紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。
紫は、大人な印象を与えながらも可愛さも持ち合わせている絶妙な色なので、靴の色次第で印象がガラッと変わります。
そこで、紫のドレスに合わせる靴の色についてご紹介します。
おしゃれに見えるドレスのコーディネート術、着こなし方も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネ種類はたくさん!フレームから自分に合ったメガネを探そう

メガネ店に行くと、様々な種類のフレームが所狭しと並んでいます。いざメガネを購入しようと思っても、どれ...

女性の服装のタイプと特徴を紹介。骨格に合わせた服装の選び方

毎日着る洋服のスタイリングに困っていませんか? 女性の服装のタイプには様々なジャンルがあります...

アクリル素材のニットが向いている季節と洗濯する場合の注意点

ウール素材のニットよりもお手頃価格で購入できるアクリル素材のニット。しかし、いつまで着ることができる...

メガネの選び方の基本ルール!自分に似合うフレームの探し方

メガネを選ぶ時に、店頭でいろいろなフレームを見ていても、本当に自分に似合うデザインはどんな形なんだろ...

全身黒コーデ!おしゃれに決まるレディース黒コーデのポイント

全身黒コーデと聞くと、重い印象がありませんか?確かに上から下まで真っ黒だと、見た目も重くなってしまい...

大人女子が着たい服装。冬のコーデや定番アイテムの選び方

女子の冬の服装選びで困るのが、アウターに何を着ようかという悩みがあると思います。コートやダウンジャケ...

モード系で髪型がロングなら、どんなアレンジが良いか

ファッションのジャンルの中でも大人っぽくておしゃれなモード系は人気のファッションですよね。 服装を...

髪型の名前を知って、素敵な女性に変身しよう

テレビや街などで見かける、素敵な女性に髪型を自分に取り入れたいと思っても、その名前がわからないと、美...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか? そこで、会...

服の生地素材の特徴とは?季節に適した素材を選びましょう

服の生地の素材はどんなものがあるのでしょうか?着心地や暖かさなど、生地の素材によって大きく異なるので...

社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社...

男性へのプレゼント【マフラー編】選び方のポイントとオススメ

男性へプレゼントとしてマフラーを贈りたいと考えたとき、どんな物を選んだらいいのかわからないという人も...

サングラスで運転用に適しているのは?女性に似合うサングラス

女性が運転用のサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 眩しいか...

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。 ...

女子が着る服装の系統にはどういったものがあるのか

ファッションで着るものの種類は数多くありますが、中でも女子が着る服装の系統にはどういったものがあるの...

スポンサーリンク

結婚式に紫のドレスを着ていく時はどんな靴がいいの?紫のドレスと靴の色との相性

紫色に心惹かれる女性は多いでしょう。紫は、ぱっと目を引く色でもあります。しかし、一言で紫色と言っても、淡い色から濃くはっきりとした紫まで様々あります。青みがかった紫、赤みがかったりする紫色もあります。一見、コーディネートには難しそうに感じる紫色ですが、折角、呼ばれた大切な人の結婚式なのですから、思い切って紫色の大人ドレスで出席してはどうでしょうか。

まずは、ドレスは素敵な紫色で決定ですね。
次に問題になるのは、靴という人もいると思います。紫という目立つ色のドレスに、靴も同様に派手な色となれば、なんとなくちぐはぐな印象になってしまい兼ねません。

では、紫色のドレスには一体、どんな色の靴が似合うのでしょうか。靴の色によって、ドレスやあなたの印象が随分と変わることもあるのです。

例えば、紫色に同系色の紫色の靴を合わせたとしましょう。これは、勿論ありです。違和感はありませんが、面白みにかけてしまうので、できればドレスよりも、ぱっと目立つ鮮やかな紫色や、スタッズや羽根などがついた面白みのあるデザインの靴を選ぶのも良いかもしれません。

肌の色に靴を合わせるというのも良いでしょう。ベージュや金というのは、自然と肌に溶け込んでくれる色なので、控えめでありながら、紫色のドレスを引き立ててくれます。しかし、ちょっと派手すぎると浮いてしまうのが金色なので、控えめな金色の靴を選ぶのがポイントとなります。

