大人女子が着たい服装。冬のコーデや定番アイテムの選び方

女子の冬の服装選びで困るのが、アウターに何を着ようかという悩みがあると思います。コートやダウンジャケットと、中に着る洋服とのバランスも大切。

また若い頃に来ていた洋服が似合わなくなってきたと感じることもあるでしょう。

そこで今回は冬の大人女子の服装や、コーディネートについて紹介します。まずはアウター選びについてご覧ください。

冬の定番アイテムといえばやはりニットやニットワンピースが挙げられるでしょう。

ニット選びのポイントや、着ぶくれして見えない方法についても紹介します。

他にも冬のボトムス選びや冬デートにおすすめなコーディネートを紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女子がおしゃれな服装をするなら、男子もかわいいと思うものを

女子がおしゃれを楽しむのなら、服装はかわいいものが良いですよね。しかし、自分や周りの友達がかわい...

全身黒のコーデはダサい?おしゃれに着こなすコツとポイント

全身黒のコーデをしてみたいと思っても、勇気が出ずになかなかチャレンジできない人もいるのではないでしょ...

30代は服装が痛いと言わせない!大人向けファッションのコツ

30代で若作りのような服装をしていると、周りから痛いと思われてしまうことがあります。20代の頃は似合...

アクリル素材のニットが向いている季節と洗濯する場合の注意点

ウール素材のニットよりもお手頃価格で購入できるアクリル素材のニット。しかし、いつまで着ることができる...

同窓会の服装は会場に合わせて選ぶ!20代後半女性に似合う服

同窓会の案内が来て、出席の返事を出した後に、まず頭をよぎるのが「どんな服装で行けば良いんだろう」とい...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか?セ...

祝賀会の服装で平服と言われたときにおすすめな女性コーデ

祝賀会の服装は平服でお越しくださいと言われたときにはどのような洋服で行けばいいのでしょうか?...

30代におすすめな服装、冬ならこんな着こなしを

ファッションを上手に着こなすには、自分の容姿や年齢、その時の季節やシチュエーションにも気遣わなくては...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社...

男性はカラコンに気づかない?いえいえそんな事はありません

男性はカラコンをつけていても気づかない?カラコンをつけた姿を可愛いと言ってくれる彼氏。裸眼ではないこ...

結婚式や二次会におすすめのボブのお呼ばれヘアアレンジ

結婚式や二次会などにお呼ばれしたら、ドレスはもちろんですがヘアレンジもどうしようかと頭を悩ませて...

メガネファッション【50代】大人の女性の魅力を引き出す選び方

50代の女性の中には、メガネをかけることで老けた印象になることにお悩みの人もいるのではないでしょうか...

女性の服装のタイプと特徴を紹介。骨格に合わせた服装の選び方

毎日着る洋服のスタイリングに困っていませんか?女性の服装のタイプには様々なジャンルがあります...

結婚式にお呼ばれしたときのネイルマナーとおすすめカラー

結婚式にお呼ばれしたときのネイルには、どのようなマナーがあるのでしょうか?ドレスは花嫁と被らないよう...

スポンサーリンク

女子の服装。冬のアウター選びのポイント

冬の服装と言えば必ず必要なのがアウターです。寒さが厳しい冬ですから暖かいアウターで寒さに対処しながらも、おしゃれにしたいですよね。女子のアウターにはデザインも豊富なので、冬のファッションの楽しみでもあります。

大人っぽい雰囲気にしたいのなら、冬のアウターはコートがおすすめ

黒やダークグレーはクールなイメージになりますし、淡いグレーや白なら女性らしさを感じられます。シンプルなデザインだストールやブーツなど他のアイテムも合わせやすくなります。
ノーカラーのコートは上品さがあり、洗練された女性のイメージがあります。

可愛らしさを出したい時はフード付きのダッフルコートがおすすめです。厚地で保温性も高く、シンプルなコートに比べて幼い印象のあるコートです。ダッフルコートならいろいろな色がありますので、抵抗のある色でも取り入れることができます。紺や茶といったオーソドックスな色も良いですが、赤や黄色のダッフルコートもかわいいですよ。

冬のアイテムとして欠かせないのがダウン

ダウンは軽くて保温性も高く、ブルゾンタイプからジャケット、ロングコートといろいろな種類があります。カジュアル感の強いダウンですが、デザインによってはキチンとした印象のものもあります。ダウンベストはまだそれほど寒くない時期から使えますし、活発なイメージがあります。コートやブルゾンの中に重ねて着て保温性を高めることもできる便利なアイテムです。

冬の女子の服装の定番をご紹介

冬の定番のアイテムはやはりニットでしょう。柔らかくてふんわりとした素材は暖かく、ニットを着るだけで冬を感じられるファッションになりますよね。

冬のニットのセーターはどんなボトムとも相性が良い

着回しのできる便利アイテムです。

シンプルな薄手のニット

大人らしい雰囲気になり、上品な着こなしができます。ボリュームあるフレアースカートと合わせてもバランスが良く、ロングタイトや細身のパンツの合わせてスタイリッシュに着ることもできます。

