社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社も多いですよね。

しかし、このカジュアルでもよいというのがどこまでなら許されるのかわかりにくいところでもあります。

会社に適しているカジュアルファッションとは?会社に着ていく洋服は、このようなことを基準に選ぶといいでしょう。社会人のカジュアルファッションについて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女子の服装ジャンル・おしゃれなアイテムでコーディネート

世の中には色々なジャンル服装があります。おしゃれな女子たちを見て、自分もその人達のようにファッション...

ショートのヘアセットはこうすればOK!浴衣に似合うセット方法

浴衣を着るときにはショートの場合、どのようなヘアセットにしたらいいのでしょうか?せっかくだからいつも...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか?セ...

同窓会のコーデ特集!20代におすすめと会場に合わせたコーデ

20代になってから初めて来た同窓会の案内。会いたい人がいる、あの人は来るのかしら?など気になりますが...

結婚式や二次会におすすめのボブのお呼ばれヘアアレンジ

結婚式や二次会などにお呼ばれしたら、ドレスはもちろんですがヘアレンジもどうしようかと頭を悩ませて...

男性着物の着付け方を簡単に解説!着付けのポイントもご紹介

男性の着物の着付けは女性よりも難易度が低いので、ポイントさえ押さえれば難なく着付けることができます。...

婚活中の女性必見!20代・30代の女性におすすめの服装

素敵な男性と知り合うために、婚活をしている女性もいますよね。婚活パーティーや婚活イベントに出席すると...

女子の服装の中で、男子ウケが良いものについて知りたい

女子が服を選ぶ時、基本は自分の好みと予算に合わせたものを選ぶと思います。しかし、その選んだ服を着...

大人女子が着たい服装。冬のコーデや定番アイテムの選び方

女子の冬の服装選びで困るのが、アウターに何を着ようかという悩みがあると思います。コートやダウンジャケ...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。...

式典での服装とは?主催者側が気をつけるポイントを紹介

式典で主催者側として出席するときの服装はどのようなものでなければいけないのでしょうか?男性の...

モテるファッションを取り入れて、女子力をアップさせよう

モテる人は、顔が可愛いだけではありません。ファッションも男性が好むポイントをしっかり押さえている...

女性がデートに行く時におすすめな服装についてご紹介

女性がお付き合いした男性とデートに行くなら、どのような服装が良いのでしょうか。可愛い系が良いのか...

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。紫は、大人な印...

女性の服装のタイプと特徴を紹介。骨格に合わせた服装の選び方

毎日着る洋服のスタイリングに困っていませんか?女性の服装のタイプには様々なジャンルがあります...

スポンサーリンク

女性のカジュアルな服装とはどんなもの?仕事で着れるカジュアル

カジュアルOKの会社の難しい所は、カジュアルの度合いです。

デニムやTシャツもOKでプライベートの私服のままで良いという会社もあれば、スーツまでちゃんとしなくていいけど、デニムやTシャツはNGという会社もあります。

新社会人の場合は、カジュアルOKを言葉通りに受け取って、先輩や上司から注意されてしまうケースもあります。

いろいろな上司や先輩の服装を見て、カジュアルの度合いは自分の思うカジュアルで良いのか確認しましょう。

「カジュアルで良い」の本当の意味

デニムやTシャツのような本気のラフな服装ではなく、オフィスカジュアルを指していると思った方が良いでしょう。

オフィスカジュアルとは、スーツ以下カジュアル以上

つまり、スーツほどかっちりしていなくてもいいけれど、ビジネスマンとして相応しい服装です。

オフィスカジュアルのポイント

清潔感を感じられることとキレイめアイテムでコーデすることです。

ジャケットを合わせても違和感のないコーデをイメージすると良いでしょう。

柄やデザインは判断が難しいので、まずはシンプルなデザインでベーシックカラーを選ぶと無難です。

女性はタイトスカートやフレアスカートとブラウス、ニット、カーディガン、キレイめシルエットのパンツやシャツ等のコーディネートが定番です。

働く女性の服装で大切なこと

特定の業種以外では、働くときの服装として大切なのはおしゃれさよりもTPOに合わせることです。

自分の好きな服装よりも他人から見て好感度の高い服装を意識する

露出や派手な色使い、清潔感のない服装は避けるべきです。

女性の場合は、スカートやワンピースなら丈が長すぎず短すぎない事や、前かがみになったときに胸元が見えないように胸元の開き具合に気を付けたりインナーに工夫しましょう。

