同窓会にドレスを着るときの髪型とは?おすすめを紹介

成人式が終わった後の同窓会はドレスで出席の予定だけれど、髪型は振り袖のときと変えたほうがいいのでしょうか?

ほとんどの人は、振り袖のときの髪型で同窓会に参加するようです。確かに、着替えて髪もセットするとなると大変ですよね。

振り袖、ドレスとどちらにも似合う髪型を意識しておくといいでしょう。同窓会におすすめな髪型を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

80年代に流行った髪型、女性が皆真似したあのヘアスタイル

時々テレビで80年代の映像が流れますが、そこで注目してしまうのが80年代の女性の髪型です。 あのア...

ベース顔の髪型!ショートスタイルの似合うポイントで小顔も叶う

ベース顔で髪型をショートにしたいという女性も多いのではないでしょうか? 最近は女性のショートヘアス...

ツヤ肌の作り方【ハイライトのコツ】自然な美肌を手に入れる方法

自然なツヤ肌の作り方はハイライトを上手に取り入れることがポイントです。 ハイライト初心者でも、ハイ...

ボブのヘアアレンジはコテを使えば簡単可愛く!コツやおすすめ

ボブのヘアアレンジはコテを使ってしたいけど、うまくできるか自信がないという人もいるでしょう。コテを使...

清潔感のある髪型にして、女性の魅力をさらにアップさせよう

清潔感のある人は、男女問わず好感が持たれます。 清潔感と聞くと、服装のことを一番に思い出す方も多い...

女は化粧で変わる。別人になれるメイクの方法

女性は化粧で変わると言いますが、通常では限度があります。 一般的な化粧の方法ですと、今より3割増し...

ヘアカットでミディアムに!面長が似合うコツやおすすめを紹介

ヘアカットでミディアムヘアにしたいけど、面長が余計に目立つような気がして躊躇している人もいるかもしれ...

手首が細い基準は手首の周りを測って15cm前後である

細い手首の女性は同性からみても魅力的ですので、男性から好印象なのは当然です。 細い手首になりたい女...

腹筋を鍛える女性が多くなっている!きれいなお腹を目指そう

女性が年齢と共に気になるのがポッコリ下っ腹。 腹筋がきれいに割れている女性は同性から見ても憧れの的...

ヘアセットでアップにするときの前髪のアレンジ方法を紹介

ヘアセットを自分でするときにはどんな前髪にしたらいいのでしょうか?アップに似合う前髪とは? 結...

血糊の落とし方とは?肌の血糊を落とすポイントとコツ

肌に塗った血糊はどのような落とし方だときれいに取ることができるのでしょうか?残らないように落としたい...

男もスキンケアのプレゼントは喜ぶ!選び方のポイントやおすすめ

男性へスキンケアのプレゼントは喜ばれるのかと心配になりませんか? 最近では、男性もスキンケアに気を...

春っぽい髪型にしたいならボブがおすすめ!お手入れ方法

春になると髪型を今よりも少し軽くしたくなりますよね。そんな少し暖かくなってくる春に似合う髪型と言えば...

目の下のくまは種類を知って正しい方法で消すことが大切

目の下のくまは年齢よりも老けて見られる原因です。 一時的なものであればそれほど気にかけない方も多い...

40歳でかわいい女性の特徴と魅力!素敵な40歳女性になる方法

40歳という年齢でも、「かわいい」と思える女性が世の中にはたくさんいます。あなたの周りにも魅力的な4...

スポンサーリンク

成人式の後の同窓会はドレスにも合う髪型にしておくと◯

成人式の後に同窓会に参加するときには、振り袖でもドレスでも似合う髪型にしておくといいでしょう。

しかし、振り袖の髪型のアクセサリーをそのまま使ってしまうと和のテイストが強くバランスが悪くなってしまいます。

ですので、ヘアアクセサリーだけを付け替えるようにすると簡単にドレスに似合う髪型にすることができます。

ヘアアクセサリーを取り外し、ドレスに合ったカチューシャに付け替えるのもおすすめです。

振り袖、ドレスのどちらにも合わせやすい生花の髪飾りはお花によって持ちが違うので、もし生花を髪飾りに使いたいときには日持ちのする花や丈夫な花を選ぶといいでしょう。
成人式まで時間があるのであれば、造花でヘアアクセサリーを作るのもおすすめです。振り袖の柄にある花や色を合わせることでバランスがよくなります。振り袖にもドレスにもどちらにも似合うような色にしておけば髪型やヘアアクセサリーを変えることなく同窓会にも参加することができますよ。

