祝賀会の服装で平服と言われたときにおすすめな女性コーデ

祝賀会の服装は平服でお越しくださいと言われたときにはどのような洋服で行けばいいのでしょうか?

平服でと書かれているけれど、ちょうど良い服装とは?女性の場合は、このような服であれば失礼にあたらずなおかつ品があっておすすめとなります。

では、どのような服だと失礼にあたってしまうのでしょうか?祝賀会にゲストとして出席するときにふさわしい服装について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女子のアウトドアの服装、夏にはどんなものがあるのか

女子が夏におしゃれなアウトドアの服装をしようと思った時、ただ半袖の涼しい服を着るだけでは満足とは言え...

社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。 赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。 ...

女子が着る服装の系統にはどういったものがあるのか

ファッションで着るものの種類は数多くありますが、中でも女子が着る服装の系統にはどういったものがあるの...

服の上からでもOK?胸囲の測り方や女性の下着選びについて

この頃下着のつけ心地が悪い。そう感じることありませんか?それは下着が体に合っていないサインかも知れま...

ショートのヘアセットはこうすればOK!浴衣に似合うセット方法

浴衣を着るときにはショートの場合、どのようなヘアセットにしたらいいのでしょうか?せっかくだからいつも...

大人女子が着たい服装。冬のコーデや定番アイテムの選び方

女子の冬の服装選びで困るのが、アウターに何を着ようかという悩みがあると思います。コートやダウンジャケ...

サングラスで運転用に適しているのは?女性に似合うサングラス

女性が運転用のサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 眩しいか...

男性へのプレゼント【マフラー編】選び方のポイントとオススメ

男性へプレゼントとしてマフラーを贈りたいと考えたとき、どんな物を選んだらいいのかわからないという人も...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。 ...

30代の女性の服装は、カジュアルを取り入れよう

10代や20代の時は、それに合わせた若い服を着ていたと思いますが、30代になると、服装の雰囲気を変え...

30代の服装【同窓会】女性が素敵に見える同窓会ファッション

30代の女性は出産などを経験して若い頃よりも体型の変化を感じる年頃です。そんな年代の女性が同窓会に行...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

シースルーの服を着る時のインナーとは?合わせ方を紹介

シースルーの服を着るときには何色のインナーを着ればいいのでしょうか?もともとシースルーのブラウスにイ...

スポンサーリンク

祝賀会の服装を平服でと書かれていたら

結婚式などのようにフォーマルな場であれば、ドレスやワンピースで着飾っていくのが定番ですが、祝賀会ともなるとそう簡単にはいかないものです。しかも平服でと指定されたとなると、果たしてどのような服装がふさわしいのかと、頭を悩ませることにもなりかねませんよね。ここでは、平服の定義や祝賀会にふさわしい服装について、わかりやすくお伝えしていきたいと思います。

平服という言葉の裏にあるもの

普段の生活の中で、「平服」という言葉を使う場面はまずありませんよね。

平たい服?普段どおりの服ということ?

と、勘違いしてしまう人がいたとしても、ムリはないかと思います。

平服という言葉自体、本来は普段着という意味で使われるのですが、祝賀会のような場においての平服とは、どんな服装でもOKという意味ではありません。

噛み砕いて言うならば、「正装まではしなくても良い」というところ

結婚式のように完全なフォーマルスタイルとはいかないまでも、ある程度ピシッとしたキレイめファッションがふさわしい場ということになります。

男性の場合はスーツにネクタイは必須、女性に関しても上品なワンピースやスーツで行くのが正解でしょう。

祝賀会の服装(平服)で迷ったときはコレ

はじめて祝賀会に参加されるのでしたら、そもそも祝賀会の雰囲気がわからないですよね。当日までに少し時間がある場合は、祝賀会に参加経験がある人に、どんな感じの服装で出席したのかをリサーチしてみるのもひとつの手です。

祝賀会と言えども、たとえば自分の会社が主催者側であるとか、自分は招待を受ける立場であるかによっても、服装は若干違ってきますが、祝賀会までの時間があまりなくて、周囲の人から情報を得られなかった場合は、どんなケースでも対応可能な服装をしていくのが無難でしょう。

