全身黒コーデ!おしゃれに決まるレディース黒コーデのポイント

全身黒コーデと聞くと、重い印象がありませんか?確かに上から下まで真っ黒だと、見た目も重くなってしまいます。

しかしちょっとしたポイントを抑えるだけで、全身黒コーデもおしゃれに着こなすことができるんです。

レディースの全身黒コーデに似合う差し色、肌の露出で出せる抜け感、また全身黒コーデの注意点についてもご紹介をいたします。無理をし過ぎず、まずは自分の使い慣れたアイテムを使って、全身黒コーデを完成させてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性がデートに行く時におすすめな服装についてご紹介

女性がお付き合いした男性とデートに行くなら、どのような服装が良いのでしょうか。可愛い系が良いのか...

女性の服装の中で、夏にふさわしいものについて知りたい

女性は服装のバリエーションが多く、夏に着るものだけでも数多くあります。しかし、その場面に合ったも...

同窓会のコーデ特集!20代におすすめと会場に合わせたコーデ

20代になってから初めて来た同窓会の案内。会いたい人がいる、あの人は来るのかしら?など気になりますが...

女性におすすめなあったか服装!冬のデートのコーデポイント

男性は女性にどんな服装で冬のデートに来てほしいと思っているのでしょうか?冬は、防寒を優先して...

結婚式にお呼ばれしたときのネイルマナーとおすすめカラー

結婚式にお呼ばれしたときのネイルには、どのようなマナーがあるのでしょうか?ドレスは花嫁と被らないよう...

モテるファッションを取り入れて、女子力をアップさせよう

モテる人は、顔が可愛いだけではありません。ファッションも男性が好むポイントをしっかり押さえている...

結婚式で青いドレスを着るときの靴はこの色がおすすめ

結婚式にお呼ばれされたときに、青いドレスを着る予定だけれどどんな靴にすればいいのかわからない!...

女子の服装ジャンル・おしゃれなアイテムでコーディネート

世の中には色々なジャンル服装があります。おしゃれな女子たちを見て、自分もその人達のようにファッション...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか?セ...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び...

男性着物の着付け方を簡単に解説!着付けのポイントもご紹介

男性の着物の着付けは女性よりも難易度が低いので、ポイントさえ押さえれば難なく着付けることができます。...

メガネファッション【50代】大人の女性の魅力を引き出す選び方

50代の女性の中には、メガネをかけることで老けた印象になることにお悩みの人もいるのではないでしょうか...

メガネ種類はたくさん!フレームから自分に合ったメガネを探そう

メガネ店に行くと、様々な種類のフレームが所狭しと並んでいます。いざメガネを購入しようと思っても、どれ...

祝賀会の服装で平服と言われたときにおすすめな女性コーデ

祝賀会の服装は平服でお越しくださいと言われたときにはどのような洋服で行けばいいのでしょうか?...

スポンサーリンク

レディースの全身黒コーデ!ポイントは差し色

シックな装いができる黒い洋服は人気のアイテムです。

汚れが目立ちにくいので気軽に着ることもできますし、ほっそりと見えるのも嬉しいですよね。他の色とも相性が良いので、コーデがしやすい色でもあります。

全身黒のコーデが好きという人も多いでしょう。

シンプルで大人っぽく見えたり、個性的に見せることもできます。

ですが、全身黒だと暗く重たく見えてしまうことが気になる場合もありますよね。

全身黒コーデで重くなりすぎないためには、差し色がポイント

黒に明るめの色をプラスすることで全身が暗くなりすぎず、差し色が丁度よいアクセントとなります。

差し色は上着などでプラスすることもできますが、バッグやアクセサリー、スカーフなどでさりげなく取り入れるのがおすすめです。

全身黒コーデのまま、簡単に好みの色をアクセントとして取り入れることができます。

レディースの全身黒コーデに映える差し色について

黒は合わせやすい色でもあるので、差し色には好きな色を選ぶことができます。

白を合わせるとパリッとしたモノトーンのコーデ

黒に白ではコントラストが強くなりすぎると感じるのなら、白の部分を少なめに見せると落ち着きます。白のTシャツなど、インナーに白を取り入れて胸元からさりげなく白を見せることで、爽やかさを出すこともできます。

黒にベージュの組み合わせは大人っぽい落ち着いたコーデ

黒のブラウスとタイトスカート、黒のワンピースなどエレガントさがある着こなしのときには、ベージュのコートを着たり、ベージュのスカーフなどで品のあるコーデをしてみてください。

