男性へのプレゼント【マフラー編】選び方のポイントとオススメ

男性へプレゼントとしてマフラーを贈りたいと考えたとき、どんな物を選んだらいいのかわからないという人もいるでしょう。
せっかくなら相手が喜ぶプレゼントをしたいものです。
それにマフラーは色や素材などによっても合わせた雰囲気が違ってきます。

そこで、男性にマフラーをプレゼントするときの選び方のポイントについてお伝えしていきましょう。

これで、男性向けのマフラーの選び方のコツがわかり、プレゼントとしてピッタリなものを選ぶこともできるはずです。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同窓会の服装は会場に合わせて選ぶ!20代後半女性に似合う服

同窓会の案内が来て、出席の返事を出した後に、まず頭をよぎるのが「どんな服装で行けば良いんだろう」とい...

モード系で髪型がロングなら、どんなアレンジが良いか

ファッションのジャンルの中でも大人っぽくておしゃれなモード系は人気のファッションですよね。 服装を...

サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

ワンピースの服を着こなすなら、10代場合どんなコーデが良い

洋服の中でもワンピースは、女性らしさを出せる服なので、幅広い年代の人達から愛されています。 しかし...

女子の服装の中で、男子ウケが良いものについて知りたい

女子が服を選ぶ時、基本は自分の好みと予算に合わせたものを選ぶと思います。 しかし、その選んだ服を着...

同窓会のコーデ特集!20代におすすめと会場に合わせたコーデ

20代になってから初めて来た同窓会の案内。会いたい人がいる、あの人は来るのかしら?など気になりますが...

全身黒コーデ!おしゃれに決まるレディース黒コーデのポイント

全身黒コーデと聞くと、重い印象がありませんか?確かに上から下まで真っ黒だと、見た目も重くなってしまい...

30代の服装【同窓会】女性が素敵に見える同窓会ファッション

30代の女性は出産などを経験して若い頃よりも体型の変化を感じる年頃です。そんな年代の女性が同窓会に行...

女子のアウトドアの服装、夏にはどんなものがあるのか

女子が夏におしゃれなアウトドアの服装をしようと思った時、ただ半袖の涼しい服を着るだけでは満足とは言え...

イギリスの結婚式にゲストで参列する時の服装ポイントと注意点

イギリスの結婚式にゲストとして参列する場合、日本と同じような考えで服装を選んではいけません。イギリス...

初デートでご飯に行く場合にぴったりな服装の選び方

彼氏、もしくは気になっている男性との初デートでご飯に行くことになったら、すごく嬉しいですよね。 し...

服の生地素材の特徴とは?季節に適した素材を選びましょう

服の生地の素材はどんなものがあるのでしょうか?着心地や暖かさなど、生地の素材によって大きく異なるので...

メガネの選び方の基本ルール!自分に似合うフレームの探し方

メガネを選ぶ時に、店頭でいろいろなフレームを見ていても、本当に自分に似合うデザインはどんな形なんだろ...

式典での服装とは?主催者側が気をつけるポイントを紹介

式典で主催者側として出席するときの服装はどのようなものでなければいけないのでしょうか? 男性の...

スポンサーリンク

男性へのプレゼントでマフラーを贈るときは素材で選びましょう

プレンゼントにマフラーを選ぶときに参考にしたいのは、まずは「素材」です。

  1. カシミア
    カシミアヤギという品種のヤギから取れた毛で、細い毛で軽くて暖かいのが特徴です。
    また、特有の光沢もあるため男性の首もとを上品に暖めることが出来ます。
    ただしこのカシミアはヤギ1頭あたりから150~250グラムしか取ることが出来ない上に上質であるため、とても高価なマフラーになってしまうのがネックです。
  2. ウール
    ウールは良く知られているように羊の毛です。
    一般的にはメリノ種と呼ばれる羊から採取される毛で、1頭あたり3~4キログラムほどとれます。
    ウールはしわになりにくく、撥水性もあるのでマフラーにはもってこいですね。
    ただし虫の被害を受けやすいため夏の間管理に気を使うことや、ちくちくする肌触りが気になる人もいます。
    肌が弱い男性へのプレゼントとしては不向きかもしれません。
  3. アンゴラ
    アンゴラウサギというウサギから取れる素材です。
    一匹あたり約500グラムの毛が採取でき、「モヘヤ」と呼ばれることもあるそうです。
    軽くて暖かく、染色すると鮮やかに発色するので、マフラーをコーディネートのワンポイントに置くにはもってこいですね。
    ただしアンゴラの生地は毛落ちしやすいのが欠点です。
  4. ポリエステル
    よく知られる化学繊維です。
    しわになりにくく撥水性があるのでお手入れがしやすいのが特徴です。
    また、紹介したほかの繊維とは違って安定して生産できるため価格も抑え目なのでお財布にも優しいプレゼントです。