平服用にひとつ持っていると便利なアンサンブルスーツ

アンサンブルスーツとは、ワンピースと上着がセットになっているスーツのことです。

平服選びに悩んだ時は、お子さんのいらっしゃる方であれば、入学式や卒業式に着る洋服を使い回すことができますが、未婚の女性でしたらグレーや紺色といった上品なタイプをひとつ用意しておくと良いかと思います。

地味めな色味であっても、アクセサリー次第で華やかな印象にもなりますし、スーツだと少しカッチリしすぎて浮いてしまうようでしたら、上着を脱いでワンピースのみで着ることもできます。

ただし、ワンピースのみで着ることも想定して、できれば袖ありのワンピースを選ぶことを強くおすすめします。

祝賀会の服装で喜ばれるのは着物

祝賀会のようなおめでたい席では、着物姿の女性も時折目にしますが、ゲストに対して平服との指定がある場合においては、選ぶ着物によっては場にそぐわないことも。ここでは、ドレスコードにふさわしい着物の選び方について触れてみたいと思います。

平服にあたる着物とは

結婚式のゲストで見かけることもある振り袖ですが、こちらは平服にはあたりません。とくに服装の指定がなければぜひ振り袖を着用していただきたいところですが、あくまでも平服でと指定されているのであれば、たとえ未婚女性であっても、一つ紋の付下げや小紋柄などを着用するのがベストでしょう。

自分が主役にならないように

祝賀会にゲストとして招かれる以上は、主役よりも目立つのはご法度です。着物は種類によって格がありますので、あくまでも主役より格上の着物を身に着けないようにするのが基本です。

祝賀会の平服としてふさわしくないもの

いくら平服でとは言え、女性が祝賀会用の洋服を選ぶ際には、きちんと感を重要視する必要があります。その中でも思った以上に見た目の印象を左右するのが、露出度の高さです。

結婚式などでは、若い女性ゲストが膝上丈の袖なしワンピースやドレスを着ているのを目にすることがありますが、本来フォーマルな場においてはあまりふさわしい格好とは言えません。ましてや華やかな中にも上品さが求められる祝賀会の場においても、それは同じことが言えるでしょう。

祝賀会に適した服装のポイント

華やかながらも上品なトーンでまとめる

椅子に腰掛けた時に膝が覗かないように、スカートの丈感は膝が隠れる程度が良いでしょう。袖なしワンピースであれば、上着やボレロなどを羽織って肩を隠します。
また、足元もサンダルなどのつま先が見える靴ではなく、きちんと踵のあるタイプを選びましょう。

就活スーツは失礼?
キレイめの服装と言われても、就活用やビジネススーツしか持っていないという方もいますよね。たしかにスーツはきちんとした印象がありますが、祝賀会のような場では少々かっちりしすぎることも。
上着の中に合わせるブラウスをフリル付きにしたり、アクセサリーで顔周りを華やかにすることで、平服寄りにするのはいかがでしょうか?

祝賀会の服装に合わせた髪型にしましょう

艶のある長い髪の女性は魅力的ですが、祝賀会のような場においては、顔にかからないようにまとめるべきとされています。可能であれば、服装に合わせてアップにしていくか、顔に直接髪がかからないようにすると良いかと思います。

気付かぬうちにマナー違反となることも

会場では、出席者と挨拶を交わすたびに髪が顔を塞ぎ、そのたびに指でかきあげる仕草をすることになりますよね。本人は無意識だったとしても、周囲から見ると何度も髪に触れるのは、見ていてあまり気持ちの良いものではありません。

さらに食事中も髪を片手で抑えながら、食事のとりわけなどをされると、中には不愉快になる方もいるかもしれません。なるべく祝賀会の最中に髪に触れる機会が少なくなるように、服装だけでなく髪型にも注意を払いたいところです。

平服の意味さえ理解していれば、祝賀会にも気負わずに楽しく参加することができるかと思いますので、ご参考まで。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688