冬の結婚式が寒すぎるならコートの中に着込む方法とコートマナー

冬の結婚式のお呼ばれで困るのがコートやドレスのことではないでしょうか。
会場内の寒さの心配はいりませんが、会場までの移動の時間が寒さとのたたかいになるでしょう。

コートを着てもコートの中パーティードレスは薄手の素材が多く寒いと感じることもあります。普段のコートではちょっと場違いですし、薄手のコートしか持っていないという場合だってあります。

そんな場合の対策方法を紹介します。
コートの中に温かい物を着ていく防寒対策です。カーディガンなどをコートの中に着込み、クロークにコートと一緒に預かってもらいましょう。

また着ていくコートをタイトな物にすると寒さを和らげることも出来ます。結婚式のふさわしいコートの選び方と、コートのマナーや冬の結婚式におすすめなパーティードレスについても紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女子のアウトドアの服装、夏にはどんなものがあるのか

女子が夏におしゃれなアウトドアの服装をしようと思った時、ただ半袖の涼しい服を着るだけでは満足とは言え...

女性がデートに行く時におすすめな服装についてご紹介

女性がお付き合いした男性とデートに行くなら、どのような服装が良いのでしょうか。可愛い系が良いのか...

式典や祝賀会に出席する時の女性の服装選びとマナー

式典や祝賀会などのあらたまった席には、どのような服装をしていけば良いのかと悩む方は多いと思います。...

アクリル素材のニットが向いている季節と洗濯する場合の注意点

ウール素材のニットよりもお手頃価格で購入できるアクリル素材のニット。しかし、いつまで着ることができる...

結婚式で青いドレスを着るときの靴はこの色がおすすめ

結婚式にお呼ばれされたときに、青いドレスを着る予定だけれどどんな靴にすればいいのかわからない!...

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

30代におすすめな服装、冬ならこんな着こなしを

ファッションを上手に着こなすには、自分の容姿や年齢、その時の季節やシチュエーションにも気遣わなくては...

式典での服装とは?主催者側が気をつけるポイントを紹介

式典で主催者側として出席するときの服装はどのようなものでなければいけないのでしょうか?男性の...

モード系で髪型がロングなら、どんなアレンジが良いか

ファッションのジャンルの中でも大人っぽくておしゃれなモード系は人気のファッションですよね。服装を...

卒業式の服装【50代母親】選び方のポイントとマナーを解説

子供の卒業式に出席する時、どのような服装で出席しようか悩むこともあります。母親としてふさわしい格好で...

肩幅が広い女子におすすめの服装デザイン・アウターの選び方

肩幅が広いことでお悩みの女子は、どうにかしてそのコンプレックスをカバーしたいと考えますよね。華奢な装...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。...

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。紫は、大人な印...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

30代向けの服装でママもおしゃれを楽しむ!コーデのコツを紹介

30代になると服装もママらしい服装にしなければと考える人もいるかもしれません。でも、ママだってお...

スポンサーリンク

冬の結婚式のコートのマナーや扱い方

冬の結婚式でも、ウェディングドレスを着る花嫁さんやドレスアップしたゲストのために結婚式会場はかなり暖かめに調節してあります。

しかし会場に着くまでの移動は寒いので、コートや上着は必須ですよね。クロークがある結婚式会場なら、着いたら脱いで預けるためそこまで気にすることはないと思いがちですが、結婚式に着ていくコートにもマナーはあります。

また教会だとクロークを用意していないところもあり、その場合は建物に入る前に脱いでおきますが、チャペルが外にあってコートを着たままの参列になることもしばしばあります。会場ロビーや出口でお見送りというパターンもあります。

コートのマナーをチェック

コートも白はNG

白は花嫁さんのための色。ドレス同様、コートの色も白は避けましょう。

ファーコートはNG

リアルファーはもちろんですが、フェイクファーであっても人から見ると見分けがつかないので、おすすめしません。ファーコートはゴージャスでドレスにもぴったりですが、結婚式参列の際は避けたほうがいいです。

