お宮参りの服装はカジュアルでもOK!選び方のポイントや注意点

お宮参りの服装はカジュアルなもので行きたいというあなた。
お宮参りのためにフォーマルな服を用意しても全然着る機会もないし、赤ちゃんのお世話がしずらくなると考える人もいるのではないでしょうか。

そこで、カジュアルな服装でお宮参りするときの服装選びのポイントや注意点についてお伝えしていきましょう。

これで服装選びのポイントやマナーがわかれば、恥ずかしくないカジュアルな服装でお宮参りをすることができるはずです。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ショートのヘアセットはこうすればOK!浴衣に似合うセット方法

浴衣を着るときにはショートの場合、どのようなヘアセットにしたらいいのでしょうか?せっかくだからいつも...

髪型の名前を知って、素敵な女性に変身しよう

テレビや街などで見かける、素敵な女性に髪型を自分に取り入れたいと思っても、その名前がわからないと、美...

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。 ...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。 赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか? セ...

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。 紫は、大人な印...

女子の服装ジャンル・おしゃれなアイテムでコーディネート

世の中には色々なジャンル服装があります。おしゃれな女子たちを見て、自分もその人達のようにファッション...

結婚式や二次会におすすめのボブのお呼ばれヘアアレンジ

結婚式や二次会などにお呼ばれしたら、ドレスはもちろんですがヘアレンジもどうしようかと頭を悩ませて...

50代のワンピースは花柄でオシャレに!選び方やおすすめを紹介

50代女性がワンピースで花柄を選ぶときは、ちょっとしたポイントを押さえることでより素敵な印象に着こな...

30代の服装【同窓会】女性が素敵に見える同窓会ファッション

30代の女性は出産などを経験して若い頃よりも体型の変化を感じる年頃です。そんな年代の女性が同窓会に行...

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び...

アクリル素材のニットが向いている季節と洗濯する場合の注意点

ウール素材のニットよりもお手頃価格で購入できるアクリル素材のニット。しかし、いつまで着ることができる...

服の上からでもOK?胸囲の測り方や女性の下着選びについて

この頃下着のつけ心地が悪い。そう感じることありませんか?それは下着が体に合っていないサインかも知れま...

スポンサーリンク

お宮参りで服装をカジュアルにするなら家族のバランスを合わせるのがポイント

初めての赤ちゃんが生まれて、お宮参りの時期を迎える頃になると、自分たちが着ていく服装に関しても気になりますよね。なんとなく親はビシッと正装でキメていく必要があるのではないかと思う方も多いようですが、必ずしもそのような決まり事はありません。

昔ながらのお宮参りのスタイルを重んじるのでしたら、家族全員が和装にするべきかもしれませんが、まだ生まれて日が浅い赤ちゃんを連れてのお出かけともなると、さまざまなトラブルもつきものです。

そう考えるとやはり、メインで赤ちゃんのお世話をすることになるママが和装というのも、それはそれで大変かと思います。

では、動きやすさを重視してママはカジュアルよりの服装にしたのに、パパだけがスーツ姿だと、今度はそれもまたアンバランスというものです。

程よいカジュアル感の服装であればOK

あまりにもちぐはぐな印象にならないためにも、ある程度は服装のテイストを揃えたほうが良いかと思います。ママが少しカジュアル寄りの服装であれば、パパやおじいちゃんおばあちゃんにもそれに合わせてもらうように、あらかじめ相談しておきましょう。

カジュアルな服装でお宮参りするときは普段着ではないきれいな物を選びましょう

いくらお宮参りはカジュアルな服装でも大丈夫だとは言え、やはりカジュアルな中にもきちんと感が出るように心がけることが大切です。

中には、和装の赤ちゃんに合わせて両親や家族も和装でお宮参りに訪れるご家庭もある中、Tシャツにジーンズで足元はくたびれたスニーカーでは、さすがに配慮が足りないと言わざるを得ないでしょう。

着古した服ではなく、きれいめの服装を意識する

普段からよく着ている服であっても、きちんとお手入れがしてあり、きれいな状態のものであれば良いのですが、毛玉だらけのニットやシワのついたスカートは避けるべきです。

お宮参りに着る服を選んだら、きちんと洗濯するか早めにクリーニングに出し、すぐに着られる状態にしておきましょう。

カジュアルな中にもきちんと感があり、動きやすさを重要視するのでしたら、白いブラウスに淡く上品な色使いのカーディガンと、膝が隠れる丈のスカートを合わせるのもおすすめです。

お宮参りはカジュアルな服装でも記念写真は正装がおすすめ

お宮参りの当日に家族写真を撮る予定であれば、カジュアルな服装ではなく、やはりある程度きちんと正装されていったほうが良いかと思います。

お宮参りの前後に写真館で記念写真を撮る場合はもちろん、神社での屋外撮影を依頼しているのであれば、なおさら我が子の成長の記録として残る家族写真は、より思い出に残るものにしたいですよね。

男性であればスーツにネクタイを着用するだけでOKですが、お宮参り用の写真撮影では、赤ちゃんに和装させるのが定番ですので、お宮参りと別の日に写真撮影を行うのであれば、それに合わせてママも和装スタイルにするとより映えることでしょう。

生後100日の記念や七五三、入園や入学など、子供の成長に合わせて写真を撮る機会は続くものですが、プロに家族写真を撮ってもらう機会は意外と少ないものです。

無事にお宮参りを迎えられた記念として、正装で家族写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

主役は赤ちゃんなので大人は派手にならないように注意すること

これは言うまでもありませんが、あくまでもお宮参りの主役は赤ちゃんだということを忘れてはなりません。

いくら写真映えを良くしたくても、赤ちゃんより大人のほうが目立つような服装になることは避けるべきでしょう。

シンプルな中にも上品さのある服装が理想

パッと目を引くような鮮やかな色合ではなく、むしろ少し地味かなと思うくらいがちょうど良いかと思います。

ですが、全身真っ黒といったように、暗めのトーンでまとめてしまうのも、お宮参りという晴れの場にはあまりふさわしくありません。

白やベージュといった明るめな色も効かせつつ、上品なテイストにまとめると良いですね。

アクセサリーなども目立ちすぎることのないよう、小ぶりで品のあるタイプがベスト。

カジュアル感が強くなりすぎないように、赤ちゃんのお世話の邪魔にならない程度に留めましょう。

きちんと感のある落ち着いたカジュアルコーデでお参りしましょう

お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願うための大切な行事であり、これが誕生後初めての本格的なお出かけになるご家庭も少なくないかと思います。

毎日赤ちゃんの世話に追われ、自分の身なりにかまっている余裕のないママにとっては、赤ちゃんの体調や機嫌のことばかりが気になり、無事にお宮参りが終わるかどうかを心配するあまり、当日自分たちが着ていく服装にまで気が回らないこともあることでしょう。

お宮参りの時期が夏場の暑い時期に当たってしまうと、親の服装もカジュアルになりすぎないように、きれいめを意識して準備する必要があります。

ノースリーブのワンピースであれば、神社の境内ではカーディガンを羽織ることで、肌の露出を抑えてカジュアル感を和らげることができます。

冬場はコートなどを着用して行くわけですが、この際も中に着る服と合うように、あまり派手な色味のものは避け、落ち着いた服装を心がけると良いですね。

お宮参りが過ぎても、正装とまではいかなくても、カジュアルすぎない綺麗めな服装で出かける機会はたびたび訪れます。

いざという時に悩まなくて良いように、何パターンか用意しておくと安心ではないでしょうか。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688