同窓会でドレスを着るときの髪型でおすすめなのは編み込み

成人式にも同窓会にも使える髪型でおすすめなのは「編み込み」です。

とくに前髪を編み込んでまとめることで崩れにくくすることもできます。

ジェルやスプレーで固めることも必要ですが、基本となる髪型がきちんとまとまっていることで崩れにくくなります。

前髪の編み込み

まず、前髪を9対1に分けてください。短い前髪しかないときには前髪より後ろの髪も一緒に持ってきます。

3つの毛束にして三つ編みのように編みサイドの毛を取り入れながら編んでいきます。編み込みの最後は耳の後ろに来るようにしてください。編み込みが浮かないようにアメピンで止めましょう。崩れにくくするために絡みにくいヘアゴムで止めておくのもおすすめです。

編み込みを緩ませることで、スッキリと見せながらも優しい印象を出すことができます。

緩く編み込みをするのではなく、編み込みをしてから緩ませるほうがキレイに仕上がります。とくに編み始めを緩めることで立体的にすることができます。

ドレスに合う髪型と言えば「アップ」

アップにするときにはできるだけきれいにまとめたいけれど、シンプルすぎるのはやや疲れ気味に見えてしまうこともあります。ただまとめるのではなく、可愛く仕上げたいときには簡単にできる「くるりんぱ」がおすすめです。

くるりんぱの方法

まず、髪を結います。結んだ中心部分を分け、そこに髪を上から通せば完成です。きちっと見せたいのであれば、通す穴は小さめにして緩く見せたいのであれば通す穴を大きくとってください。

アップにするときは、このくるりんぱを3箇所(耳上、耳横、耳下)で行います。耳上でおこなったくるりんぱを内側に耳横も同じようにくるりんぱをします。最後、耳下を行うときはうなじまでの髪をくるりんぱします。だいたい同じ割合になるよう耳上、耳横、耳下で髪を結んでください。もしくは、耳上を多く、耳横をそれよりも少なくというように徐々に髪の結ぶ量を減らすと頭の中心部分にボリュームが出ます。

最後にくるりんぱをした髪を三つ編みします。三つ編みを襟元でまとめてピンで止めてください。

髪をゆるく引き出して調整しましょう。

同窓会でドレスを着るならこのヘアアレンジも素敵

同窓会ではアップではなくハーフアップにしたいのであれば、ねじりハーフアップがおすすめです。

ねじりハーフアップは、髪の上半分をまとめてねじっていく髪型です。まず、耳より前の髪をとります。取り分けた髪を中央までくるくるとねじります。反対側も同じようにねじり中央部分で結びます。

結んでから、緩ませるとふんわり仕上がります。

ストレートでも可愛いですが、髪の長さの半分から下を巻いておくと豪華さが出ます。

耳上からのハーフアップよりも、おでこ横からの紙でねじりをするとスッキリ見せることができます。低い位置よりも高い位置のほうが、明るい印象となるのでおすすめです。

髪が太い人や多い人も、耳横からとってくると重い印象になりやすいので高さを調整してねじりハーフアップをしてください。

ピンで止めるときには、まず横に刺し上方向に向けて差し込むと崩れにくくなります。

同窓会の髪型でかぶりたくないなら

女子に人気な巻き髪ですが、人とかぶりたくない、どうしてもストレートのほうが勝ってしまうという人はそのままでも十分いいと思います。

同窓会で人とかぶりにくいサラサラストレートに仕上げる洗い方

そのサラサラをもっとサラサラに仕上げるポイントを紹介します。ストレートではない人も、髪のケアに良いのでぜひ試してみてください。

まずは、毛先から髪をとかします。髪を洗う前にブラッシングをすることで絡まりくく、汚れも落ちやすくすることができます。

髪を洗うときには、きちんと濡らし手のひらでシャンプーをよく泡立てましょう。トリートメントやコンディショナーは地肌につけるのではなく髪の根元から少し離してつけましょう。すすぐときには、シャワーをかけるだけでなく指で優しく髪をとくようにして流してください。

乾かすときには、まずタオルドライをしましょう。ドライヤーは下からあてるのではなく上からあてるようにしてください。このときドライヤーは20㎝以上離して使い、仕上げは冷たい風で行いましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688