「なんか辛い」は恋愛している証拠!辛い気持ちの原因と対処法

大好きな人とお付き合いをしているのに、「なんか辛い」と感じることがあります。大好きな彼と幸せな恋愛がしたいのに、その理想とは裏腹な気持ちに悩まされるのは一体なぜなのでしょうか。

ここでは、恋愛中に辛いと感じる原因と対処法についてお伝えします。自分が感じる気持ちの正体を知って、対処法を試してみましょう。

大好きな人とずっと一緒に入られるように、気持ちと向き合って恋愛を楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

寂しい彼氏のいない女子がネガティブを卒業するためのステップ

彼氏がいないことで寂しさを感じることもあると思います。特に一人暮らしの場合には、自宅に帰っても話す相...

女友達でも美人だと恋愛に発展する?男性の心理について

彼氏に女友達が多いと、どうしても気になってしまいます。友達とご飯を食べにいったり、遊びに行くことが多...

彼氏を信用したいのにできない女性は自分に自信をつけてみよう

浮気されたわけではないのに彼氏の事が信用できない女性は多いです。 その原因の多くは彼女のネガティブ...

40歳バツイチ男性の恋愛観と新しいパートナーに求めるもの

好きになったのが40歳のバツイチの男性。はじめからバツイチと知っていて好きになったという場合もあれば...

突然音信不通になった彼氏に何が?男性の心理と女性の対処方法

仲良く付き合っていた彼氏が突然音信不通になったら、心配になってしまいます。何かあったのでは?連絡でき...

本気で恋愛をした男性が見せる行動や態度!彼の本気の見抜き方

付き合っている男性がイケメンの場合や、いろいろな女性との噂が絶えなかった男性と付き合うと「もしかして...

女の浮気がバレる原因!浮気は本当に大切な人を失う可能性がある

本命彼氏の他に浮気相手がいる女性の中には、自分の浮気が彼氏にバレて修羅場を迎えている人もいるので...

恋愛に対して自信がない自分を変える方法をご紹介

世の中には恋愛をしたくても、自分に自信がないために一歩が踏み出せないという人は、意外と数多くいま...

モテたい女の心理【既婚女性編】男にモテたい理由と注意点

結婚している既婚女性の中には、「妻」という立場でありながら男性にモテたいと思ってしまう人もいるのでは...

彼氏の浮気をやめさせる方法!浮気を繰り返す男性心理と対処法

彼氏に浮気癖があると、彼の浮気が発覚するたびに、何度も何度も傷ついて泣くことになります。それでも...

2回目デートに女性を誘う心理と2回目デートで告白するメリット

付き合う前の2回目デートは、女性側としては告白を意識しだすタイミングです。またデートに誘ってくれたと...

社会人と大学生の恋愛事情と長続きさせるコツ

大学の時に知り合い、当時は同じ学生だったとしても、少しでも年齢差があれば、後に社会人と大学生のカップ...

ずっと愛される女性に多い特徴と居心地の良い彼女になる方法

ずっと愛される女性になりたい。そう考える女性は多いと思います。彼氏ができてもいつも長続きしないという...

紹介された男性に会う!第一印象や言動に注意しその後に繋げよう

初デートで最も大切なのは第一印象である。 人は第一印象が悪いと自然と距離を置こうとしてしまいます。...

浮気されそうなときの対処方法とは?浮気を防止するコツを紹介

浮気されそうなとき、なんとなく普段と違う彼氏の態度を不安に思う事はありませんか。 浮気をされる人と...

スポンサーリンク

なんか辛い原因は彼との恋愛でヤキモチや嫉妬を感じるから

なんか辛い原因は、彼氏が他の人の元へ行ってしまうのではないかという不安な気持ちからヤキモチを焼いていることが関係しているかもしれません。
彼にそんな気はないのにただ心配な気持ちだけが募り、自分の中だけで想像が膨らんでしまい収集がつかなくなっていませんか。

自分に自信がないのも原因かもしれません

彼が異性と話しているのを目撃したり、一緒にいる所をみて嫉妬している場合などは、「自分もモテるんだから。」と思って見るようにしたり、自分も他の男友達と話をするなどしてみて、自分だって用事があれば男友達と話くらいする。当たり前のことだ。と嫉妬するのではなく彼の情況を理解する努力をしましょう。

