スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。
それぞれのスーツの上手な着こなし方を身につけることで、素敵なレディースのスーツをより素敵に見せることが出来ます。
そんなレディーススーツの選び方や着こなし方などについてご紹介しますので、これからスーツを買おうとしている人などは是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

足が太いならスキニー選びは重要!細見えテクのポイントを紹介

足が太いならスキニーは履けないと思っていませんか?スキニーは足の太さを強調すると思われがちですが、選...

結婚式にお呼ばれしたときのネイルマナーとおすすめカラー

結婚式にお呼ばれしたときのネイルには、どのようなマナーがあるのでしょうか?ドレスは花嫁と被らないよう...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

男性はカラコンに気づかない?いえいえそんな事はありません

男性はカラコンをつけていても気づかない?カラコンをつけた姿を可愛いと言ってくれる彼氏。裸眼ではないこ...

冬の結婚式が寒すぎるならコートの中に着込む方法とコートマナー

冬の結婚式のお呼ばれで困るのがコートやドレスのことではないでしょうか。 会場内の寒さの心配はいりま...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか? セ...

結婚式で青いドレスを着るときの靴はこの色がおすすめ

結婚式にお呼ばれされたときに、青いドレスを着る予定だけれどどんな靴にすればいいのかわからない! ...

入学式の服装【小学校編】母親の服装選びのポイントを大公開

お子さんの入学式にどのような服を着て出席しようか頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。...

全身黒コーデ!おしゃれに決まるレディース黒コーデのポイント

全身黒コーデと聞くと、重い印象がありませんか?確かに上から下まで真っ黒だと、見た目も重くなってしまい...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。 赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。 ...

30代は服装が痛いと言わせない!大人向けファッションのコツ

30代で若作りのような服装をしていると、周りから痛いと思われてしまうことがあります。20代の頃は似合...

50代のワンピースは花柄でオシャレに!選び方やおすすめを紹介

50代女性がワンピースで花柄を選ぶときは、ちょっとしたポイントを押さえることでより素敵な印象に着こな...

男性着物の着付け方を簡単に解説!着付けのポイントもご紹介

男性の着物の着付けは女性よりも難易度が低いので、ポイントさえ押さえれば難なく着付けることができます。...

アクリル素材のニットが向いている季節と洗濯する場合の注意点

ウール素材のニットよりもお手頃価格で購入できるアクリル素材のニット。しかし、いつまで着ることができる...

スポンサーリンク

レディーススーツの着こなし方法、まず選び方から

女性のスーツは男性とは違い、いろいろなデザインやアイテムがあります。一言でスーツといってもジャケットに襟がないものや七分袖、ボトムのスカートなら丈の長さや形によって印象はかなり違ってきます。スーツを着るシチュエーションに合わせて、その場に相応しいスーツを選ぶことが大切になってきます。

ビジネススーツ

仕事の時に着るスーツなら、職場の雰囲気に合わせて選ぶようにしてください。堅い社風の職場ならキチンとしたビジネススーツを、自由な社風ならカジュアル感のあるスーツでも良い場合もあります。一緒に働く同僚や先輩社員の服装に合わせることも大切です。

ビジネススーツならジャケットの丈は腰の辺りまで届く長さがあるもので、ボタンをとめたときにタイトすぎないサイズを選んでください。女性のスーツのジャケットはウエストが絞られたデザインが多いです。スッキリとして女性らしいシルエットを出すことができますが、ちょっと窮屈さを感じる場合もあります。サイズが合ったものを選んでください。
スカートの場合は丈の長さに気をつけてください。立ったときは膝が隠れる程度の丈が良いでしょう。座った時にはスカートが上がってしまいますので、太ももが露出しすぎないように選んでください。

セレモニー用スーツ

女性のスーツは仕事だけでなく、入学式や卒業式といったセレモニーにも着ることがあります。セレモニー用のスーツならビジネススーツのような堅いものではなく、華やかさのあるスーツが良いでしょう。
紺やグレーといった色のスーツは使いやすいですが、セレモニー用ならベージュのスーツも着ることができます。
襟のないタイプのジャケットを選んだり、ボトムにはタイトスカートよりもフレアースカートの方が華やかに見えます。

レディースはスーツのバリエーションが豊富!着こなしの種類を増やそう

レディース用のスーツは男性のスーツに比べるとデザインが豊富です。

ジャケットにはオーソドックスなタイプからノーカラーのスッキリとしたデザイン、夏なら七分袖のジャケットを着るという人も多いでしょう。ボトムにはスカートとパンツがあり、タイトスカートやフレアースカート、細身のパンツもあればワイドパンツなど、それぞれいろいろな形があります。

