スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。

いつまでスエードを履いてよいの?スエードは年中OK?そんな疑問が頭に浮かびます。

そこで、秋冬のスエード靴と、春夏のスエード靴の違い、季節感を感じさせるスエードパンプスについて、ご紹介をいたします。やっぱりスエードは季節感が。という方におすすめのスエード靴もありますので、ぜひ靴選びの参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスで運転用に適しているのは?女性に似合うサングラス

女性が運転用のサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?眩しいか...

ショートのヘアセットはこうすればOK!浴衣に似合うセット方法

浴衣を着るときにはショートの場合、どのようなヘアセットにしたらいいのでしょうか?せっかくだからいつも...

30代向けの服装でママもおしゃれを楽しむ!コーデのコツを紹介

30代になると服装もママらしい服装にしなければと考える人もいるかもしれません。でも、ママだってお...

社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。...

入学式の服装【小学校編】母親の服装選びのポイントを大公開

お子さんの入学式にどのような服を着て出席しようか頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。...

男性着物の着付け方を簡単に解説!着付けのポイントもご紹介

男性の着物の着付けは女性よりも難易度が低いので、ポイントさえ押さえれば難なく着付けることができます。...

式典や祝賀会に出席する時の女性の服装選びとマナー

式典や祝賀会などのあらたまった席には、どのような服装をしていけば良いのかと悩む方は多いと思います。...

イギリスの結婚式にゲストで参列する時の服装ポイントと注意点

イギリスの結婚式にゲストとして参列する場合、日本と同じような考えで服装を選んではいけません。イギリス...

30代におすすめな服装、冬ならこんな着こなしを

ファッションを上手に着こなすには、自分の容姿や年齢、その時の季節やシチュエーションにも気遣わなくては...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか?そこで、会...

大人女子が着たい服装。冬のコーデや定番アイテムの選び方

女子の冬の服装選びで困るのが、アウターに何を着ようかという悩みがあると思います。コートやダウンジャケ...

クールな女性を演出するファッションとは?できる女の身だしなみ

クールな女性のファッションのつもりが、なぜか男らしく見えてしまうのはナゼ?クールだけを取り入れようと...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

同窓会のコーデ特集!20代におすすめと会場に合わせたコーデ

20代になってから初めて来た同窓会の案内。会いたい人がいる、あの人は来るのかしら?など気になりますが...

スポンサーリンク

スエードのパンプスいつまで?春夏でも履けるスエード靴

スエードは秋冬のイメージがありますが、最近では春夏でも使えるものがあり、一年を通して楽しめるようになりました。

レザーのパンプスでは堅苦しさを感じる場合もスエードにするだけでソフトな印象になります。足元のおしゃれに活躍するアイテムですよね。

夏にスエードのパンプスを履いてしまうと、洋服の素材感とギャップが出てしまい、気になる場合もあります。

スエードは秋冬向けの素材というイメージがあり、夏に取り入れるのが難しく感じてしまう人もいるでしょう。足元だけ冬っぽく見えてしまわないかと心配になってしまいますよね。

春夏にスエードのパンプスを履く場合、色選びがポイント

春夏なら薄い色や明るい色を選ぶこと

洋服も春夏だと白っぽい色が多くなりますよね。白やベージュ、水色やピンクといったパステルカラーが多くなります。
スエードのパンプスも黒やグレーといったダークカラーにしてしまうと、より秋冬のイメージを強くしてしまいます。スエードといった素材でも明るい色を選ぶことで、春夏にも上手に取り入れることができます。

春ならピンクやベージュの色がおすすめ

春は明るい色の洋服が多くなります。生地も薄めになってきて、軽やかさが出てきます。足元も明るい色にすると全身のバランスが良くなります。

夏なら青や水色といった涼しさを感じられる色も良いでしょう。パリッとした青ならスエード素材でも爽やかなイメージになります。

夏にスエード?いつまでOKの?という方におすすめのスエード靴

スエードのパンプスは秋冬だけでなく、春夏でも履くことができますが、夏にスエード素材は気になってしまう人もいるでしょう。

夏にスエード素材はどうしても気になってしまうという人へ

部分的にスエードが使われているデザインがおすすめです。

スエードの靴はレザー製とはまた違う味わいがあります。ソフトな女性らしさを出したり、上品さのある高級感も感じられますよね。夏でもぜひ取り入れたい素材です。

靴全体にスエードが使われているのではなく、部分的にスエードが使われている靴なら夏でも抵抗なく履けるのではないでしょうか?