全ての女性に嫉妬やヤキモチを焼いていては心が持ちません

彼が浮気の素振りをみせていないのならあなたの事が一番なはずなのですから自信を持ちましょう。

彼はあなたが好きなのです。
不安になったらそう思うようにすると「なんか辛い」気持ちも落ち着きますよ。

彼氏と喧嘩!仲直りの方法がわからずに辛い!恋愛の対処法

喧嘩した後も辛い気持ちを引きずります。

直りできないでいるのなら、いつまでも辛い気持ちのままでしょう

彼と喧嘩してしまったとしたら、放っておかずに早めに仲直りするほうが揉めずに済みます。

たとえ彼が悪かったとしても、自分から少し近づくなどして彼に謝るきっかけを与えたり、頑固な彼なら自分から仲直りできるようにご機嫌を取ったりしてみるとよいでしょう。

しかし、毎回彼が悪いのに自分から謝っていると謝らない彼氏になってしまいます。
年上だからといって遠慮する必要はありません。
付き合っているのですから対等な気持ちでいなければならないのです。

自分が年下だから言わないのではなく、悪いときはきちんと相手に言うようにしたり、不機嫌な態度を取ってもよいのです。

気を遣ってばかりだと自分の気持に正直になることができなくなって辛くなってしまいます。

自分を取り繕うのではなく、素で何でも話せたり、言いあったりできる関係になれれば仲直りも早めにできるようになります。

彼との恋愛に自由がない!束縛がなんか辛いと感じる

彼と付き合うようになってから、自分に自由がなくなった気がして辛いと思っている場合もあります。

相手が束縛だと感じていなくても、あなたが恋愛していて不自由と感じた時点でそれは束縛になる

束縛は、相手のことが信用できなくて自分で管理したいと思ってしまうことで起こります。あなたのことが大事で誰かに取られたくないと思っているので、彼を安心させてあげることで束縛をなくすことができます。

彼の不安を取り除いても束縛が続くようならば、別れた方がよい場合もあります。

あまりにも激しすぎる束縛はあなたの身に影響を与えてしまうかもしれないからです。彼と付き合っていて恐怖を感じるような言動が出てきた場合にはお付き合いは続けない方がよいでしょう。

束縛が激しい場合には、まず相手にきちんと伝えること。そのうえで改善してほしいことを伝えます。
その後、改善がみられないのなら本格的に別れることを考えていくようにします。

本当に私のことが好き?彼のことが好きすぎて辛いことも

自分が彼のことを好きなのに対して、彼からの愛情が少な過ぎて不安になっている場合もあります。
彼との温度差から、自分だけが好きなのかもしれないという気持が強くなり、なんか辛いと感じてしまっているのかもしれません。

彼が好きすぎるあまり、彼氏か見えなくなってしまっている

そんな時は、他のことにも目を向ける必要があります。
恋愛も大事ですが、趣味や友達付き合いにも力を入れるようにして彼以外にも夢中になれることを見つけましょう。

彼も、彼だけしか見えていないあなたよりも、他のことで輝いているあなたにより魅力を感じるはずです。
自分も他に夢中になれることを見つけることで自立できるでしょうから、地に足の立った女性になることができます。

あまりにも彼が好きすぎてどうにもならない時は、思い切って手紙を書いてみるとよいでしょう。

気持のままに書いてみるのをおすすめします。
渡すことを考えて書くと気持ちにセーブがかかってしまいますから、思った気持を書き綴ることで、後から呼んで自分の気持ちを改めて気づいたり、恥ずかしくなったりと我に返ることができます。

「なんか辛い」は恋愛している証拠!恋をすると辛いこともある

恋は辛いものです。相手に全て伝えられない気持ちがあったり、相手のため尽くしたりその見返りがなくて苦しんだり。

思った通りにいかないのが恋愛なのです。思い通りにならない切ない気持ちが「なんか辛い」気持ちを生むのです。

なんか辛いと思ったら、相手からの愛情をたくさんもらうようにしましょう。

きっと相手と気持ちが通じ合わないから辛いのです。
思ったことを相手に伝えてみることから始めて下さい。また、自分の気持ちに遠慮することもやめましょう。
思ったことは伝えるようにすることで自分の中のもやもやした気持ちも解消できるはずです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688