女性の服装の中で、夏にふさわしいものについて知りたい

女性は服装のバリエーションが多く、夏に着るものだけでも数多くあります。
しかし、その場面に合ったものにしないと、思わぬ恥をかいてしまったり、体調を崩すことにも繋がる可能性だってあります。
無理をせず、かつ周りから見ても不自然や失礼に思われないような服装にはどんなものがあるのかをご紹介しますので、それぞれの場面に合った服装選びをしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式や二次会におすすめのボブのお呼ばれヘアアレンジ

結婚式や二次会などにお呼ばれしたら、ドレスはもちろんですがヘアレンジもどうしようかと頭を悩ませて...

式典や祝賀会に出席する時の女性の服装選びとマナー

式典や祝賀会などのあらたまった席には、どのような服装をしていけば良いのかと悩む方は多いと思います。...

女子が着る服装の系統にはどういったものがあるのか

ファッションで着るものの種類は数多くありますが、中でも女子が着る服装の系統にはどういったものがあるの...

メガネ種類はたくさん!フレームから自分に合ったメガネを探そう

メガネ店に行くと、様々な種類のフレームが所狭しと並んでいます。いざメガネを購入しようと思っても、どれ...

初デートでご飯に行く場合にぴったりな服装の選び方

彼氏、もしくは気になっている男性との初デートでご飯に行くことになったら、すごく嬉しいですよね。し...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか?セ...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

同窓会の服装【20代】女性がオシャレに・素敵に見える服装

高校や大学のクラスの同窓会がある時、どんな服装で出席しようか悩む20代女性は多いものです。久...

30代におすすめな服装、冬ならこんな着こなしを

ファッションを上手に着こなすには、自分の容姿や年齢、その時の季節やシチュエーションにも気遣わなくては...

肩幅が広い女子におすすめの服装デザイン・アウターの選び方

肩幅が広いことでお悩みの女子は、どうにかしてそのコンプレックスをカバーしたいと考えますよね。華奢な装...

ワンピースの服を着こなすなら、10代場合どんなコーデが良い

洋服の中でもワンピースは、女性らしさを出せる服なので、幅広い年代の人達から愛されています。しかし...

サングラスで運転用に適しているのは?女性に似合うサングラス

女性が運転用のサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?眩しいか...

30代の女性の服装は、カジュアルを取り入れよう

10代や20代の時は、それに合わせた若い服を着ていたと思いますが、30代になると、服装の雰囲気を変え...

服の上からでもOK?胸囲の測り方や女性の下着選びについて

この頃下着のつけ心地が悪い。そう感じることありませんか?それは下着が体に合っていないサインかも知れま...

サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び...

スポンサーリンク

夏の面接におすすめな女性の服装

面接を受ける場合、男性の場合なら夏でもスーツを着用しますが、女性だと服装のバリエーションが多いため、夏にはどんな服装が良いのかわからない場合もあるのではないでしょうか。

夏は薄着になり肌を出すアイテムが多くなるため、夏場においての面接に相応しい服装がわかりにくいですよね。

スーツを着る場合は長袖のジャケットが正式なスタイルですが、暑い時期だと長袖のジャケットを着ているだけで大量の汗。汗だくの状態で面接を受けるのではかえって印象が悪くなりそうで心配です。

夏でも面接では女性もスーツを着用

夏用の裏地のないスーツを用意しておきましょう。七分袖のジャケットやアンクル丈のパンツ、膝だけのスカートなど、きちんとした印象がありつつも涼しさも感じられるデザインを上手に取り入れてみてください。

