髪型の名前を知って、素敵な女性に変身しよう

テレビや街などで見かける、素敵な女性に髪型を自分に取り入れたいと思っても、その名前がわからないと、美容室でお願いする時に困ってしまうことがあります。
ここでは、女性の髪型や結び方、またスタイリング剤の名前についてご紹介しますので、髪型を変えたい、ヘアアレンジをしたいと考えている方などは、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性へのプレゼント【マフラー編】選び方のポイントとオススメ

男性へプレゼントとしてマフラーを贈りたいと考えたとき、どんな物を選んだらいいのかわからないという人も...

お宮参りの服装【兄弟編】選び方のポイントやおすすめを紹介

お宮参りでは赤ちゃんの服装はもちろん、同行する兄弟の服装にも悩みます。主役は赤ちゃんだからと言っ...

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

30代向けの服装でママもおしゃれを楽しむ!コーデのコツを紹介

30代になると服装もママらしい服装にしなければと考える人もいるかもしれません。でも、ママだってお...

足が太いならスキニー選びは重要!細見えテクのポイントを紹介

足が太いならスキニーは履けないと思っていませんか?スキニーは足の太さを強調すると思われがちですが、選...

同窓会の服装は会場に合わせて選ぶ!20代後半女性に似合う服

同窓会の案内が来て、出席の返事を出した後に、まず頭をよぎるのが「どんな服装で行けば良いんだろう」とい...

大人女子が着たい服装。冬のコーデや定番アイテムの選び方

女子の冬の服装選びで困るのが、アウターに何を着ようかという悩みがあると思います。コートやダウンジャケ...

ショートのヘアセットはこうすればOK!浴衣に似合うセット方法

浴衣を着るときにはショートの場合、どのようなヘアセットにしたらいいのでしょうか?せっかくだからいつも...

結婚式で青いドレスを着るときの靴はこの色がおすすめ

結婚式にお呼ばれされたときに、青いドレスを着る予定だけれどどんな靴にすればいいのかわからない!...

女子の服装ジャンル・おしゃれなアイテムでコーディネート

世の中には色々なジャンル服装があります。おしゃれな女子たちを見て、自分もその人達のようにファッション...

同窓会のコーデ特集!20代におすすめと会場に合わせたコーデ

20代になってから初めて来た同窓会の案内。会いたい人がいる、あの人は来るのかしら?など気になりますが...

30代におすすめな服装、冬ならこんな着こなしを

ファッションを上手に着こなすには、自分の容姿や年齢、その時の季節やシチュエーションにも気遣わなくては...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか?そこで、会...

メガネ種類はたくさん!フレームから自分に合ったメガネを探そう

メガネ店に行くと、様々な種類のフレームが所狭しと並んでいます。いざメガネを購入しようと思っても、どれ...

サングラスで運転用に適しているのは?女性に似合うサングラス

女性が運転用のサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?眩しいか...

スポンサーリンク

女性のショートの髪型には、さまざまな名前があります

ショートヘアにも流さ別に種類があります。

大きく分けて3つあるので、名称別に詳しく説明していきます。

一番短いのはベリーショート

ショートの中で一番髪の長さが短く、ボーイッシュな髪型なのがベリーショートです。

髪の毛は耳にかからないほど短く、ボーイズライクな服装やハンサムメンズライクな服装が決まりやすいのが特徴です。

その一方で大人エレガントなドレスなどもかっこよく決まりやすいコンパクトな髪型です。

主にスタイリング剤で雰囲気に合わせたアレンジをして演出します。

総称ではないショートヘアもある

髪の毛が耳にかかるほどの長さの長さで、全体的にコンパクトでまとまりのある髪型をいいます。

短い髪の総称として呼ばれがちなので、美容室での注文は他のショートスタイルの髪型よりも細かく説明しないと伝わりにくいのですが、上品でかっこよく見える髪型なので定番で女性人気が高いです。

ボブスタイルもショートヘア

全体的に重みのある髪型で、長さが顎くらいかそれよりも少し下になるので、ショートヘアの中では長い髪型になります。

女性らしさがある髪型なので、シートヘアに初めて挑戦するならボブがいいでしょう。

カジュアルな雰囲気もあるのでリラックスした印象が強く、髪の毛を巻くなどのアレンジも楽しめるので「ショートヘアでもいろいろなアレンジがしたい」という人にはとてもおすすめです。

