服の上からでもOK?胸囲の測り方や女性の下着選びについて

この頃下着のつけ心地が悪い。そう感じることありませんか?それは下着が体に合っていないサインかも知れません。

体重が変化していなくても、加齢によって体のラインは少しずつ変化をしていきます。下着に違和感を感じたら胸囲を測り直してみましょう。

ここでは女性の胸囲の正しい測り方、お店で測ってもらう場合の注意点、また下着選びについても紹介をいたします。毎日付ける下着は胸囲を正しく測って、つけ心地の良いものを選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

結婚式で青いドレスを着るときの靴はこの色がおすすめ

結婚式にお呼ばれされたときに、青いドレスを着る予定だけれどどんな靴にすればいいのかわからない!...

女子の服装ジャンル・おしゃれなアイテムでコーディネート

世の中には色々なジャンル服装があります。おしゃれな女子たちを見て、自分もその人達のようにファッション...

お宮参りの服装はカジュアルでもOK!選び方のポイントや注意点

お宮参りの服装はカジュアルなもので行きたいというあなた。お宮参りのためにフォーマルな服を用意して...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

女性におすすめなあったか服装!冬のデートのコーデポイント

男性は女性にどんな服装で冬のデートに来てほしいと思っているのでしょうか?冬は、防寒を優先して...

メガネの選び方の基本ルール!自分に似合うフレームの探し方

メガネを選ぶ時に、店頭でいろいろなフレームを見ていても、本当に自分に似合うデザインはどんな形なんだろ...

服の生地素材の特徴とは?季節に適した素材を選びましょう

服の生地の素材はどんなものがあるのでしょうか?着心地や暖かさなど、生地の素材によって大きく異なるので...

イギリスの結婚式にゲストで参列する時の服装ポイントと注意点

イギリスの結婚式にゲストとして参列する場合、日本と同じような考えで服装を選んではいけません。イギリス...

女子が着る服装の系統にはどういったものがあるのか

ファッションで着るものの種類は数多くありますが、中でも女子が着る服装の系統にはどういったものがあるの...

シースルーの服を着る時のインナーとは?合わせ方を紹介

シースルーの服を着るときには何色のインナーを着ればいいのでしょうか?もともとシースルーのブラウスにイ...

サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び...

祝賀会の服装で平服と言われたときにおすすめな女性コーデ

祝賀会の服装は平服でお越しくださいと言われたときにはどのような洋服で行けばいいのでしょうか?...

女性の服装のタイプと特徴を紹介。骨格に合わせた服装の選び方

毎日着る洋服のスタイリングに困っていませんか?女性の服装のタイプには様々なジャンルがあります...

女子におすすめしたい服装の一番人気はカジュアル

女子が着る服装の中で一番人気なものはカジュアルだってご存知でしたか?女の子らしい可愛さも出しつつ...

スポンサーリンク

女性が自分で胸囲を測る場合の正しい測り方

若い時から大幅に洋服のサイズは変わっていなくても、人は誰しも年齢とともに体型が変化していくものです。

とくに女性の場合は妊娠と出産を経て、やがて授乳が終わると、明らかに胸の大きさや形が変わってしまうため、その時点で下着を買い換える方が多いようです。

さらに歳を重ねてからも、「私はこのサイズのはず」と思い込んでいつまでも同じサイズを身に着けていると、今度はなんとなく自分の体型と下着のサイズが合っていないように感じる時期がくるものです。しかし、自分の理想サイズにこだわって、いつまでも合っていない下着を着けたままだと、ますます体の線が崩れる原因にもなりますので、まずは現在の体型を自覚する必要があります。

測り方を知れば自分で胸囲を測ることもできます

体型に合ったブラを選ぶには、まずは正しい数値を知っておく必要があります。

そのためにも、トップバストとアンダーバストの正確な測り方を覚えておきましょう。

胸囲を測る際には、トップバストは胸の一番高い位置を測り、アンダーバストは胸のすぐ下の位置を測ります。

トップバストは手持ちのブラを着けたまま測ります。なるべくカップが浮かない程度の、パッドなしのブラを身に着けた状態で測りましょう。アンダーバストを測る場合は、ブラは着けずに力を抜いて測ります。

