式典での服装とは?主催者側が気をつけるポイントを紹介

式典で主催者側として出席するときの服装はどのようなものでなければいけないのでしょうか?

男性の場合は、スーツが一般的ですが女性の場合はリクルートスーツというわけにはいきませんよね。

目立ちすぎても地味過ぎてもいけない主催者側の服装は、バランスが難しいと言えるでしょう。迷ったときには、この服装にしておくと失礼にあたらずおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び...

女子の服装ジャンル・おしゃれなアイテムでコーディネート

世の中には色々なジャンル服装があります。おしゃれな女子たちを見て、自分もその人達のようにファッション...

上着の肩掛けを落ちないようにするポイントやコツを紹介

上着の肩掛けをしたときに落ちないようにするにはどうしたらいいのでしょうか? 上着の肩掛け、なん...

冬の結婚式が寒すぎるならコートの中に着込む方法とコートマナー

冬の結婚式のお呼ばれで困るのがコートやドレスのことではないでしょうか。 会場内の寒さの心配はいりま...

女性がデートに行く時におすすめな服装についてご紹介

女性がお付き合いした男性とデートに行くなら、どのような服装が良いのでしょうか。 可愛い系が良いのか...

同窓会の服装は会場に合わせて選ぶ!20代後半女性に似合う服

同窓会の案内が来て、出席の返事を出した後に、まず頭をよぎるのが「どんな服装で行けば良いんだろう」とい...

イギリスの結婚式にゲストで参列する時の服装ポイントと注意点

イギリスの結婚式にゲストとして参列する場合、日本と同じような考えで服装を選んではいけません。イギリス...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。 ...

ワンピースの服を着こなすなら、10代場合どんなコーデが良い

洋服の中でもワンピースは、女性らしさを出せる服なので、幅広い年代の人達から愛されています。 しかし...

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。 ...

高校生でも卒業パーティー?ドレスを着用する沖縄の謝恩会

高校の卒業式が終わったら、生徒や先生、親も謝恩会に行く場合がありますが。沖縄では少し違うようです。ド...

お宮参りの服装【兄弟編】選び方のポイントやおすすめを紹介

お宮参りでは赤ちゃんの服装はもちろん、同行する兄弟の服装にも悩みます。 主役は赤ちゃんだからと言っ...

肩幅が広い女子におすすめの服装デザイン・アウターの選び方

肩幅が広いことでお悩みの女子は、どうにかしてそのコンプレックスをカバーしたいと考えますよね。華奢な装...

アクリル素材のニットが向いている季節と洗濯する場合の注意点

ウール素材のニットよりもお手頃価格で購入できるアクリル素材のニット。しかし、いつまで着ることができる...

女性の服装の中で、夏にふさわしいものについて知りたい

女性は服装のバリエーションが多く、夏に着るものだけでも数多くあります。 しかし、その場面に合ったも...

スポンサーリンク

式典で主催者側として出席する時の服装について

会社の式典の係を任されたとき、その式典には主催者として参加することになります。大切な仕事のひとつですが、普段の業務内容とは違いますので戸惑うこともありますよね。まずは服装について悩むのではないでしょうか。ちょっとしたパーティや結婚式などは招待されて出席した経験はあっても、主催者側としては初めてということも多いと思います。

式典の主催者は招待客をもてなす立場

そのため服装も失礼のないキチンとした格好をする必要があります。

式典の主催者側の服装は準正装をするのがマナー

式典にドレスコードがあり、正装となっている場合は正装をしてください。それ以外なら準正装で大丈夫です。

もてなす立場を意識した服装を選ぶと良いでしょう。式典はお祝いの場でもありますが、派手な色柄や個性的なデザインの服装は良くありません。

招待客よりも目立つような服装は避け、会社の顔となるようなキチンとした印象がある服装を選び、華やかさをプラスすると良いでしょう。

式典の主催者としての女性の服装でおすすめなのはコレ

式典に着る洋服を新しく用意する場合もありますよね。式典はそう頻繁にあるわけではないので、これを機会にセレモニースーツを用意したいと考えている人もいることでしょう。

