血糊の落とし方とは?肌の血糊を落とすポイントとコツ

肌に塗った血糊はどのような落とし方だときれいに取ることができるのでしょうか?残らないように落としたいからといって、強くこすってはいけません。

しかし、血糊や汚れが残ってしまうのも嫌ですよね。まずは、血糊を取りやすくすることが大切です。

肌に優しい血糊の落とし方、濃いメイクを落とすときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボブのヘアセットはアイロンで可愛く!簡単にできるコツを紹介

ボブのヘアセットにはアイロンを使うとアレンジが楽しめます。 でも、アイロンを使うのが初めてだと使い...

ヘアセット方法で雰囲気の変わるロングポニーテールアレンジ方法

ロングのポニーテールはヘアセット次第で、アクティブにもキュートにもクールにも見せることができますよね...

ヘアアレンジ【ショート】シーン別アップスタイルのアレンジ方法

ショートヘアの人は、ロングヘアの人のようにヘアアレンジを楽しめないと思っていませんか。ショートヘアで...

女の魅力に拍車をかけられる、自分磨きの方法

女性の外見や中身は三者三様ですが、しっかり磨きをかけないと、輝くことは出来ません。 元々美人だった...

気になるすね毛の処理!男性のすね毛は「すく」のがおすすめ

男性でもムダ毛の処理は気になりますよね。とくにすね毛が目立つ場合は処理をしたいと考える方が多いのでは...

女は化粧で変わる。別人になれるメイクの方法

女性は化粧で変わると言いますが、通常では限度があります。 一般的な化粧の方法ですと、今より3割増し...

ヘアカットでミディアムに!面長が似合うコツやおすすめを紹介

ヘアカットでミディアムヘアにしたいけど、面長が余計に目立つような気がして躊躇している人もいるかもしれ...

春っぽい髪型にしたいならボブがおすすめ!お手入れ方法

春になると髪型を今よりも少し軽くしたくなりますよね。そんな少し暖かくなってくる春に似合う髪型と言えば...

ベース顔の髪型!ショートスタイルの似合うポイントで小顔も叶う

ベース顔で髪型をショートにしたいという女性も多いのではないでしょうか? 最近は女性のショートヘアス...

ヘアセットでアップにするときの前髪のアレンジ方法を紹介

ヘアセットを自分でするときにはどんな前髪にしたらいいのでしょうか?アップに似合う前髪とは? 結...

80年代に流行った髪型、女性が皆真似したあのヘアスタイル

時々テレビで80年代の映像が流れますが、そこで注目してしまうのが80年代の女性の髪型です。 あのア...

腹筋を鍛える女性が多くなっている!きれいなお腹を目指そう

女性が年齢と共に気になるのがポッコリ下っ腹。 腹筋がきれいに割れている女性は同性から見ても憧れの的...

ヘアアレンジでセミロングもデートで簡単可愛く!ポイントを紹介

ヘアアレンジでセミロングでもデートにピッタリなオシャレで可愛いヘアスタイルにしたいけど、不器用だから...

ショートヘアのアレンジはワックスを使うと簡単&可愛い

ショートヘアのアレンジに役立つワックス、ふんわりさせたいのに重くなってしまう、抑えたいのに膨らんでし...

40歳でかわいい女性の特徴と魅力!素敵な40歳女性になる方法

40歳という年齢でも、「かわいい」と思える女性が世の中にはたくさんいます。あなたの周りにも魅力的な4...

スポンサーリンク

肌につけた血糊の落とし方

ハロウィンで仮装を存分に楽しむために欠かせない「血糊」。

血糊が落とせなくて困った…!

なんて経験はないでしょうか。

血糊は肌に残ったままだと肌荒れの原因にもなりますから、女性の方だと尚更「血糊の落とし方」が気になることと思います。

ここではそんな落としづらい血糊の落とし方についてご紹介します。

「楽しんだ代償は肌荒れ」なんて悲しい事態を起こさないためにも、ぜひ参考にしてみて下さいね。

血糊の落とし方

血糊はどんなモノを使ったかで落とし方が変わってきます。

ドラッグストア等で安価で購入できる血糊を使用した場合

この場合は基本的に油分が配合されていない「水タイプのクレンジング」を使って落とします。
オイルカット(フリー)と記載されたモノを目安に選ぶようにしましょう。

演劇専用の特殊な血糊を使用した場合

この場合だと、前述した水タイプでは洗浄力が弱く落としきることができないため、メイクによく馴染む「オイルタイプのクレンジング」を使って落とす必要があります。
日頃メイクを落とす際に使用しているクレンジングがオイル配合のモノであれば、それを使ってOKです。

肌に優しい血糊の落とし方

血糊は決して肌に良いモノとは言えません。

せめてメイクを落とす時だけは肌に優しい落とし方を…!

