服の生地素材の特徴とは?季節に適した素材を選びましょう

服の生地の素材はどんなものがあるのでしょうか?着心地や暖かさなど、生地の素材によって大きく異なるので服を作るときにはぜひ参考にしてみてください。

季節に合った生地素材を紹介します。

もちろん、人によっては夏の素材が一番肌に馴染むなどもあるでしょう。そんなときには、肌に触れる素材は心地よいものを選ぶのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。紫は、大人な印...

同窓会の服装【20代】女性がオシャレに・素敵に見える服装

高校や大学のクラスの同窓会がある時、どんな服装で出席しようか悩む20代女性は多いものです。久...

アクリル素材のニットが向いている季節と洗濯する場合の注意点

ウール素材のニットよりもお手頃価格で購入できるアクリル素材のニット。しかし、いつまで着ることができる...

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。...

祝賀会の服装で平服と言われたときにおすすめな女性コーデ

祝賀会の服装は平服でお越しくださいと言われたときにはどのような洋服で行けばいいのでしょうか?...

上着の肩掛けを落ちないようにするポイントやコツを紹介

上着の肩掛けをしたときに落ちないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?上着の肩掛け、なん...

婚活中の女性必見!20代・30代の女性におすすめの服装

素敵な男性と知り合うために、婚活をしている女性もいますよね。婚活パーティーや婚活イベントに出席すると...

女子の服装ジャンル・おしゃれなアイテムでコーディネート

世の中には色々なジャンル服装があります。おしゃれな女子たちを見て、自分もその人達のようにファッション...

ワンピースの服を着こなすなら、10代場合どんなコーデが良い

洋服の中でもワンピースは、女性らしさを出せる服なので、幅広い年代の人達から愛されています。しかし...

社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社...

30代におすすめな服装、冬ならこんな着こなしを

ファッションを上手に着こなすには、自分の容姿や年齢、その時の季節やシチュエーションにも気遣わなくては...

30代向けの服装でママもおしゃれを楽しむ!コーデのコツを紹介

30代になると服装もママらしい服装にしなければと考える人もいるかもしれません。でも、ママだってお...

大人女子が着たい服装。冬のコーデや定番アイテムの選び方

女子の冬の服装選びで困るのが、アウターに何を着ようかという悩みがあると思います。コートやダウンジャケ...

同窓会のコーデ特集!20代におすすめと会場に合わせたコーデ

20代になってから初めて来た同窓会の案内。会いたい人がいる、あの人は来るのかしら?など気になりますが...

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

スポンサーリンク

服の生地素材は大きく分けると2種類

生地には天然繊維と化学繊維の2種類があります。

天然繊維は天然素材を原料にして作られている生地で、一方の化学繊維には天然繊維を薬品処理をして作られた再生繊維や、石油やプラスチックから作られる合成繊維などがあります。

天然繊維

主な素材に綿や麻、絹、毛などがあります。綿は衣料に最も多く使われている素材で、肌触りが良く吸湿性や通気性に優れています。Tシャツやブラウス、下着、タオルや寝具など幅広く使われています。
麻は涼しさが特徴なので春夏物に多く使われている素材で、毛は保温性が高いので秋冬物に向いている素材になります。毛にはウールやカシミヤ、アンゴラなどの種類があり、最もよく使われているウールは羊毛のことをさします。
絹は蚕の繭から取ったもので、滑らかで光沢のある生地は高級感がありますが、非常にデリケートな素材なので扱いが難しくなります。

化学繊維

化学繊維には天然繊維を原料としている再生繊維、石油を原料にしている合成繊維などがあります。天然繊維に比べると価格も低く、人工的に作られているので丈夫で扱いやすいものが特徴です。天然繊維と混紡させて使われることも多く、天然繊維の弱い点を化学繊維で補うことで扱いやすい素材になっています。
化学繊維の中でも最も多く使われているのがポリエステルです。綿と混紡していることも多く、スカートやシャツ、カットソーなどの衣類の他、バッグやアウトドア製品など様々なものに使われています。ひとつは持っているという人も多いでしょう。
アクリルはウールに似た素材で、レーヨンはシルクに似せて作られた素材です。それぞれ天然繊維に比べると扱いやすく丈夫な素材になっています。