式典の主催者側は準正装、華やかさのある服装が好ましい

フォーマルなスーツはあらたまった印象があるので安心できますが、堅くなりすぎないように気をつけましょう。あまりに地味にしてしまうとお葬式のイメージになってしまいます。

女性の準正装なら、ワンピースやアンサンブルスーツがおすすめ

ジャケットとスカートといったスーツの場合でも、タイトスカートよりはフレアースカート、細身のパンツよりはワイドパンツにすると華やかさを出すことができます。

おもてなしをする立場なので、黒や紺など大人しい色を選ぶと良いですが、お祝いの場なのでベージュや薄いピンクといった明るい色も素敵です。

女性らしさが感じられ、明るく華やかなイメージを意識すると選びやすくなります。

式典にホストとして出席するときの服装で気をつける事

式典で着る服装には、合わせる靴や装飾品などの小物にも気をつけてください。服装のマナーを守り、派手すぎないようにしてください。

フォーマルな服装をしたときは、薄手のベージュのストッキングを着用してください。寒い冬であっても厚いタイツは履かないようにしましょう。服装に合わせてストッキングも柄物やカラーのものなど華やかなデザインを身に着けたくなりますが、フォーマルにはベージュのストッキングがマナーになります。

黒のストッキングだとお葬式のイメージになりますので、特に黒のフォーマルウェアの場合は気をつけてください。

服装が地味に感じるときはアクセサリーを使う

上手に華やかさを出してください。フォーマルな服装にはパールのアクセサリーがよく合います。白や淡いピンク色をしたパールのネックレスやイヤリングがおすすめです。アクセサリーもたくさんつけすぎてしまうと派手になりすぎてしまいます。

フォーマルには控えめに感じるくらいがちょうど良い

それでも淋しいと感じるのなら、胸元にコサージュをつけると良いでしょう。

足元はヒールのあるパンプスを履くようにしましょう。冬でもブーツを履いてはいけません。家から式典会場までブーツやレインブーツを履いても、式典会場ではパンプスに履き替えるようにしてください。
ヒールは3~5センチ位がベストです。脚が一番キレイに見えるのは7センチのヒールと言われています。ヒールが高すぎても派手な印象になってしまいますので気をつけましょう。

主催者側の服装は時間帯やどんな式典かで判断しましょう

主催者側の服装は式典の種類や行われる時間帯にも気をつけて選んでください。

ドレスコードがある場合は、主催者側も従う

あまり地味な格好をしてしまったり、会社の式典だからといってビジネスを意識した服装にすると、会場の給仕係と間違えられてしまいます。派手な服装をして目立ちすぎるのも良くありません。立場をわきまえつつ、式典という場に相応しい服装を選んでください。

昼間に行われる式典の場合は、膝丈のワンピースやアンサンブルがおすすめ

ビジネススーツであってもブラウスや着こなしで華やかさをプラスしてください。セミフォーマルな服装をすると良いでしょう。

夜に開催される式典なら、昼間よりは華やかになる場合が多い

主催者側としてもスーツよりはワンピースを選んだ方が良いでしょう。派手になりすぎることがないよう気をつけてください。

式典会場でも主催者側としての仕事があります。仕事をこなせるような服装というのも大切なポイントのひとつです。

主催者側の服装がわからないときには上司や先輩に相談するのも◯

初めて式典なら、どのような服装をしたら良いのかわからないことも多いはずです。

式典も会社によって雰囲気も違う

服装もそのイメージに合わせることが重要になってきます。
同じ創立記念の式典でも、ある会社ではフォーマルな装い、違う会社ではビジネススーツということもあります。服装について悩んだら、会社の先輩や上司に相談するのが一番です。

上司や先輩なら、これまでに式典に参加した経験があるかもしれません。その時にどのような服装をしたのかを聞いたり、アドバイスをもらうと安心です。
周りがビジネススーツなのに一人だけ華やな服装をしていると場違いな感じがしてしまいます。また、フォーマルな服装の中にビジネススーツだと恥ずかしくなってしまいますよね。先輩や同僚にもどんな服装をするのかを確認し、周りに合わせた服装をするのが大切です。

式典の主催者の立場ということをわきまえながら、その式典に相応しい服装を上手に選んでください。服装にはマナーがありますので、アクセサリーや足元にも気をつけるようにしましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688