と考える人もいるでしょう。
では、実際にはどんなことに注意すれば肌への刺激を極力抑えてメイクを落とすことができるのか、見てみましょう。

肌への負担を極力軽減するための方法です。

「メイクをいかに落としやすい状態にしておくか」が重要なポイント

強く擦らなくてもいいようにするためには何をしたら良いのかを考えてみて下さい。

最もオススメなのは蒸気を肌にあてておく方法

蒸気を肌にあてておけば自然と毛穴は開くため、毛穴に入り込んだメイクを浮かせることができ、クレンジングの際にも強く擦ることなくメイクを落とすことができます。

専用の美容グッズを使っても良いですし、そうしたモノがない場合は、温めたタオルを顔の上に乗せるのもひとつの方法です。

また、実際にメイクを落とす際には強く擦らなくても良いように、十分に水やクレンジング剤を使用して落とすことも大切です。

血糊や濃いメイクの落とし方 肌に負担をかけないポイント

上記では、クレンジングをする前のポイントについてお伝えしましたが、こちらではクレンジング中のポイントについてお伝えします。
ポイントを抑えたクレンジングができれば、効率的且つ肌への負担を少なく血糊メイクを落とすことができますので、チェックしてみて下さい。

クレンジングに時間をかけないこと

クレンジング剤は長く使っていても良いモノではありません。
優しいクレンジングを心がけながら時間も意識して行うようにしましょう。

しっかりと血糊が落ちるモノを使うこと

クレンジングによる肌への負担を考えると、どうしても洗浄力の弱いクレンジングを選びがちですが、クレンジングでメイクを完全に落としきれなければ元も子もありません。
血糊のタイプに合ったクレンジングでメイクを落とすようにしましょう。

血糊の落とし忘れに注意すること

血糊の落とし忘れは肌荒れの大きな原因となります。
小鼻や目、フェイスラインにメイクが残らないように注意しましょう。

お湯の温度に注意すること

熱過ぎるお湯は肌に負担をかけてしまいます。
せっかくの優しいクレンジングもお湯の温度によっては台無しとなってしまいますので、人肌程度の温度のお湯を使ってクレンジングをするようにしましょう。

状況に応じたクレンジングを

クレンジングはメイクの状況に合わせて行うことも必要です。

例えば、目元のメイクが濃いのであれば目元は先に落としてしまい他の箇所は目元をクレンジングし終えた後にクレンジングするなど、別々に落とすようにしましょう。

メイクがまだ肌に残っているかも?落ちるタイミングについて

血糊を落とすためのクレンジングは、慎重に長くやり過ぎると肌にとって負担となりますが、その反面、適当に素早く済ませてしまうのも肌にとって負担となってしまいます。

「メイクが落ちたタイミングで止める」のが肌に良い

一般的にクレンジングはメイクが落ちた瞬間に「手の感触」が変わると言われています。どう変わるのかはクレンジングのタイプによっても異なるようですが、クレンジングをしはじめた時~クレンジングをしている最中で手の感触が変わったと感じる瞬間が、クレンジングを終了するタイミングなのかもしれません。

クレンジングにはそれぞれのタイプに合った「落とし方」がある

  • 濡れた手では使用できないもの
  • 手で少し温めた後に使用するもの
  • コットンなどに染み込ませてから使用するもの

モノによって正しい落とし方は様々ですので、よく確認してから行うようにしましょう。

血糊を落とした後はどうすればいい?肌ケアの方法

メイクを落とした後は「ケア」も欠かせません。
血糊で肌に負担をかけた分しっかりとケアをしてあげるようにしましょう。

どんなケアが良いの?肌ケアの方法

ケアと言えば「パック」や「エステ」などをイメージしますがそうした過度なケアは必要ありません。
基本的には、ご自宅にある基礎化粧品(化粧水や乳液、美容液など)を使って、いつもより「丁寧」なスキンケアを心がけてみて下さい。

クレンジング後から入浴までに時間を空けるという場合はその時間を利用して肌のケアを行うのもオススメです。

クレンジング後はどうしても肌が乾燥しがち

化粧水や乳液等を使って入浴時まで肌を保湿してあげると良いでしょう。

今現在の肌はもちろんのこと将来的な肌のことも考えると、たまには「素肌でいられる日」を作ってあげることも大切です。

若いうちに肌を酷使するとその反動は将来で返ってきてしまいますので注意して下さいね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688