インナーに着るブラウスも夏素材で涼しいものを選ぶと良いでしょう

シャツカラーのブラウスよりも開襟の方が首元がすっきりとし、見た目から涼しげになります。

夏はクールビズで、面接を受ける会社の社員もネクタイをしめていなかったり、半袖のラフなシャツの場合もあります。

そのような場合でも、面接を受ける人はジャケットを着て、きちんとした服装をしてください。

夏のオフィスにおすすめな女性の服装や、ジャケットの選び方

夏はクールビズを取り入れている会社も多く、男性ならノーネクタイでジャケットも着ない、軽くて涼しい服装になります。女性の場合も少しでも涼しい服装をしたいですよね。

夏のオフィスでは涼しさもありながら接客に備えてキチンと見えることも大切

トップスには夏向けの素材のブラウスや、首元が広めに開いていたり半袖のブラウスを選ぶと良いでしょう。

スカートやパンツの丈は夏でも変えることはできません

暑いからといってミニスカートやショートパンツは仕事には相応しくありません。

夏でもスカートなら膝丈、パンツなら七分丈までにしてください。綿や麻といった通気性の良い素材を選ぶと良いでしょう。

パンツならフルレングスよりも足首が見える丈がおすすめ

足元を見せることで見た目も夏らしく軽やかになります。
スカートの場合は膝丈のタイトスカートも良いですが、フレアスカートは風通しが良いので見た目よりも涼しさがあります。軽やかに見える素材を選ぶと良いでしょう。

スーツの色使いも大切

スーツなら黒や紺、グレーといったダーク系や多くなってしまいますが、夏ならベージュのスーツを選んだり、紺のジャケットに白のパンツを合わせるなど、夏らしい色を上手に取り入れてみてください。

夏のゴルフにおすすめな女性の服装

夏ならではのスポーツの一つにゴルフがあります。女性でもゴルフを楽しんでいたり、又は接待でゴルフを始めたという人もいることでしょう。

ゴルフは外で行うスポーツなので、強い日差しの中で長時間プレイすることも多くなります。

エアコンが効いている室内とは違うので暑さ対策はもちろんですが、日焼け対策も重要になってきます。

ゴルフは服装にマナーあり

暑いからと言ってラフな格好をするわけにはいきません。特に服装に厳しいゴルフ場では注意が必要です。

トップスは襟付きがマナー

特にうるさくないゴルフ場であっても襟がついているものを選んでください。

ボトムはパンツがおすすめ

薄地で涼しい素材のパンツを選ぶと良いでしょう、スカートもかわいいですが、丈の長さには気をつけてください。

スリムな脚に自信があっても丈が短すぎるものは避けてください。

素足だと日差しが強い日は日焼けや紫外線が気になりますので、レギンスを合わえて素足を出さないように工夫してください。

夏の暑さにはインナーにも一工夫が必要

着るだけで涼しく感じれる冷感仕様のインナーや、汗を素早く発散させる速乾仕様にインナーを選ぶようにしましょう。

夏の飲み会におすすめな女性の服装

飲み会は仕事後のリラックスできる場でもありますよね。夏の飲み会なら涼しさもありながら、きちんとオシャレをして参加したいところでしょう。

夏の飲み会におすすめなのがサラッと軽いワンピース

仕事のときは堅めの服装でも、飲み会ならちょっとゆるさのある服装も楽しみたいでしょう。ワンピースなら女性らしさを感じられるアイテムではないでしょうか。

きっちりとしたデザインではなく、ゆるさがあるワンピースだと風を通し涼しさもあります。

仕事仲間や上司がいる場なら、上にカーディガンを羽織ったりジャケットを着ることもできます。

オフショルダーのブラウスも素敵です。胸元にドレープのあるデザインだと大人っぽくオシャレに見せることができます。

軽い素材のワイドパンツや適度にフィット感のあるタイトスカートを合わせると大人の女性らしさを出すことができます。

夏の結婚式に出席する女性におすすめな服装

夏の結婚式に着る服装にも季節感のあるデザインを選びたいですよね。結婚式では夏だからといって極端に肌を見せることはできません。ミニ丈や胸元が大きく開いているデザインは結婚式という場に相応しくありせんよね。

夏にオススメの白は花嫁の色なので避けなければなりません。

夏の結婚式用の服装には、水色などの寒色系の色がおすすめ

爽やかさを出して涼しげに見せることができます。

濃い色は汗をかいたときに色が変わって目立ってしまいますので、気をつけてください。

夏ならではのノースリーブのドレスがオススメ

袖がないので汗も目立たなく、ダーク系の色でも腕を出すことで涼しく見えます。レースが使われているデザインも夏らしくて良いでしょう。

結婚式会場までの移動の間に汗をかくことが心配な場合は、着替えを用意すると安心です。会場で結婚式で着るドレスに着替えると、汗で濡れたりシワなどを心配しなくても済みます。

夏の服装は、暑さ対策とともに涼しげに見えることもポイントになります。夏向けの素材や色を上手に取り入れて、ファッションを楽しんでくださいね。