女性に人気のミディアムの髪型の名前をご紹介

ミディアムにも種類がたくさんあるのですが、ミディアムと呼ばれる髪の長さは限られているため、ショートヘアとは違って長さ別ではなくカットの方法別に名称が違います。

いくつか紹介しましょう。

ボブミディアム

ボブスタイルで髪の毛が長くなったものと考えていいでしょう。

大体鎖骨くらいまでの髪の長さをいいます。

また、それよりも少し長くなるとナチュラルミディアムになり、年代に関係なく幅広く支持されている長さになります。
定番なのでどんな服装でも比較的合わせやすいというメリットがあります。

ソフトウルフ

ミディアムヘアで段をつけてパーマをかけるとソフトウルフになります。

段もパーマもゆるくするとハードな印象にならず髪の毛にメリハリが付いているのでバランスが良く見えます。

カーリースウェル

髪の毛全体にパーマをかけてボリュームを出す髪型です。

抜け感があって大人の女性らしさを感じることの出来る髪型です。

ざっくり一つに結んでもかっこいいので、アレンジも大人女子らしさが出ておすすめです。

女性の魅力を引き立てる、ロングの髪型の名前

ロングヘアもショート同様長さによっては呼び方が違います。

ただし日常でその長さ別に呼ばれ方がはっきり別れているかと言うと微妙なところで、美容室以外ではこの絶妙な違いに振れないことの方が多いです。

どのくらいの長さで呼び方が変わるのか詳しく説明しましょう。

ミディアムよりも少し長いセミロング

鎖骨下から脇の当たりまでの長さをセミロングと呼びます。

人によってはミディアムとセミロングにほとんど差がないと考えている人も多く、それだけ長さの違いが絶妙なので、パーマを書けたり髪の毛を巻いたりするとほとんど違いが分からないということもあります。

脇からおへその間の長さならロングヘア

セミロングの次に長いのがロングヘアです。

こちらもショートヘア同様総称とされることが多く、違うがわかりにくいのが特徴です。

カットの際はただ真っすぐにしているだけではなく、毛先を揃えてカットすることが難しいので、少しのカットでも簡単なヘアスタイルではありません。

腰よりも下ならスーパーロング

腰よりも長い髪型だとスーパーロングになります。

ここまで髪の毛を傷めること無くきれいに伸ばし続けるのはとても大変なので、スーパーロング人口はとても少ないです

女性らしさが強く、フェミニンな印象のある髪型です。

ヘアアレンジの参考になる、髪の結び方の名前

可愛いと思うヘアアレンジを見つけても、その名称が分からず自分でやろうと思っても見本を探せないということはありませんか?

スタイル別にアレンジの名称もまとめたので、参考ににしてみてください。

アップスタイルのヘアアレンジ

アップスタイルの中でもヘアアレンジは色々な種類があるので、名称と詳しい説明を挙げていきます。

夜会巻き

結婚式やパーティーなどでよく使われるアレンジで、髪の毛を一つにまとめてコンパクトに見せるアレンジです。

崩してボリュームを出すこともできます。

和装にも洋装にもぴったりで、アレンジをする人の年齢層もかなり広いのが特徴です。

カールアップ

髪の毛全体をカーラーで巻いて、一つにまとめたアレンジをいいます。

ちなみに横の方でまとめたら「カールサイドアップ」、高い位置でまとめたら「上めカールアップ」、襟足に近い場所でまとめたら「下めカールアップ」というようにまとめる場所で少し名称が違います。

シニヨン

おしゃれな言い方ですが、要はおだんごのことです。

スタイルングするときにはシニヨンは綺麗めでお団子はカジュアルといったように、シーンで使い分けることもあります。

ポニーテール

髪の毛を全て後ろで一つにまとめて結んだスタイルで、ゴムで留めたところから毛先はそのまま流しているだけなので、馬のしっぽに似ていることからこの名前が付きました。

簡単に結んだだけでも良いですし、最初に全体にウェーブを付けてからまとめると無造作感とボリュームが出ておしゃれな印象が高くなります。

さらにまとめるのはゴムではなくバナナクリップにするとさらに上級者のように見えますし、ゴムで結ぶときは流した髪を下から上に向けてゴムに一巻きさせると華やかさが出ます。