紫のドレスを引き立たせたいなら靴はブラックがおすすめ

特に濃いめの紫色のドレスには、黒が似合います。濃いめの紫色と黒って、似通った色でぱっとしないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、黒が全体をキュッと引き締めてくれるので、より品のあるコーディネートになり、ラグジュアリーでハイレベルな着こなしになりますよ。

薄い紫のドレスにも、黒の靴はおすすめです。

薄い紫は、優しくて清楚な印象をうけますが、一歩間違うと膨張して見えかねません。そんなときこそ黒の出番です。

靴、ジャケットやボレロ、バッグを黒で統一してみましょう。全体が引き締まり、より大人っぽく見えること間違いなしです。

紫のドレスを華やかに洗練された印象にさせたいなら、靴や小物はシルバーで統一

紫色でも、気をつけたいのが、くすんだような薄い紫色です。一見、上品に見える色ですが、年齢より上に見られがちな色でもあります。

そんな薄い紫色ですが、より上品にハイレベルに見せる方法があるのです。それは、靴や小物をシルバーで統一することです。

薄い紫とシルバーはとても相性が良く、シルバーが加わることで、全体を引き締めた印象にしてくれますす。無彩色であるシルバーが、紫という色の良さをより引き出してくれるのです。金色とはまた違うゴージャスな感が、鮮麗された印象を与えてくれるでしょう。

ドレスコーディネートは3色が目安。靴はアクセントカラーとして色選びは慎重に

ドレスに紫色などの目立つ色を持ってきた場合、多くの人は、靴の色は何色にしようかと悩んでしまうと思います。

ドレスというのは、大抵は、上下が同じ色で繋がっています。色合いとしては、最も多くの面積を占めるため、主役の色と言えるでしょう。

この主役の色に組み合わせるのが、ジャケットやボレロなどの羽織もの、そして、靴やバック、アクセサリーになります。

よって、主役のドレスが全体の7割の色をしめ、羽織ものや靴やバッグ、アクセサリーは他の3割の色を占めることになります。ドレス以外を別の色で統一すると、2色のコーディネートということになりますが、この小物の1点をアクセントカラーとして、別の色にすると、3色コーデの完成です。

ちょっと離れた位置の靴をアクセントカラーにする、バッグだけの色を変えてみる、ボレロやアクセサリーを別の色にするというのも勿論OKです。

ただし、アクセントカラーが、全体の雰囲気とあまりにもかけ離れた色だと、そこだけが浮いてしまい兼ねません。紫色のドレスを活かす色選びが、重要になるのです。

全体の様子を鏡で見ながら、アクセントカラーを慎重に選びましょう。

ドレスとバックの色を合わせるのもいいが、靴とバックの色を合わせて選ぶとよりバランスが良い

ドレスにバッグは欠かせない存在です。紫色のドレスであれば、バッグも迷わず紫色にしてしまうとう人もいるでしょう。しかし、紫色のバッグって、なかなか見つかりませんよね。そこで、ちょっとおしゃれに見せたい、華やかに見せたいというのであれば、靴とバッグの色を紫色以外であわせてみるというのはどうでしょうか。

先程もお伝えしたように、紫のドレスに、ゴールドや黒、シルバーとの相性は抜群です。そこで、靴とバッグの色を、この3色のどれかにしてみるというのが、バランスよく、しかもおしゃれにみえる簡単な方法と言えます。あくまで、靴とバッグの色は合わせることです。

そこで、気をつけたいのが黒色です。黒と言えば、地味な印象があるでしょう。手持ちのものでなんとかしたいと思う気持ちは分かります。だからと言って、少し地味めな黒い靴やバッグにしてしまうと、オシャレ感が半減してしてしまいます。同じ黒でも、素材をエナメルにしたり、質感やデザインで遊んでみると、更に大人な雰囲気になりますよ。

靴とバッグの素材感をあわせるというのも、バランスを良くする上で、大切な要素になります。

ちょっとしたことですが、色を抑えたり、小物で遊びを加えたりすることで、より高級感の漂うコーディネートになることは間違いありません。

紫は、上品でありながら大人っぽい雰囲気の色です。紫であれば、他の人とドレスの色がかぶるということもあまりないでしょう。ぜひ、そんなオススメの紫のドレスを華やかに着こなして、新郎と新婦の結婚をお祝いしてみませんか。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688