女子におすすめしたい服装の一番人気はカジュアル

女子が着る服装の中で一番人気なものはカジュアルだってご存知でしたか?
女の子らしい可愛さも出しつつ、ボーイッシュな魅力も出せるので、着る人はもちろん、見る人も楽しませてくれるファッションの一つです。
ですが、カジュアルと一言で言っても、細かく見てみると、種類がいくつかに分かれています。
そんなカジュアルファッションについてさまざまな側面から見てみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか?セ...

30代におすすめな服装、冬ならこんな着こなしを

ファッションを上手に着こなすには、自分の容姿や年齢、その時の季節やシチュエーションにも気遣わなくては...

サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び...

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

全身黒コーデ!おしゃれに決まるレディース黒コーデのポイント

全身黒コーデと聞くと、重い印象がありませんか?確かに上から下まで真っ黒だと、見た目も重くなってしまい...

男性へのプレゼント【マフラー編】選び方のポイントとオススメ

男性へプレゼントとしてマフラーを贈りたいと考えたとき、どんな物を選んだらいいのかわからないという人も...

女性の服装の中で、夏にふさわしいものについて知りたい

女性は服装のバリエーションが多く、夏に着るものだけでも数多くあります。しかし、その場面に合ったも...

女性がデートに行く時におすすめな服装についてご紹介

女性がお付き合いした男性とデートに行くなら、どのような服装が良いのでしょうか。可愛い系が良いのか...

冬の結婚式が寒すぎるならコートの中に着込む方法とコートマナー

冬の結婚式のお呼ばれで困るのがコートやドレスのことではないでしょうか。会場内の寒さの心配はいりま...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか?そこで、会...

同窓会の服装【20代】女性がオシャレに・素敵に見える服装

高校や大学のクラスの同窓会がある時、どんな服装で出席しようか悩む20代女性は多いものです。久...

社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社...

結婚式での子供の服装選びのポイントや子供連れのおすすめを紹介

招待された結婚式に子供も一緒に参加するときは、子供の服装についても悩みませんか?せっかくの結婚式のお...

メガネの選び方の基本ルール!自分に似合うフレームの探し方

メガネを選ぶ時に、店頭でいろいろなフレームを見ていても、本当に自分に似合うデザインはどんな形なんだろ...

髪型の名前を知って、素敵な女性に変身しよう

テレビや街などで見かける、素敵な女性に髪型を自分に取り入れたいと思っても、その名前がわからないと、美...

スポンサーリンク

女子にもおすすめな服装であるカジュアルファッションとは

カジュアルファッションとは、簡単に言えば楽な服装です。

しめつけもなく伸び感と肌触りの良い素材の服を組み合わせたコーディネートのことをいい、初心者でも難しくないジャンルのおしゃれです。

パーカー

スウェット地なのでストレッチが効いていて、だいたいピッタリしたものよりは少しゆとりのある着方をするのが一般的です。

デニム

カジュアルの定番と言えばデニムです。

カジュアルの代名詞でもあり、もともと作業服だったことから、私服OKの職場でも「ジーンズはNG」という企業もあります。

動きやすいのも特徴なので、小物でいえばスニーカーやリュックもカジュアルアイテムですよ。

だいたい子供の頃から馴染んでいるアイテムがほとんどなので、意識しなくても自然とカジュアルコーデが完成していることもあるくらい身近なもので簡単なコーディネートです。