厚みがありふんわりとしたニット

かわいいイメージになります。ボリュームのあるニットの場合は、ボトムには細めのタイトスカートやスリムなパンツなど、ボリュームの抑えたアイテムを合わせるようにしましょう。上も下もボリュームがあると全体的に大きくなってしまい、野暮ったく見えてしまう可能性があります。

ニットのワンピースもおすすめ

細めのニットでも体のラインが出過ぎることはありません。シンプルなニットワンピースなら太めのベルトをしてアクセントをつけたり、おおぶりのネックレスをしても良いでしょう。

冬に着たい女子の白ニットの着ぶくれしないコツ

冬に着る白いニットも素敵ですよね。冬はダークカラーが多くなりがちなので、冬の白や淡い色は場が明るくなり、それだけでおしゃれに見えてしまいますよね。

白のニットは太ってみえるからと抵抗がある人もいるのではないでしょうか。白は膨張して見える色なので、黒や紺といった色に比べると大きく見えてしまいます。また、ニットは厚地であることも大きく見えてしまう要素のひとつです。

女子がニットを選ぶときは着ぶくれをして見えない形や着こなし方がポイント

少しでも細く見せたいからといって体にぴったりのニットは逆効果です。少しゆるいくらいの余裕のあるサイズの方が体を華奢に見せる効果があります。ニットのふくらみを利用して、体のラインを隠すようにしましょう。

タートルネックのニットも素敵ですが、細く見せたいのなら適度に肌を出すこともポイントです。Vネックや肩が出るデザインを選び、鎖骨を見せることでニットでも厚ぼったくなりません。

また、リブニットも痩せて見える効果があります。白いニット1枚でも着ぶくれして見えることが心配なら、縦のラインが特徴のリブニットを選ぶと良いでしょう。

冬の女子のボトムスとコーデ

冬は冷えが気になってスカートは避け、厚地のフルレングスのパンツばかりという人も少なくないはずです。ついつい厚ぼったい服装になりがちですが、冬でもすっきりとしたファッションを楽しみたいですよね。

冬のボトムスにもデニムが大活躍

トップスはふんわりニットのセーターやカーディガン、アウターにもダウンジャケットなどでボリュームが出やすくなりますので、ボトムスにはスリムな黒デニムがおすすめです。
ふんわりニットのセータの下に黒のスキニーを合わせるとバランスも良くなり、ニットを着ていても厚ぼったさや着ぶくれ感がありません。

ロングコートとの相性も良いので、コートの中には黒のスキニーにパンプスを合わせることで冬でもシャープな着こなしをすることができます。

夏はダメージ加工されたデニムや薄い色のデニムをよく履いていた人も、冬場は濃いめの色のデニムがおすすめです。一年中使うことができるデニムも、色味を変えて冬のファッションとして楽しむことができます。

コーデュロイも冬ならではの素材

春や夏には使うことができない生地なので、冬のファッションとして取り入れてみると良いでしょう。コーデュロイは生地の表面に光沢があるので、カジュアルでありながらも上品に見えるアイテムです。ワイドパンツやロングタイトなど、トップスに合わせて上手に組み合わせてみてください。

冬デートに着たい女子の服装のポイント

デートのときは冬の服装でも野暮ったくならずに、男性受けの良い服装をしたいですよね。女子らしい可愛さを上手に出したいところでしょう。

デートの服装

可愛らしさの中に大人っぽさを感じれるような着こなしがおすすめ

冬のデート服で大切なのがアウター選びです。外で待ち合わせをした時、一番最初に見せるのがアウターになります。その日の第一印象も重要ですよね。

アウターには柔らかい印象があるものがおすすめ

冬のアウターは厚地でダークカラーがメインになりますので、周りは黒っぽい色が多くなります。白やベージュといった明るい色を選んでみてください。柔らかさがあり、周りから引き立つ色がおすすめです。

トップスには冬ならではのニットを選ぶ

冬しか着ることができないニットで、いつもとは違う雰囲気を出すことができます。ふんわりとしたニットはかわいいですが、適度に体のラインを出したり肌を見せることで、大人っぽさを出すことができます。

薄手のニットでフィット感のあるものや、オフショルダーのニットがおすすめ

冬はパンツスタイルが多い人でも、デートの時くらいはスカートを楽しみたいですよね。スカートは冷えが気になるかもしれませんが、タイツとブーツを合わせて冬らしいファッションを楽しむ機会でもあります。厚地のタイツにロングブーツなら寒さ対策もばっちりですよ。短いスカートだと見た目から寒そうなので、膝丈かロング丈のスカートが良いでしょう。

厚地のタイツやマフラーも冬ならではのファッションアイテムです。手袋やニット帽など、冬素材の小物も上手に取り入れて。冬のおしゃれを楽しんでくださいね。