式典や祝賀会に出席する時の女性の服装選びとマナー

式典や祝賀会などのあらたまった席には、どのような服装をしていけば良いのかと悩む方は多いと思います。
なかなか頻繁にある行事ではないので、周りの方たちがどのような服装で出席しているのかもわからないですよね。
式典や祝賀会には、着ていく洋服にもマナーがあります。
そこで、式典に出席する場合の、女性の服装のマナーをご紹介します。
会社関係の式典では、上司の方もいます。社会人として恥ずかしくないマナーを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネ種類はたくさん!フレームから自分に合ったメガネを探そう

メガネ店に行くと、様々な種類のフレームが所狭しと並んでいます。いざメガネを購入しようと思っても、どれ...

メガネファッション【50代】大人の女性の魅力を引き出す選び方

50代の女性の中には、メガネをかけることで老けた印象になることにお悩みの人もいるのではないでしょうか...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか?セ...

女性の服装のタイプと特徴を紹介。骨格に合わせた服装の選び方

毎日着る洋服のスタイリングに困っていませんか?女性の服装のタイプには様々なジャンルがあります...

結婚式にお呼ばれしたときのネイルマナーとおすすめカラー

結婚式にお呼ばれしたときのネイルには、どのようなマナーがあるのでしょうか?ドレスは花嫁と被らないよう...

服の生地素材の特徴とは?季節に適した素材を選びましょう

服の生地の素材はどんなものがあるのでしょうか?着心地や暖かさなど、生地の素材によって大きく異なるので...

モード系で髪型がロングなら、どんなアレンジが良いか

ファッションのジャンルの中でも大人っぽくておしゃれなモード系は人気のファッションですよね。服装を...

全身黒のコーデはダサい?おしゃれに着こなすコツとポイント

全身黒のコーデをしてみたいと思っても、勇気が出ずになかなかチャレンジできない人もいるのではないでしょ...

女子が着る服装の系統にはどういったものがあるのか

ファッションで着るものの種類は数多くありますが、中でも女子が着る服装の系統にはどういったものがあるの...

女子の服装の中で、男子ウケが良いものについて知りたい

女子が服を選ぶ時、基本は自分の好みと予算に合わせたものを選ぶと思います。しかし、その選んだ服を着...

肩幅が広い女子におすすめの服装デザイン・アウターの選び方

肩幅が広いことでお悩みの女子は、どうにかしてそのコンプレックスをカバーしたいと考えますよね。華奢な装...

全身黒コーデ!おしゃれに決まるレディース黒コーデのポイント

全身黒コーデと聞くと、重い印象がありませんか?確かに上から下まで真っ黒だと、見た目も重くなってしまい...

結婚式での子供の服装選びのポイントや子供連れのおすすめを紹介

招待された結婚式に子供も一緒に参加するときは、子供の服装についても悩みませんか?せっかくの結婚式のお...

イギリスの結婚式にゲストで参列する時の服装ポイントと注意点

イギリスの結婚式にゲストとして参列する場合、日本と同じような考えで服装を選んではいけません。イギリス...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。...

スポンサーリンク

式典に出席するときの服装選びのマナー

式典や祝賀会といった行事はそう多くはないので、出席したことがないという人も多いのではないでしょうか。

社会人になってからの式典は会社関係の場合が多く、役員や上司とともに出席するということもありますよね。
会社の一社員として恥ずかしくない服装やマナーを身につけなくてはなりません。

