男性着物の着付け方を簡単に解説!着付けのポイントもご紹介

男性の着物の着付けは女性よりも難易度が低いので、ポイントさえ押さえれば難なく着付けることができます。
着付け方を間違えてしまうと、外出先で着崩れてしまうので注意が必要です。
男性の着物の着付けに必要な物、着付け方や手順、着付けのコツなど詳しくご紹介します。
着崩れを防ぐグッズもありますので、それらを上手く利用するのも方法の一つ。練習しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

婚活中の女性必見!20代・30代の女性におすすめの服装

素敵な男性と知り合うために、婚活をしている女性もいますよね。婚活パーティーや婚活イベントに出席すると...

ワンピースの服を着こなすなら、10代場合どんなコーデが良い

洋服の中でもワンピースは、女性らしさを出せる服なので、幅広い年代の人達から愛されています。しかし...

卒業式の服装【50代母親】選び方のポイントとマナーを解説

子供の卒業式に出席する時、どのような服装で出席しようか悩むこともあります。母親としてふさわしい格好で...

メガネの選び方の基本ルール!自分に似合うフレームの探し方

メガネを選ぶ時に、店頭でいろいろなフレームを見ていても、本当に自分に似合うデザインはどんな形なんだろ...

式典や祝賀会に出席する時の女性の服装選びとマナー

式典や祝賀会などのあらたまった席には、どのような服装をしていけば良いのかと悩む方は多いと思います。...

30代は服装が痛いと言わせない!大人向けファッションのコツ

30代で若作りのような服装をしていると、周りから痛いと思われてしまうことがあります。20代の頃は似合...

髪型の名前を知って、素敵な女性に変身しよう

テレビや街などで見かける、素敵な女性に髪型を自分に取り入れたいと思っても、その名前がわからないと、美...

アクリル素材のニットが向いている季節と洗濯する場合の注意点

ウール素材のニットよりもお手頃価格で購入できるアクリル素材のニット。しかし、いつまで着ることができる...

服の上からでもOK?胸囲の測り方や女性の下着選びについて

この頃下着のつけ心地が悪い。そう感じることありませんか?それは下着が体に合っていないサインかも知れま...

30代の女性の服装は、カジュアルを取り入れよう

10代や20代の時は、それに合わせた若い服を着ていたと思いますが、30代になると、服装の雰囲気を変え...

大人女子が着たい服装。冬のコーデや定番アイテムの選び方

女子の冬の服装選びで困るのが、アウターに何を着ようかという悩みがあると思います。コートやダウンジャケ...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか?そこで、会...

同窓会の服装は会場に合わせて選ぶ!20代後半女性に似合う服

同窓会の案内が来て、出席の返事を出した後に、まず頭をよぎるのが「どんな服装で行けば良いんだろう」とい...

メガネ種類はたくさん!フレームから自分に合ったメガネを探そう

メガネ店に行くと、様々な種類のフレームが所狭しと並んでいます。いざメガネを購入しようと思っても、どれ...

30代の服装【同窓会】女性が素敵に見える同窓会ファッション

30代の女性は出産などを経験して若い頃よりも体型の変化を感じる年頃です。そんな年代の女性が同窓会に行...

スポンサーリンク

男性の着物の着付けに必要な物とは

男性が着物を着ると貫禄が出て男っぷりが一段階あがる様に感じます。洋服は着脱が簡単で動きやすいので現在では着物を着る人は非常に少なくなっています。しかし、風格ある日本の民族衣装、着物を着ると普段とは違った気持ちを味わえるのではないでしょうか。

着物を気軽に着ることができない大きな理由の一つが「着るのが難しい」という点ではないでしょうか。しかし、男性の着物は女性に比べるととても簡単です。一度覚えてしまえば後は慣れで早く着ることができるようになります。

男性の着物の着付けで使用するアイテムは女性よりも少なく、次の9品です。

  • 「着物」「羽織」「帯」「羽織紐」「長襦袢」「腰紐」「肌着」「足袋」「草履か下駄」

着物をレンタルして着る場合には、肌着や足袋など肌に直接触れる物は自分で用意することになる場合もあります。全てのアイテムがレンタル可能かどうかお店に確認しましょう。
また、着崩れしないように形よく仕上げるためにタオルを入れて着付ける場合には、タオルも用意します。その場合は粗品などに使用される薄手の浴用タオルが適しています。