布製のパンプスにかかとなどの部分的にスエードが使われているデザインはおしゃれ感もアップします。

サンダルならスエードでも夏のアイテムとして使うことができる

同じデザインのサンダルでもスエードになると、イメージも違ってきます。サンダルなら夏用のアイテムなので、夏服とも違和感なく合わせることができます。
夏にスエードという素材が気になる人は、部分的にスエードが使われているデザインやサンダルなどから始めてみると良いでしょう。

いつまでスエードのパンプス?コーディネート次第で年中OK

スエードは冬のイメージが強いため、夏にスエードのパンプスを履くと足元だけ重たく見えてしまう場合があります。そんな場合はコーディネートを工夫してみましょう。

服装を夏らしくすると、スエードでも秋冬の印象にならない

スエードのパンプスを合わせるときは、パンツの裾をロールアップして肌を見せると涼し気な印象になります。

七分丈のパンツなど、夏らしさを感じるアイテムを選んでください。スカートならロング丈より短めの丈の方が良いでしょう。重たい印象にならないようにすることがコツになります。

結婚式に出席するときのような服装なら、スエードだとより上品なコーディネートができます。

スエードは高級感がありますのでピッタリです。

トップスにも夏らしさが感じられることを意識してください。タンクトップやオフショルダーなど、首元が開いたデザインを選ぶと全身を軽く見せることができます。
カゴバッグなど、小物も夏アイテムを上手に取り入れるようにしましょう。

夏にスエードのパンプスを履く際の注意点

スエードの素材にちてお話します。

スエードは革の内側を起毛させてできている素材

革製なので丈夫ではありますが、水に弱いという特徴があります。夏にスエードのパンプスを履くのなら注意しておきたいポイントがあります。

春夏は雨の日も多くなります。雨に濡れることでスエードもダメージを受けます。雨がしみになって残ってしまう場合もあります。着用前と着用後にはしっかり手入れをすることも大切です。

スエード靴は履く前には防水スプレーすると良い

雨に日は避けても、急に雨が降り出すこともあれば、地面が濡れている場合もあります。履く前には防水スプレーを忘れずにしておいてください。スエード専用のものを用意しておきましょう。

着用した後はブラシをかけてお手入れする

スエードは起毛が特徴の素材です。雨などで濡れた場合は陰干しをして、しっかりと乾かしてください。直射日光が当たらない風通しの良い場所を選んで干しておきます。

水に弱い素材なので、雨の日は履かないようにしましょう。万が一雨にあたってシミができてしまった場合は、スエード用の洗剤があります。

カラーバリエーション豊富なスエードパンプス!季節に合わた靴選びを

スエードパンプスはカラーが豊富で、色を変えるだけでイメージも違ってきます。冬っぽいイメージが気になるのなら、デザインや色に気をつけて選んでみましょう。黒やこげ茶のような濃い色は重たい感じを受けますので、冬のイメージを強くしてしまいます。同じスエード素材でも白やベージュ、パステルカラーといった明るい色を選ぶと、春や夏でも洋服に合わせて履くことができます。

靴の色は、その時の服装の色よっても限られてしまいますが、茶のパンプスを履きたいのなら、ベージュに使い薄い色の茶を選んでください。濃い茶よりも軽く見せることができます。

春ならアウターが必要だったり、まだ厚めの衣類を着ることもありますよね。そんな時はライトグレーのスエードもオシャレです。グレーという落ち着いた色でありながら、明るめのグレーを合わせて足元を軽く見せるようにしましょう。コートなどのアウターに濃い色のスエードだと冬のイメージが強くなってしまいます。

夏ならベージュやパステルカラーといった淡い色も良いですが、はっきりとした原色も素敵です。青や緑、黄色などを思い切って合わせてみてください。明るい色なのでスエードでも夏らしいパリッとしたコーディネートができます。

スエードのパンプスは一年中使えるアイテムです。色選びやコーディネートを工夫することで、夏らしい装いにもぴったりになりますよ。