式典は多くの人が出席する大切な行事です。改まった場所なので、服装にもそれなりのマナーがあります。

式典のドレスコードを確認

まずは招待状を確認してみてください。式典によっては正装をお願いしていることもあり、その場合は招待状にもドレスコードが記載されています。

特に指定がない場合なら正装まではしなくても準正装をすると考えてください。

女性の準正装にはワンピースを選ぶと良い

スーツでも問題ないですが、スーツだといかにも仕事用のイメージで堅さがあり、式典のような場所では華やかさに欠けてしまいます。

結婚式やパーティーをイメージして華やかではありますが派手ではない、キチンとした装いをしてください。

紺や黒といった色より白や淡いピンクを選んだ方がお祝いの席にも馴染み、明るい印象になります。

黒や紺のよなダークカラーを選ぶ場合はフレアースカートなどの軽いデザインのワンピースにすると良いでしょう。

式典の服装に合わせる靴はヒールのあるパンプス

ヒールの高さは3~5センチくらいが良いでしょう。

ヒールが高すぎると派手な印象になりますし、ヒールが低すぎるとカジュアルな感じになり、式典の服装に合わなくなってしまいます。

ストッキングは肌に近いベージュ

厚地のタイツや柄があるもの、カラータイツなどもまた式典には相応しくありません。足元も上品さを意識してください。

式典の服装にドレスコードがあれば合わせるのがマナー

式典にはドレスコードがある場合もあります。

招待状でドレスコードの記載がある場合は、それに合わせた服装をするようにしてください。

ドレスコードが正装となっているのに地味なワンピースでは相応しくありません。
また、ドレスコード以上に過剰に着飾ってしまっても周りから浮いてしまいます。

ドレスコードに合わせた服装を選ぶことで、式典の雰囲気を損なうことなく周りに馴染むことができます。

ドレスコードが正装

正装となっている場合はイブニングドレスやアフタヌーンドレスになります。

式典が夕方から夜にかけて行われる場合はイブニングドレス、日中ならアフタヌーンドレスを選びます。

このようなドレスはなかなか着る機会がないので、わざわざ購入しなくてもレンタル店を利用することをおすすめします。

ドレスコードが準正装

セミフォーマルドレスを選んでください。お出かけ用のワンピースよりも華やかで、イブニングドレスほど大げさではない中間のドレスになります。

男性だとタキシードを着ますので、それに合わせたドレスと考えると良いでしょう。

ドレスコードが平服

平服ならワンピースやアンサンブルなどを選びます。

堅苦しいデザインではなく、式典をイメージして華やかさのあるワンピースを選んでください。

結婚式に出席する時に着る服装をイメージすると良いでしょう。

式典で女性におすすめの服装やアクセサリー

式典はおめでたい行事でもありますので、会社関係の行事であっても堅苦しい服装は避けて、華やかさの感じられる服装を選んでください。

黒や紺だとキチンとした印象ではありますが、入学式や参観日のときの服装にも感じられますよね。

式典の服装は華やかに

式典なら地味な印象にならないようにして、華を添えるくらいに気持ちで選んでください。
ワンピースやアンサンブルスーツなら、白やピンクといった明るい色がオススメです。派手なデザインでなければ赤や青といった原色にしても良いでしょう。

アクセサリーは派手になりすぎないように注意

たんさんのアクセサリーをつけすぎないように気をつけ、上品さを一番に考えて選んでください。

おすすめはパール

パールなら大きな粒でも小さいものでも上品さがあり、華やかさも感じられます。

ネックスレスとイヤリングくらいで十分でしょう。ブレスレットにコサージュやブローチなど、たくさんつけすぎるのも良くありません。

靴も式典の雰囲気に相応しい靴を履くのがマナー

式典に着る服装を選んだら、それに合わせて靴も用意してください。

靴はそれなりにヒールのあるパンプスが基本

ヒールが低すぎたり高すぎても服装に合わなくなってしまいます。

低くても3センチ位のヒールがあるパンプスを選んでください。

脚がきれいに見える高さは7センチ

パンプスを履き慣れていなくて歩きにくい人はもう少し低めでも良いでしょう。5~7センチのヒールがおすすめです。

サンダルやミュールは式典という場に相応しくありません。また、冬で雪が積もっている場合でもブーツもカジュアルな印象になってしまいます。雨や雪で靴が心配な場合は式典で履く靴を持参し、現地で履き替えるようにしてください。

ストッキングの着用も必要

素足にパンプスを履いたり、寒い時期だからと厚めのタイツだとドレスに似合いません。

肌色で薄めのストッキングを履くようにしてください。大人しい柄やワンポイントくらいなら良いですが、華やかにしようと派手な柄のストッキングや網タイツは下品になってしまいます。

足元は大人しめでキチンと見える印象にすると良いでしょう。

女性の服装で気を付けたいこと

式典や祝賀会に慣れていないと、最初のうちは服装にも戸惑うことも多いでしょう。

気をつけたつもりでも、始めのうちは失敗してしまうこともあるはずです。

最後に式典での服装で失敗しがちな気をつけたいポイントをおさえておきましょう。

アクセサリーのマナー

アクセサリーは上品さのあるパールがおすすめですが、白やピンクといった淡い色を選んでください。

ブラックパールはつけないようにします。金や石のアクセサリーでも明るい色を選び、黒やグレーといった暗い色は避けるようにしましょう。

明るい色の服装に濃い色のアクセサリーだと重たい感じがしてしまいます。じゃらじゃらとつけすぎるのも良くありません。

女性なら会場にもバッグを持ち込みたいですよね。手に持つバッグは小ぶりのものにし、クラッチバッグがおすすめです。荷物が多い場合はサブバッグを用意し、式典の間はクロークで預けるようにしてください。

式典や祝賀会に出席するときは、その場に相応しい服装を選び、足元やアクセサリーにも気をつけてください。

また、マナーを身につけるのも大切です。不安や心配がないよう、事前に調べておくと安心です。