色はベーシックカラーをベースとして、色を取り入れる場合もペールトーンやくすみカラーのように少し落ち着きのある色味にしましょう。

また、シワやほつれ、シミ、毛玉が付いている服は清潔感に欠けますので、洋服のお手入れも欠かせません。

外回りをするような仕事の場合は動きやすさや機能性も重要

汗ジミが目立ちにくい素材や速乾性の服を着たり、歩きやすいパンプスを選ぶのがお勧めです。

デスクワークでもコピー用紙の補充やファイル整理などで、しゃがんだりするような動きもあると思いますので、動きやすさも意識しましょう。

社会人の服装はカジュアルでもカジュアルすぎないよう気をつけましょう

職場がオフィスカジュアルの場合は、私服との境目が分かりにくいため、油断するとカジュアルすぎる服装になってしまう事があります。

カジュアルすぎる服装を防ぐにはジャケットを合わせるのがお勧め

デザインにもよりますが、ジャケットを合わせて違和感があるコーデの場合は、少しカジュアルすぎる可能性があります。

アウターが必要な時期はジャケットを合わせて、自分なりに制服化しても良いでしょう。
また、少しカジュアル目なデザインでもジャケットがあれば、急な来客対応や外出時にも困りません。

女性オフィスカジュアル

ベーシックカラーのフレアスカートと白のブラウスというようなコーデですが、パンツ派はパンツスタイルでも構いません。

パンツの真ん中に折り目が付いているセンタープレスのパンツを選ぶのがお勧めです。パンツスーツのズボンにも付いているため、センタープレスがあるだけでカジュアルな印象が薄れます。

カジュアル目なパンツを選ぶ場合は、かっちりしたシャツやジャケットを合わせるとカジュアルになりすぎません。

女性のオフィスカジュアルはきちんと感を忘れずに

女性のオフィスカジュアルのポイントは大体分かってきましたか?

TPOに合わせて生活感ときちんと感がある服装がポイント

きちんと感はデザインや素材でも左右されます。

ここで言うきちんと感には上品さも含まれていると思ってください。

例えば、シンプルな無地のブラウスとフリルがいっぱいのカラフルなブラウスならシンプルな無地のブラウスの方が上品できちんと感が作りやすいです。

ニット素材のタイトスカートと薄手のウールのタイトスカートなら、薄手のタイトスカートの方が上品できちんと感が作りやすいです。
ざっくりした風合い、透け感、柔らかすぎる質感、大柄やごちゃごちゃした装飾はカジュアル要素が強くなります。

逆に、織り目が詰まっている生地、透けない生地、張り感のある生地、シンプルなデザインはオフィスカジュアル向きです。ただし、透け感があってもシフォン生地のシンプルなデザインのトップスはオフィスカジュアルにも向いています。

デザイン的には、ぶかぶかしているオーバーサイズはカジュアル要素が強いので、避けるようにしましょう。

どうしても体型カバー等で着たい場合は、大きなデザインは上下どちらかだけにして、カジュアルさを抑えてください。

靴やバッグ、アクセサリーも選ぶデザインによってきちんと感が変わります。いずれもベーシックカラーやシンプルな物を選ぶようにしましょう。

な社会人として靴はヒールのあるパンプスにしましょう

低すぎるとカジュアル感が強くなりますし、高すぎても仕事に支障が出る恐れがあります。無難なのは5~7cmのシンプルなデザインです。

働く女性のカジュアルな服装はどこまでがOK?ラインはココ

服装をどこまでカジュアルにして良いのかは職場によってかなり差がありますし、上司によっても意見が分かれる場合があります。

自分の上司や身近な人の服装から度合いをチェック

ただ、先輩がしているから大丈夫だと思ったら、その先輩が会社のルールから逸脱しているけど上司が目をつぶっているだけの場合もあります。

その辺の基準は実際に一緒に働く上司や先輩の服装で判断するしかありません。ただ、入社して間もない場合はきっちりさせておいて損はないでしょう。

仕事にも慣れて少しずつおしゃれもしたいなと思ったら、いきなりイメチェンするのではなく、少しずつ変えて様子を見るようにしてください。

例えば、スカートだけ色を少し色の明るいカラーに替えたり、次の日はブラウスを少しデザイン性のある物に替える等徐々にカジュアル要素を取り入れていきましょう。

カジュアルOKでも仕事にはNGな服装

露出の多い服は仕事の時には不向きです。幅の広いノースリーブならOkの会社もありますが、オフショルダーのように肩が出るような服はほとんどの会社ではNGです。

他にも、レギンス、ショートパンツはオフィスカジュアルの多くの会社ではNGアイテムです。

シャツワンピースはOKでも、ガウンやカーディガン代わりに着るコーデの仕方だとNGなど着方によってはNGになるアイテムもあります。

おしゃれをしたい場合はプライベートで楽しむようにして、職場では節度のあるカジュアルにとどめておきましょう。