頭の横側でポニーテールを作るとサイドテールになります。

ツインテール

髪の毛を両サイドで結んだものをツインテールと言いいます。

少女っぽさが強く出る髪型で、可愛らしく幼い印象があります。

結ぶ位置が高い位ほど幼さが強くなるので、大人っぽくアレンジしたい場合はえり足に近い位置で結ぶと良いでしょう。

両サイドで三編みにすると「おさげ」と呼ばれる髪型になります

ハーフアップのヘアアレンジ

アップスタイルほどではないものの、ハーフアップにも種類があります。

おろしている髪があることから、割と日常的に使えるようなアレンジが多いのが特徴で、髪の長さに関わらず出来るアレンジも多いです。

ハーフアップ

定番のハーフアップは、上でアレンジしたものを頭の真後ろ部分から流していくスタイルです。

アレンジでまとめる部分が変わると雰囲気も全然違い、まとめる部分が少ないと幼い印象に、逆にまとめる部分が多く降ろす髪が少ないと大人っぽくドレッシーな印象になります。

ハーフサイド

ハーフアップのアレンジを、頭の左右どちらかのサイドで行うスタイルです。

フロントハーフアップが大人っぽい印象なら、こちらは可愛らしさが少し強くなります。

アレンジのボリュームもサイドから少し見えるので華やかさもあります。

編みおろし

髪の毛全体を編み込んで、最終的に下の方で結んだ状態の髪型をいいます。

髪の毛全体を編んでいるのでボリューミーですが、最後は結んだ状態なので広がらずまとまりのあるスタイルです。

一人でアレンジするのはとても難しいので、やってもらうのがおすすめです。

ダウンスタイルのヘアアレンジ

ダウンスタイルは何でアレンジするかと言うと髪の毛の巻き方です。

大きくわけて3つに分かれる巻き方をご紹介します。

内巻き

毛先が顔の方にミュいている巻き方を内巻きといいます。

頭全体のボリューム落ち着いてコンパクトな印象を与える髪型です。

外巻き

内巻きとは逆に、毛先が外側に向いている髪型です。

毛先にボリュームが出て、元気で活発な印象になります。

ミックス巻き

内巻きと外巻きを交互に合わせt髪型です。

抜け感があっておしゃれな大人の女性という印象が強く、こちらもどの髪型でも似合います。

ヘアアレンジに欠かせない、スタイリング剤の名前

ヘアスタイルを作る上でスタイリング剤は欠かせません。

しかし、スタイリング剤は種類が多く、どのアレンジのときはどのスタイリング剤を使ったら良いのかはわかりにくいもの。

そこで、スタイリング剤の種類とその効果をご紹介します。

ヘアワックスは髪の毛に動きを出すもの

ワックスは髪の毛を固めるものではなく、髪の毛に動きを出すものです。

巻き髪やポニーテールなどに使うとよりヘアスタイルに流れが出てきれいに見るのでおすすめです。

初心者は付けずぎてしまいがちなので気をつけましょう。

ヘアクリーム

髪の毛のパサつきを抑えて髪の毛全体をなじませたいならヘアクリームがおすすめです。
しっとりしていて馴染みやすいので、スタイリング剤初心者の人でも使いやすいという簡単さがあります。

ヘアムース

巻き髪やパーマが伸びてしまわないよう形をセットするときに使うのがヘアムースです。
少しゆるくなってしまったパーマも復活しますし、持久力があるので一日中スタイリングが崩れないというメリットがあります。

ヘアジェル

ヘアジェルは髪を固めるときに使うものです。

セット力が高いので、ロングヘアのアップスタイルで絶対に崩したくないようなシーンにおすすめです。

普段は使わないけど風の強い日に使う、という人もいます。

ヘアスプレー

ヘアスプレーは、セットが完了した髪が崩れないようにロックする役割を持っています。

付けすぎると髪の毛がパリパリになるので少し違和感がありますが、どんなヘアスタイルにも使えて仕上げ剤としては万能です。