男性にマフラーをプレゼントするならファッションに合うものを選ぶこと

その男性にどんなシーンで使ってほしいかによって選ぶマフラーも変わってきますね。カジュアルなスタイルであれば首もとにボリューム感のでるマフラーはいかがですか?

そもそも暖かいうえ、首もとがボリューミーになるので頭が大きめの人は小顔効果も期待できます。
また、ブランドのロゴがあしらわれているものも目を惹くのでコーディネートのワンポイントとして取り入れることも出来ますね。

逆にスーツにはボリュームがでるマフラーは不向きですが、カシミヤやポリエステルなどの光沢が見られるマフラーは相性抜群です。
ストールのようにジャケットの中に合わせても素敵です。

男性へのプレゼントならマフラーのカラーや柄も選ぶポイントになる

マフラーのカラーや柄は多岐にわたり、どれを選んだらいいか迷ってしまうのが現状です。
代用的な柄は

  • ストライプ
  • チェック
  • 無地
  • その他アニマル柄など

があります。

ストライプや無地は無難ですので、巻き方を工夫すればカジュアルでもプライベートでも使うことができます。

チェック柄やアニマル柄などはスーツには不向きですが、個性を出すことが出来るのでカジュアルでのワンポイントにはもってこいです。

プレゼント用のマフラーのカラー選びのポイントは「コーディネートとのバランス」をとることです。

仕事でスーツなどにあわせるのは黒や白やネイビーではなく、実は色物がお勧めです。
ワントーンになってしまいがちな仕事着で、加えて緑が少なくなってしまう冬の時期にはぱっと明るい色を首もとに添えることで素敵なコーディネートになります。

逆に、少し派手な色の服と合わせる場合には色の属性があっていなければ統一感が出ずに難しいものです。
そんなときはどんな色味の洋服にも合わせられるモノトーン色のマフラーを選ぶと良いですよ。
その代わり、チェック柄やアニマル柄、水玉模様などで差をつけるとただの地味なマフラーでは終わらないのでお勧めです。

男性へのブランドマフラーをプレゼントするときの予算とは

一番気になるのはプレゼントの予算です。
これはプレゼントする男性がどんな相手なのかにより変動しますよ。

  • 友人
    友人へのプレゼントでしたら、1000~2000円でよいでしょう。
    あまり高価なものを贈っても勘違いが起きてしまったり、気後れしてしまう場合もあります。
  • 彼氏
    彼氏さんへのプレゼントなら友人へのプレゼントよりも少し力を入れたいですよね。
    4000~6000円のマフラーが妥当でしょう。
    もしまだ予算が余っている場合には、乾燥が気になる季節ですのでメンズ用のハンドクリームを添えたり、別なものとセットでプレゼントするのもお勧めですよ。

  • 旦那さんへのプレゼントは予算は8000~10,000円を見込んでおくのがベターです。
    もう少し上限をあげてもいいかもしれませんが、その場合は一緒にディナーを楽しんだり、いつもよりも良いお肉を焼いてみたりするのもお勧めですよ。

おしゃれでシンプルなマフラーならビジネスにも合わせやすくオススメ

シンプルなマフラーはビジネスシーンでも合わせやすいので男性へのプレゼントぴったりですよ。

  • 無地
    無地はどんなスーツでも合わせやすい無敵のデザインです。
    無難ではあるのですが、どんな人でも合わせやすく、巻き方にもあまり向き不向きは出てこないので手軽に暖かさを手に入れることができます。
    マフラーのすそにブランドのロゴがワンポイントで入っているものを選んでも素敵ですね。
  • ストライプ
    ストライプ柄は縦のラインを強調することができるので、スタイリッシュに見せたいビジネスシーンにはもってこいです。
    またストライプ柄は多少多色を使っていて派手でもシックな柄なので、主張しすぎないのもうれしいですね。
  • チェック
    キャメル地のチェック柄などであれば派手すぎずシックに決めることが出来ます。
    ワンポイントで赤のラインが入っているデザインだと他と差をつけられるので良いです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688