きっちりとした印象にしたいときは襟のあるテーラードジャケットが良いでしょう。仕事には膝丈のタイトスカート又は細身のパンツを合わせるのがおすすめです。
堅くなりすぎると感じるときは、フレアースカートを合わせてみてください。タイトスカートよりも華やかな感じになり雰囲気を変えることができます。

丸襟のジャケットは女性らしい柔らかな印象になります。

仕事で着るのならパンツと合わせて、シャープさを意識してみると良いでしょう。フレアースカートと合わせるとセレモニースーツとしても使うことができます。

Vカラージャケットはテーラードジャケットに比べると適度にゆるさがあり、女性らしさを感じさせるジャケットです。襟元がV字に開いているのですっきりとした印象になります。ボトムにパンツやタイトスカートを合わせると甘くなりすぎず、ビジネスにもぴったりです。ワイドパンツと合わせるのなら、細身のジャケットを選んだ方が全身のバランスが良くなります。

女性のスーツはバリエーションが豊富で、それぞれ印象が違ってきます。男性のスーツと違って、ジャケットとボトムで違うものを組み合わせることもできます。

ぽっちゃりさんにおすすめしたいレディーススーツの着こなし術

女性ならスーツも格好良く着こなしたいですよね。モデルのような長身でスリムな体型ならどんなスーツもさまになりますが、いまいちうまく着こなせないという人も多いのではないでしょうか。レディーススーツはいろいろなデザインがありますので、自分にぴったりのものを上手に選んでください。

少し太めのぽっちゃり体型の人なら、ボトムにはワイドパンツを選んでください。太めで悩みの下半身をうまくカバーすることができます。また、ワイドパンツはストレートパンツよりも脚長に見えるという調査結果があるそうです。脚長に見えると縦のラインが強調され、太さがより気にならなくできて嬉しいですよね。
また、パンツに合わせるベルトは細いベルトよりは幅の太いベルトの方がウエストラインを引き締めて見せることができます。

ぽっちゃりさんのジャケットは胸元が開いたタイプのものを選んでください。デコルテのラインを縦長に見せることですっきりと見えることができます。

レディーススーツのジャケットはウエストが絞っているデザインが多く、これだとボタンをとめた時に窮屈に見えてしまう可能性があります。ダブルのジャケットだと生地が引きつることもなく、体に程よくフィットします。

チビで悩んでる女性におすすめなスーツの着こなし方法

背が低いことに悩んでいる女性もいるでしょう。背が低いとかわいらしいイメージがありますが、スーツをうまく着こなすのは難しいかもしれません。

背が低い人におすすめなのがストライプの生地のスーツです。ストライプは縦のラインが強調されますので、背の低さを目立たなくさせる効果があります。ストライプにも線の太さや色使いなど様々なものがありますが、スーツの場合は細いストライプを選んでください。派手な色が入ったストライプだとカジュアルな感じが強くなってしまいますので、スーツの生地と同系色のストライプが良いでしょう。

ボトムにはタイトスカートがおすすめです。背が小さい人はかわいらしい印象があるので、フレアースカートだと幼く見えてしまいます。子供っぽくならないように、タイトスカートでシャープな印象を作ってください。

また、目線を上に持っていくようにするのもポイントです。ジャケットの中に着るブラウスなら開襟タイプや襟元にアクセントがあるデザインを選んだり、アクセサリーを使って上の方に注目がいく工夫をしてみてください。

インナーを上手く使えば着やせするスーツの着こなしが出来ます

スーツはシャープに格好良く着たいところですが、いまいち上手く着こなせないという人も多いでしょう。ぽっちゃりさんはもちろんですが、ぽっちゃり体型ではない人でも、少しでもほっそりと見せたいところですよね。着やせして見えるポイントをご紹介します。
体には着やせ効果のあるパーツがあります。ほどよく肌を見せたり体のラインを出すことで、体型をすっきりと見せることができます。

襟元はVラインを意識してみましょう。首元をすっきり見せると着痩せ効果があります。スタンダードなシャツカラーよりは開襟シャツを選んだり、丸首のノーカラージャケットよりもテーラードジャケットやVカラージャケットの方が首元がスッキリ見えます。

ウエストラインが気になるからといって、しっかりとカバーするボックスタイプのジャケットよりは、ウエストが絞っているデザインの方がスリムに見えます。ウエストのくびれを出すことでメリハリのある体型に見せることができます。

ほどよく肌を出すのも効果的です。七分袖のジャケットで手首を見せたり、アンクルパンツで足首を見せるのも良いでしょう。スカートならふくらはぎ丈のフレアースカートだとスカートの裾の広がりにより足が細く見える効果があります。

女性のスーツはバリエーションも豊富です。自分に似合うデザインを見つけ、仕事のために使うスーツでもおしゃれに着こなしてくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688