手を知る事から。

目のくまは、そもそもどういったものなのでしょうか。

くまは「青くま、茶くま、黒くま」の三つの種類がある

自分がどの種類のくまか見極めるには、方法があります。

目尻の皮膚を引っ張ってみる、という事がその方法です。
簡単ですね。

目尻の皮膚を引っ張ってみた時、くまがどういう状態になるかでどの種類のくまなのか見極める事ができます。

  1. 目尻の皮膚を引っ張った時、くまは皮膚に引っ張られずに動かなかったら、それは青くまです。
  2. 茶くまなら、くまも皮膚と一緒に引っ張られます。
  3. 黒くまは、引っ張ると消失してしまいます。消えてしまったら黒くまになります。
簡単にわかる事なので、あなたのくまがどの種類なのかすぐに判別できた事と思います。

取り急ぎ目の下のくまを消すなら、メイクで隠すのが簡単

てっとり早くこの気になるくまを消したいなら、女性ならメイクで隠すのが簡単です。

コンシーラー

を気になる部分に塗る方法が取り急ぎの場合の方法ですが、つけすぎに注意しましょう。厚く塗ってしまうと、目元のシワにコンシーラーがたまってしまう事があります。

ファンデーション

出先などでコンシーラーが手元にない場合、ファンデーションでくまをうまく隠す事ができます。

目の下の皮膚はとても薄いので、薬指をつかって優しくファンデーションをのせていくのがおすすめです。
まばたきをしたり、笑ったりする事で動きの多い目元の皮膚。
動きが多いという事は、崩れやすくヨレやすい、という事になります。

しかも目元の皮膚はとても薄くてデリケート。

ゴシゴシこするようにしてファンデーションを塗り込むのは厳禁です。

力の入りにくい薬指で、そっと優しくファンデーションをとんとんと軽く叩くように塗っていきましょう。

ファンデーションは高い保湿力をもつものがおすすめです。

チーク

もしチークもあるなら、オレンジ色系のクリームチークも使ってみましょう。
オレンジ色系のクリームチークを少量、くまの上にのせてなじませると自然な雰囲気になります。

最後にチークとファンデーションをスポンジで軽く叩いてしっかりと肌に密着させましょう。

目の下の茶くまの原因と消す方法について

茶くまの原因は、摩擦と色素沈着によるものが多いです。
化粧を落とす時にゴシゴシこすって落とすのはやめましょう。
ですが、しっかりと化粧を落とさないと色素が沈着して茶くまの新たな原因にもなってしまいます。

目元周りの化粧は、お湯で落ちるものがおすすめ

アイライナーやマスカラはブラックやブラウンなど、色の濃いものが多いです。
お湯で簡単に落とせるものの方が色素が沈着しにくいと言えるでしょう。

色素沈着の原因になりやすいコスメは、落ちにくいウォータープルーフのものです。

泳いだりスポーツをしたりする日以外は、なるべくウォータープルーフ以外の化粧品を使用すると良いでしょう。

茶くまを消す方法は、摩擦を避けて目元周りのメイクを落とす事です。

クレンジングは毎日する事なので、コットンを使用して優しく目元周りのクレンジングをしていきましょう。

  1. コットンにクレンジング液を染み込ませて半分に折って使いましょう。
  2. マスカラは、このクレンジング液を染み込ませたコットンを半分に折った間にまつ毛をはさんでしばらく置きましょう。
  3. 力を入れなくてもスルッとマスカラが落ちます。

半分に折ったコットンの端の方で優しくアイライナーなどを拭き取りましょう。

目元の皮膚はとても薄いので、ストレスに弱いという事を忘れずに。

目の下の青くまの原因と消す方法について

目の下の青くまの原因には、睡眠不足や疲れ、血流が悪い、という事があげられます。
普段の生活習慣からくるものが多いので、これを改善すれば良いとも言えます。

パソコンやスマートフォンの見すぎも青くまになってしまいますので、長時間の使用は避けましょう。
睡眠不足や疲労がたまって血流が悪くなると、その状態がそのまま目の下の薄い皮膚にあらわれます。

血流が悪くなる原因の一つは、同じ姿勢で長時間過ごす事

どうしても同じ姿勢で画面をじっと見てしまうパソコンによる作業は、途中で立上がるとか、伸びをするようにしてみましょう。

気がつくとあっという間に時間がたってしまうスマートフォンを見る事も、青くまを消したいなら少し時間を意識して使用するようにしましょう。

質の良い睡眠をとるように心がけて、不健康な印象のある青くまを撃退しましょう。

目の下の黒くまの原因と消す方法について

目の下の黒くまの原因は、目元に老廃物がたまって暗くみえてしまう事です。
他に、皮膚のたるみがつくる影によっても黒くまに見えてしまいます。

生活習慣を正しくして身体の中から健康になる事

規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、質の良い睡眠をしっかりとる。
これらの事を遂行して、身体のなかから健やかになれば、目元もきっと明るくなる筈です。

メイクなら、とにかく目元を明るく見せるようにしましょう。

パール感があるアイメイクもおすすめです。
光で黒くまを飛ばすイメージで。

コンシーラーも、パール感があるものを使った方が効果的です。

目の下にピンクやオレンジ系のチークを伸ばす事で、さらに明るく、生き生きとして見えます。

仕事にプライベートに輝く若い女性は、いつもキラキラしていたですね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688