ただし、色の組み合わせやバランスなどを間違えるとただのだらしない印象になってしまいます。

リラックスしていてもメリハリが大事なのは、どんなファッションでも同じですね。

ボーイッシュさを取り入れたい女子におすすめのカジュアルな服装とは

カジュアルの中でも、女性らしさを強調した服装と、ボーイッシュな服装があります。

ボーイッシュな服装が好みであればスポーティかアメカジが初心者でも挑戦しやすくなっています。

アメカジという言葉だけはよく聞いても、具体的にはよくわからない人もいますよね。

アメリカンテイストとは

ネルシャツやスウェット地のトレーナーなど、楽に気崩が出るアイテムが多いのが特徴です。カジュアルで定番のデニムもアメカジアイテムですよ。

アメリカの大学生が着ていたことから始まっているファッションなので、アイテムそれぞれに動きやすさと楽さがあります。

ストリートファッションもベースはアメカジ

ショートパンツやスニーカーなど、少しスポーティーなアイテムがミックスされるとストリートファッションになります。

例えばスウェット地の大きめのパーカーにデニムのショートパンツを合わせて、スニーカーとリュックを加えればストリートファッションになります。

また、同じパーカーでもショートパンツをロングデニムに変え、リュックをトートバッグに変えて腰にネルシャツを巻くとおしゃれなアメカジスタイルになりますよ。

この2つのテーマは同じアイテムで着回しができるので、初心者の人でも挑戦しやすいのが特徴です。

ちょっと大人な女子大学生におすすめのカジュアルな服装とは

ボーイッシュとは逆の、キレイめカジュアルというのもあります。

きれいめカジュアル「キレカジ」

カジュアルすぎる印象も少ないのでデートでも仕事でも着ていけるような服装のため、女子大生や社会人の女性に人気のスタイルです。

ベースはカジュアルなので、体のラインがぴったり出るような服装にはならないのですが、多少メリハリがあるのがキレイめカジュアルの特徴です。

例えばトップスにゆったりしたシルエットのブラウスを着て、ボトムはロングのタイトスカートを合わせます。

ヒールは少し低めのものの方がカジュアルさが強くなりますが、高めのヒールでキレイめの印象を強くしてもかまいません。

これだけでお仕事でも通用するきれいめカジュアルコーデの完成です。

セレブカジュアル「セレカジ」

また、キレイめカジュアルの他に「セレカジ」というものもあります。

海外セレブのような服装のことをいい、カッコいい大人の女性を意識するならとてもおすすめです。

セレカジとは実は少し難しく、服装自体は白い半袖Tシャツとスキニーデニムにインするだけのようなシンプルなものが多いのが特徴です。

基本は「楽だけど上品に」というのがセレカジなので、全体的にゆったりとしているものとよりは、ぴったりしたアイテムの組み合わせが多いですよ。

また、「海外セレブの休日」がテーマなので、シンプルなコーディネートにサングラスを合わせるだけでもセレカジっぽくなります。

よりカジュアルを楽しむなら、小物もこだわってみよう

セレカジならサングラスといったように、ファッションでは小物もそのテーマに大きく影響を与えます。

カジュアルスタイルは取り入れやすい小物が多い

「なんとなく物足りない」と思ったら小物を変えてみましょう。

例えば帽子ひとつでもコーディネートの印象は全然違います。特にベレー帽やニット帽はカジュアルなイメージの強いアイテムなので、このどちらかを足すのもいいでしょう。

バッグはきちんとしたものではなく、少しやわらかめのくたっとしたデザインのバッグだとカジュアルな印象になります。フリンジがついたものも良いですね。

メガネもファッション小物のひとつ

レンズの形が丸いメガネや、正方形に近い形であれば仕事用のきれい目名服装でもカジュアルダウンさせることができるので、着崩しでも使えるテクニックのひとつです。

フレームに深い赤などの色が入っているのもカジュアル感が強く出てとても良いですね。

服装がカジュアルだからこそ、髪とメイクもしっかり仕上げしよう

ラフな服装がカジュアルなので、そういうときこそキチンとメイクをしなければ「カジュアル」ではなく「手抜き」という印象になってしまいます。

カジュアルな服装がしっくり来ないという人は実はメイクや髪型が合っていないということもあるくらい、どちらもしっかりするのはとても大事なのです。

さらにいえばメイクも髪型もカジュアルな服装に合ったものにしなければ浮いてしまいます。

ストレートよりもうねりのある髪型の方が抜け感がでる

毛先をハネせたり、少し膨らみを出してエアリーにするとよく馴染みます。

すとんとした髪型よりも、動きのある髪型の方がカジュアルスタイルによく合うので参考にしてみてください。

髪型でも抜け感を題しているので、メイクはリップまでしっかり仕上げましょう。

細眉よりは太くて短めの眉、太いアイラインよりは少し細めの茶色いラインにする、など、強調の少ないメイクの方が合いますが、控えめでありながらも細部までしっかりとメイクしましょう。

気を抜きすぎず、力を入れずぎないということを頭に入れておけば、結構簡単にカジュアルコーデを扱えるようになりますよ。