女子が着る服装の系統にはどういったものがあるのか

ファッションで着るものの種類は数多くありますが、中でも女子が着る服装の系統にはどういったものがあるのでしょうか。
女の子らしさを重点的に置いたものから、ボーイッシュな服装、他にも大人の女性らしさを全面に出せるものまでさまざまな種類があります。
あまりファッションに詳しくない人も、おしゃれが大好きな人も、これを読んで新しい服を買う参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お宮参りの服装【兄弟編】選び方のポイントやおすすめを紹介

お宮参りでは赤ちゃんの服装はもちろん、同行する兄弟の服装にも悩みます。 主役は赤ちゃんだからと言っ...

大人女子が着たい服装。冬のコーデや定番アイテムの選び方

女子の冬の服装選びで困るのが、アウターに何を着ようかという悩みがあると思います。コートやダウンジャケ...

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

同窓会の服装は会場に合わせて選ぶ!20代後半女性に似合う服

同窓会の案内が来て、出席の返事を出した後に、まず頭をよぎるのが「どんな服装で行けば良いんだろう」とい...

30代向けの服装でママもおしゃれを楽しむ!コーデのコツを紹介

30代になると服装もママらしい服装にしなければと考える人もいるかもしれません。 でも、ママだってお...

男性着物の着付け方を簡単に解説!着付けのポイントもご紹介

男性の着物の着付けは女性よりも難易度が低いので、ポイントさえ押さえれば難なく着付けることができます。...

メガネの選び方の基本ルール!自分に似合うフレームの探し方

メガネを選ぶ時に、店頭でいろいろなフレームを見ていても、本当に自分に似合うデザインはどんな形なんだろ...

イギリスの結婚式にゲストで参列する時の服装ポイントと注意点

イギリスの結婚式にゲストとして参列する場合、日本と同じような考えで服装を選んではいけません。イギリス...

全身黒コーデ!おしゃれに決まるレディース黒コーデのポイント

全身黒コーデと聞くと、重い印象がありませんか?確かに上から下まで真っ黒だと、見た目も重くなってしまい...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか? セ...

冬の結婚式が寒すぎるならコートの中に着込む方法とコートマナー

冬の結婚式のお呼ばれで困るのがコートやドレスのことではないでしょうか。 会場内の寒さの心配はいりま...

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。 ...

社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社...

女性におすすめなあったか服装!冬のデートのコーデポイント

男性は女性にどんな服装で冬のデートに来てほしいと思っているのでしょうか? 冬は、防寒を優先して...

お宮参りの服装はカジュアルでもOK!選び方のポイントや注意点

お宮参りの服装はカジュアルなもので行きたいというあなた。 お宮参りのためにフォーマルな服を用意して...

スポンサーリンク

女子が着る服装の系統、まずはカジュアル系から

女子が着る系統の服として、まずはカジュアル系についてお伝えします。

カジュアル系とは、多くの人が好む系統で、Tシャツやジーパン、パーカー、スニーカーなどのラフなアイテムを取り込んでコーディネートする系統です。

カジュアルと一言で言っても、更に細かく分類分けすることができます。

カジュアルの種類

  • キレイめカジュアルの「キレカジ」
  • カジュアルでもセレブ感をだす「セレカジ」
  • アメリカンっぽいスタイルの「アメカジ」

きれいめカジュアルの「キレカジ」はカジュアルなアイテムに、きれいめのブラウスやヒールなどを組み合わせて程よい女性らしさを演出することができます。

「セレカジ」は海外セレブを見本とし、ファーやハイブランドのアイテムを組み合わせることでワンランク上のおしゃれをすることができます。

アメカジは誰でも気軽に挑戦できる定番のカジュアルスタイルです。オーバーサイズやメンズサイズの服を取り入れるのもよいでしょう。

カジュアルコーデといっても、カジュアルすぎるとだらしない印象になってしまうこともあります。

カジュアルの服はカジュアル感が強くならないように、ほかの系統の服とミックスすることで程よいカジュアル感を出すことが大切になります。

女の子らしい可愛さを出したい女子におすすめな服装の系統は

では、より女の子らしさを引き出すような服装はどいった系統がおすすめかをお伝えしていきます。

女の子らしい服装の代表、ガーリー系ファッショ

ガーリー系ファッションは、可愛すぎずなおかつ女性らしさをひきたたせることができます。

年齢に合わせた上品さを引き立たせるアイテムを選ぶようにしましょう。

体のラインが綺麗に見えるトップスを選ぶとより女性らしい印象を作ることができますし、合わせてロング丈のスカートなどを合わせるのもよいでしょう。

ワンピースもウエスト切り替えがついていて腰の位置が高く見える素敵なワンピースなどもあります。

森ガール系統の印象

ガーリー系よりもさらにゆるふわな印象にしたい場合は森ガール系の服装もおすすめです。

森ガール系の服装は、無地の綿や麻などのナチュラルな素材を使用する場合が多いです。
柔らかい素材のゆったりとしたシンプルなワンピースは森ガール系の服装の定番です。

大人の女性の魅力を出したい女子におすすめな服装の系統は

自分の目指すタイプの服装を選ぶ際、大人の女性の魅力を感じさせたい場合はコンサバ系ファッションがおすすめです。

コンサバ系は一見シンプル、デザインにこだわった一目惹くおしゃれなアイテムが多い

アイテムを選ぶ際は艶感があってしっかり生地感のものを選ぶことで大人っぽい上品な印象にすることができます。

パンツスタイルなども、トップスは透け感のあるものを選ぶこととで女性らしくでおしゃれに着こなすことができます。

色合いは、白や黒、ベージュやネイビーなどの落ち着いた色合いの方が相性がよいです。

あまり落ち着きすぎる印象になってしまわないように、小物は個性的なものを身に着けるなどしてワンランク上のファッションを演出してください。

格好いい女子、ボーイッシュな女子におすすめな服装の系統は

カッコいい系の服装に挑戦したいという人はストリート系ファッション、やロック系ファッションがおすすめです。

ストリート系はラフな系統であるアメカジとスポーツ系を取り入れた服装

ラフなパーカーやトレーナー、Tシャツなどのトップスはオーバーサイズが旬です。
大きなロゴ入りのものも人気で、ハイブランドからも多くのアイテムが出ています。

スポーツブランドのアイテムをとりいれることでさらにおしゃれ感を出すことできますよ。

オーバーサイズのトップスにはショートパンツにスニーカーなどを履くことで可愛らしさを演出するようにしましょう。

ロック系ファッションは主にブラック系の服で統一することで、カッコいい印象を与えることができます。定番アイテムとしては黒の革ジャンがおすすめです。

個性派の女子におすすめな服装の系統をご紹介

他にも個性派のファッションの系統はいくつかあります。

例えば、人気タレントから流行の火がついた「原宿系ファッション」は有名ですよね。
古着を取り入れたものやカラフルでポップな服装は個性を出すには最適です。

また、ロリータファッションも昔から好きな人にはたまらない系統です。

お人形のようなフリルやレースがたくさんついた可愛らしいドレスを身に着けるのが特徴的で、人気ブランドもいくつかあります。

ほかにもエスニックファッションも個性的なファッションの一つです。

民族っぽいアイテムが多く、柄物やアイテムのシルエットに特徴のあるものが多いです。
着こなしがかなり難しいのでおしゃれに着こなすためにはしっかりコーディネートを考えなくてはなりません。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688