カジュアル度の高いコートは避けたほうが無難

モッズコートやダウンコート、ダッフルコート、ニットコート、フリースジャケットなどはカジュアルさが高いので、結婚式参列の際はできれば避けましょう。ダウンコートはロング丈でウエストを絞れるようなものであれば綺麗に着こなせますが、もこもこしやすくフォーマルさに欠けるのであまりおすすめしません。

クロークがある会場の場合は、すぐ預けられるよう建物に入った時点で脱いでおきましょう。

冬の結婚式でコートの中に出来る防寒対策

冬の結婚式参列の場合、結婚式用のドレスにコートだけではどうしても寒いですよね。

冬の結婚式、防寒対策

カーディガンを着る

コートの下にカーディガンを羽織るという方法。会場に着いたらコートと一緒に預ければいいだけです。

インナーコートを着る

ダウンライナーなどのインナーコートを着る方法。薄手なのに暖かく、寒さをシャットアウトしてくれる優秀なアイテムです。コートからはみ出ないものを選びましょう。

手袋、マフラーをつける

肘下までたっぷりとある手袋や、マフラーで隙間風を防いで防寒をする方法です。地域にもよりますが、真冬でなければこの方法で十分な場合も。

冬の結婚式でコートの中に何も着たくないならコートの形にこだわる

冬の結婚式でも防寒対策ができて、かつドレスにあわせるのにおすすめなコートの形が、「フィット感が高くタイトなコート」です。

タイトなコートの印象とメリット

隙間風が入りにくい

体にフィットするコートなら、薄手のものでも隙間風が入りにくく保温性を高めてくれます。寒い冬にもぴったり。

フォーマルな雰囲気が出る

形状がかっちりしていてタイトなものはフォーマルな雰囲気が出るので、結婚式参列の際にも合いやすいです。チェスターコートや、ウエストをリボンやベルトで絞れるコートがおすすめです。

冬の結婚式にふさわしいフォーマルコート

冬の結婚式に合うコート

ウールやカシミヤ素材のもの

高級感のある素材はドレスに合わせやすく、結婚式にぴったりです。保温性も高いので防寒対策もばっちり。丈の長いロングコートだとフォーマル感が出ます。

ベージュ、グレー、ブラックなど色味を抑えたもの

ベージュやグレーなどの色味を抑えたコートは、地味すぎず派手すぎない印象で結婚式の時にもぴったりです。ブラックもフォーマル感があり、年代を問わず着ることができますが全身真っ黒になってしまうと地味な印象に。明るい色のブローチやストールなどで華やかさをプラスするようにしましょう。

冬の結婚式のコートの中のドレス選び

ドレスは季節感を意識して選ぶことが大事です。

生地や色味など、冬を意識したものを選ぶ

素材

冬に着用するドレスは、ハリがあるシャンタン素材か、厚手で温かみがあるベロア素材がおすすめ。ただ光沢感が強いものは夜のパーティー向けなので、昼の結婚式に参列する場合は要注意です。
レースやオーガンジーなど、透け感のあるドレスは夏向けなので、避けましょう。

冬らしい色使いを意識すると素敵です。「ワインレッド」「グリーン」「ピンク」「ブラウン」など、深みのある色がおすすめ。「黒」「ネイビー」は地味になりすぎないよう小物で華やかさをプラスしましょう。

羽織り

「長袖丈のボレロ」「ジャケット」がおすすめです。会場内は空調が効いているので、厚手のものや冬素材のものでなくても大丈夫です。ジャケットは地味な印象になりやすいので暗い色を選んだ場合はドレスを明るい色にしたり、コサージュやブローチで装飾をつけるのがおすすめ。ボレロもファー素材はマナーとしてNGです。カジュアルなパーティーではいいとされていますが、食事の際に毛が飛んでしまうようなものは避けましょう。