グレーやシルバーは大人っぽく落ち着いたイメージ、全身黒コーデがスタイリッシュに

黒とグレーはシックで相性も良いですが、物足りなく感じるときはシルバーを選ぶと良いでしょう。全身黒コーデの中にも華やかさをプラスすることができます。

全身黒コーデ差し色のポイント

原色を2色以上使うとうるさい印象になってしまいます。

はっきりとした色を選ぶとモダンで個性的なイメージになります。赤や青、緑、黄色などの色を合わせる場合は、どれか1色だけを選んでください。

明るく見せたい場合は淡い色が良いでしょう。薄いピンクをさりげなく取り入れることで、全身黒コーデでも重たくなりすぎず、全身黒コーデでも軽さを出すことができます。

全身黒コーデは差し色がポイントになるので、差し色次第でイメージを変えて楽しむことができます。

レディースの全身黒コーデ!重たくなりすぎないためのポイント

全身黒コーデは見た目が暗く重たくなることが心配になりますよね。黒が好きな人なら黒い洋服も多くなり、トップスもボトムも黒という場合も多くなりがちです。いつも黒い洋服ばかりだと、毎日同じような感じになるのも気になりますよね。

黒ばかりではなく、柄物もコーデに取り入れる事

ベースが黒でも柄があるだけでイメージが変わり、軽さを出すこともできます。
黒の部分が多めで、小さな柄などが入っているものなら取り入れやすくなります。全体的には黒っぽい感じですが、黒一色よりも軽い感じがします。

黒のブラウスと黒のパンツのコーデのアレンジ

トップスを水玉のブラウスに変え、パンプスやサンダルを合わせて素足を見せることで重くなりすぎるのを防ぐことができます。

夏なら黒と白のボーダーもおすすめ

夏の全身黒コーデは重たく感じるばかりか、暑苦しいイメージもあります。トップスに黒と白のボーダーを合わせることで夏らしい雰囲気になり、全身黒コーデよりも涼しげに見せることができます。

全身黒コーデは適度に肌を見せることもおすすめ

黒のカットソーにブラックデニムといったコーデの場合なら、カットソーの袖をまくって腕を出したり、足元にはパンプスを合わせあり、デニムの裾をロールアップするのも良いでしょう。
春夏なら肩を見せるのも軽く見せるのに効果的です。シャツのボタンを開けて胸元を広めに見せたり、オフショルダーのセーターを選んだり、適度に肌を露出させると全身黒でも軽くなります。

秋冬に活躍する全身黒コーデのアイテム

秋冬の場合は肌を見せる着こなしができないため、更に重くなってしまいがちです。差し色を上手に使って、重くなりすぎないように気をつけてください。寒い時期はアウターなどにもダークカラーが多くなります。黒といってもいろいろな色味がありますので、全身黒コーデでも素材や質感で黒に違いを出すことができます。

秋冬はアウターやニットが活躍する季節

  • 黒のコートやブルゾンといったアウターにはマフラーやストールなどで差し色をプラスすることができます。
  • 黒いコートでも内側の生地が違う色だと、動いたときにちらっと他の色が見えることでアクセントになります。
  • 黒いコートでベルトの裏地が白というデザインなら、ベルトを結んで動きを出すことで良い差し色となります。

秋冬なら差し色も季節に合わせた色を選ぶことで、全身黒コーデに季節感のある装いが可能

秋をイメーずするカーキを選んだり、パープルやモスグリーンなど、他の季節ではあまり取り入れない色を差し色にして楽しんでみてください。

黒のニットならボトムには素材の違う黒を合わせることで、全身黒コーデに変化をつけることができます。秋冬はレザーの洋服も活躍する季節です。黒のニットに黒のレザースカートを合わせると、黒一色でも素材感によってイメージが違ってきます。

全身黒コーデをする際の注意点

黒のアイテムが好きな人なら全身黒でまとめたくなりますが、全身黒コーデは印象が悪くなる場合もありますので注意が必要です。
全身黒だと重く見えてしまうため、どこか垢抜けない野暮ったさが感じれてしまいます。

淡白な顔立ちの人の場合は黒の印象が強すぎて顔がぼやけて見えてしまう可能性もあります。またビジュアル感が強く個性的になりすぎることで敬遠されてしまう可能性もあります。

全身黒コーデをする場合は、差し色や肌を見せるなど、軽さをだすようにすることが大切

特に夏の暑い日に全身黒コーデは見ているだけで暑苦しく感じてしまいます。タンクトップや七分丈パンツなど、適度に肌を見せるようにしましょう。

黒はシンプルな色ですが、デザイン性の高いアイテムだと個性的な感じを強く出しすぎてしまいます。

全身黒でまとめる時は、シンプルなデザインがおすすめ

黒のデニムやスキニーパンツ、黒のカットソーやシャツなど、一般的なデザインのものだとさりげない黒コーデができます。

黒はゴミやホコリが目立ちやすい色でもあります。粘着テープや洋服ブラシでこまめに生地のゴミなどを取り除いてください。

また、何度も着た黒の洋服は色が抜けて古びた感じが出てしまいます。洗濯方法や保管方法も気をつけ、着用後のケアも忘れずに行いましょう。