胸囲を測る際には、メジャーを使って測るわけですが、なるべく地面と平行なラインで測れるように、大きめの鏡の前で行うと良いでしょう。

女性の胸囲は服の上からでもOK?測り方と服装について

実際に下着売り場の店員さんに胸囲を計ってもらった経験のある女性でしたら、それまで自分が身につけていたものよりも、カップが大きいブラを勧められたという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

お店で計ってもらうと、より自分の胸に合ったサイズの下着を選ぶことができるだけでなく、胸囲の測り方や下着の正しい付け方も教えてもらうことができますので、まだ実際に計ってもらったことがないという方は、この機会にぜひ試してみることをおすすめします。

しかし、いくら店員さんとは言え、なんとなく知らない女性に自分の胸囲を計ってもらうことに対して、気恥ずかしさを感じる方も少なくないようです。

胸囲を計ってもらう時は、本来であればブラだけを着けた状態で測ることになるわけです。

どうしても抵抗がある場合は、さきほど自分で胸囲を測る際の方法と同じように、薄手のブラを身に着け、その上からサイズに影響しない程度の薄地のキャミソールを着た状態で計ってもらうと良いかと思います。

お店で女性の胸囲を測る場合の注意点

普段から女性の胸囲を測ることに慣れている店員さんとは言え、知らない人に胸囲を計ってもらうわけですから、少しは見栄を張りたくなるのもまた心情ですよね。

しかし、胸を大きく見せようと深く息を吸った状態で計ったり、胸を前に突き出したような不自然な体勢で計ってもらったのでは、せっかく体に合った正しいサイズのブラを選ぶ際の参考にするどころか、正しい胸囲の測り方ができるわけもありません。

いつものサイズよりも大きめを勧められるのはなぜ?

たしかに、ブラを購入する際の目安として、胸囲を参考にしたほうが良いのは間違いありません。しかし、正しい装着方法を知っていないと、胸が横に流れてますます形が崩れてしまう原因にもなります。

店員さんに正しい測り方で胸囲を計ってもらうことで、カップの中に背中や脇の肉も一緒に収めて、胸を大きく綺麗に見せる方法も教えてもらうことができるため、結果的に自分で測った時よりもサイズが大きくなることが多いのです。

加齢が原因?トップの位置が下がった場合の女性の胸囲の測り方

一度形が崩れてしまった胸は、残念ながら元に戻すことはできません。ですが、正しい測り方で胸囲を測り、体に合った下着を身につけるとこで、それ以上に垂れ下がるのを防ぐとともに、胸の形が綺麗に見えるように普段から意識する習慣が身につきます。

すでに垂れてしまった胸を正しく測るには

加齢による体型の変化を避けるのは難しいですが、体の線が綺麗に見えるための工夫をすることはできます。

最も重要なのが、体に合った下着を選ぶこと

バストトップの位置が下に下がった状態で胸囲を計ってしまうと、正確なサイズを測ることができないだけでなく、体に合わない下着を身につけることで、肩こりなどの不調が出やすくなります。正確なトップバストの測り方としては、パットの入っていないブラを身に着けた状態で胸囲を計ってもらうようにしましょう。

また、胸が垂れてしまうのを防ぐためにも、ぜひともナイトブラを使用することをおすすめします。

こんな時も胸囲を測り直して体に合ったブラを選ぼう

自分が現在身につけているブラが、本当に自分に合っているのかを確認するいくつかの方法を簡単にご紹介します。

ブラを付けた状態で体を動かしてみて、もしもこの状態になるようであれば、買い替えを検討されたほうが良いかと思います。

自分でできる簡易チェック方法

  • カップが浮いていないか
  • 肩紐がズリ下がってこないか
  • 脇肉がはみ出していないか
  • ブラの下から胸がはみ出していないか
  • 胸が揺れてしまわないか
  • 後ろのラインが平行か
少し動いただけでブラがズレてしまうようでは、体に合っているとは言えませんので、つけ心地を優先するためにも、定期的に胸囲を測り直して、常に変化していく体に合ったサイズの下着を身に着けたいものですね。