男性の着物の着付け方や手順について

男性の着物の着付け方

まずは肌着を着ます。肌着は襟元が着物から出ないように、Vネックで空きが広めの肌着を選びましょう。

男性の着物はある程度お腹の肉がある方が見栄えします。体系が細い場合にはお腹の辺りにタオルを巻きつけると良いでしょう。

着物を着て背中の縫い目を背骨に合わせます。前で衿の位置を合わせて右の前身頃(下前)の衿の下部を左の腰骨の辺りに合わせて左の前身頃(上前)を被せます。上前の衿の下端が右の腰骨辺りにくるようにします。
その位置から下前、上前がずれないように押さえながら腰紐を締めます。腰紐は2つに折って中心をお腹に当てて後ろでクロスさせて前に持ってきて、結んで玉ができると当たって痛くなるので結ばずに端を巻きつけてある腰紐に挟み込んで留めます。女性と違い腰紐はお腹の下辺りの位置で締めます。
背中の隙間から手をおいれて腰紐周りのシワを伸ばします。

着付けのコツは?男性の着物の場合は衿元がポイント

男性の着物の着付けでは、衿元はうなじ部分は隙間無く密着するようにして、前側は少したわませます。

衿元は前側も開きは大きくならないように気をつけます。衿より下の懐部分がぴったりとしていると貫禄がでないので、懐は緩くたわませるようにするのが男性らしく着付けるポイントです。
現代では着物を着ている男性を見る機会が少ないので人の着付けを見て参考にできる機会が非常に少ないです。着物を着ている男性では、相撲の力士をイメージする方も多いのではないでしょうか。相撲の力士はきっちりと着付けがされているので参考にすると良いでしょう。

着物の帯の結び方、一般的な角帯の結び方とポイント

次は帯を結んでみましょう。
男性が着物を着る時によく採用される結び方で「各帯」という結び方をします。

  • まず、帯の端を持って50cm程度の部分を半分に折って輪の方を下にして、折り終わり部分をお腹の前に当てて左側からぐるっと腰に巻きつけます。腰の周りを2巻きした時に残り部分が100cm程度以上あるようであればもう1巻きします。巻き終わり残った部分を40cm程度になるように端を内側に折ります。
  • 最初に50cm程度半分に折っておいた部分(たれ)と、巻いた後に残った部分を一縛りします。縛る時に、たれが上に、巻き残りが下になるようにします。
  • 更にたれと巻き残りを、巻き残りの先が右側に、たれが左斜め上に向くように結びます。形を整えて帯を回して結び目を背中側に持っていきます。

これは自分で着付ける場合の方法なので、人に着せてあげる場合には帯を締める人は着せてもらう人の背中側に立って締め始めます。最後に帯を回す必要もないので着崩れしづらくなります。

男性の帯は、お腹のお肉を帯の上にのせるように女性よりもかなり下側の位置で結ぶと男らしい貫禄を出すことができます。
また、裾の長さは女性よりも短めでくるぶしが出る位置だと颯爽と行動的な印象になりより男らしさが出ます。

着付け後の着物が崩れにくくなるおすすめのグッツをご紹介

着物はどうしても動いているうちに着崩れしてくるものです。
慣れてくると自分で着崩れをささっと直せるようになるのですが、それほど着物を着込んでいる方は少ないでしょう。

着物の着崩れを防ぐための便利な道具

  • コーリン腰紐
    幅広ゴムにクリップが取り付けられたベルトです。伸縮性があるので腰紐のかわりに使うと着崩れしづらくなり、着心地も楽になります。
  • 腰パッド
    ウエスト部分が細い場合はタオルを巻きつけて太さを出しますが、その代わりに使用します。タオルを巻きつけて紐で結ぶよりも着崩れしづらくなり、着心地も快適になります。幅が広いので帯びの台座にもなり、着付けを美しく見せる効果もあります。
  • 衿止め
    ヘアピンを2つ連結したような形をした金具で、上前と下前の衿を留めて衿の崩れを防ぐ事ができます。
着物は日本の民族衣装なのに、実態は日常生活からはかなり馴染みのない衣装となっています。伝統が薄れてしまうようで寂しい事態に感じられます。便利なアイテムを利用して着物を着る機会を作ってみましょう。