春におすすめな服の生地素材

春に向いている生地は、まだ肌寒い日にも対応でき、夏に向けても着ることができるものがおすすめです。

レーヨンは絹に似せて作られた化学繊維で、滑らかで光沢のあるのが特徴の生地です。薄めで軽さもあるので、春におすすめの生地です。生地の柔らかさも春の印象にぴったりです。

綿素材はオールシーズンで使うことができますが、春は特にデニムがおすすめです。デニム生地は綿の中でも厚みがあるので、ちょっと肌寒さが残る春でも快適に着ることができる素材です。デニムは羽織ものとしても活躍します。

春の軽やかさにはシフォン生地もおすすめです、シフォンはとても軽く通気性に優れていて、半透明な生地です。他の生地と合わせることで春らしい着こなしになります。スカートなどの衣類の他に、ストールとして使っても春らしい感じを出すことができます。

服の生地素材で夏に向いているのはコレ

夏は汗をかくことが多い季節ですので、通気性や吸湿性に優れている生地を選ぶと良いでしょう。

特に綿素材はTシャツやブラウスを始め、スカートやパンツなど全てのアイテムにおすすめの生地です。綿は丈夫なので汗をかいても気軽に洗濯をすることができ、シワになりやすいですが熱にも強いのでアイロンを使うことができます。

麻も夏に大活躍の素材です。通気性が非常に良いので涼しく、吸湿性や吸水性も素材の中ではトップクラスなので汗をかいてもさらっとしています。麻は生地にハリがあるものから柔らかいものまでありますので、アイテムによって使い分けると良いです。

ユーカリを原料とした再生繊維のリヨセルも夏におすすめの生地です。リヨセルはテンセルとも呼ばれ、とても丈夫で強い生地で、濡れても強度が変わりません。独特な風合いが特徴の生地です。リヨセルは摩擦に弱いため、洗濯をするときには注意が必要です。

秋服の生地素材は軽いものがおすすめ

秋用の生地には保温性のある毛がおすすめです。まだ暖かい日があることから、毛を使った素材でも薄めのものを選ぶと良いでしょう。

カシミヤはカシミヤ山羊の毛を原料にした素材で、柔らかくて着心地が良く、高級感もある素材です。軽さもあるので、秋に羽織るカーディガンや薄手のセーターなどいろいろなアイテムに使われています。1枚合わせるだけで上品なコーディネートに仕上がります。

アクリルはウールによく似た化学繊維で、暖かみがありふわっとしているのも特徴です。ニットの定番の素材ですが、肌着などにも使われています。ウールなどの天然繊維は洗濯で縮んでしまったりと扱いが難しい面もありますが、アクリルは縮みにくく型崩れもしにくいので扱いが簡単いなります。

木材から作られるモダールはオールシーズンで使うことができる便利な素材です。シルクに似た風合いが特徴で、軽く滑らかな生地で高級感があります。シワになりにくく洗濯もできるので、気軽に取り入れたい素材のひとつです。

冬服の生地は保温性の高いものを選びましょう

寒さが厳しい冬の生地は、保温性を重視して選ぶようにしましょう。

ウールなどの毛や、ニットによく使われているアクリルなどは保温性に優れているので温かく、ふんわりとした見た目は冬らしさがありおすすめです。

冬物のコートの定番なのがメルトンという生地です。生地は保温性に優れていて、厚みと重さもあります。ダッフルコートやPコートによく使われている生地です。

ツイードも冬ならではの生地でしょう。ツイードはイギリスの毛織物のひとつで、羊毛を使用しているため保温性が高く、生地は厚手で耐久性にも優れています。冬の生地には起毛しているものが多いですが、ツイードは起毛がなく上品さがあります。ツイードの中でもハリスツイードは最も品質が良く、発色も素晴らしく人気の高い生地です。

ナイロンはスポーツウェアにもよく使われている生地ですが、薄くて軽い生地ですが防寒性もあり、一年中使うことができる素材です。扱いも簡単なので非常に重宝する素材です。

素材の中にはナイロンやポリエステル、綿、シルクのように通年で使うことができるものも多くあります。秋冬は温かみのある素材と合わせることで季節に合った着こなしを楽しむこともできます。
天然繊維は肌に優しく着心地も良いですが、化学繊維は丈夫で扱いが簡単というメリットがあります。服の生地の素材にはいろいろありますが、季節に合わせて選ぶこともファッションの楽しみ方のひとつです。