お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。
赤ちゃんの両親でも祖父母でもないし、普段着でもいいのでは?と思ってしまいがちですが、お祝いの場であることを認識しておくべきでしょう。
叔母として七五三のお祝いでお宮参りへ行く時の服装の選び方や注意点をよく読んで、失礼のない服装を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネファッション【50代】大人の女性の魅力を引き出す選び方

50代の女性の中には、メガネをかけることで老けた印象になることにお悩みの人もいるのではないでしょうか...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。...

サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び...

初デートでご飯に行く場合にぴったりな服装の選び方

彼氏、もしくは気になっている男性との初デートでご飯に行くことになったら、すごく嬉しいですよね。し...

婚活中の女性必見!20代・30代の女性におすすめの服装

素敵な男性と知り合うために、婚活をしている女性もいますよね。婚活パーティーや婚活イベントに出席すると...

女性の服装の中で、夏にふさわしいものについて知りたい

女性は服装のバリエーションが多く、夏に着るものだけでも数多くあります。しかし、その場面に合ったも...

30代の女性の服装は、カジュアルを取り入れよう

10代や20代の時は、それに合わせた若い服を着ていたと思いますが、30代になると、服装の雰囲気を変え...

肩幅が広い女子におすすめの服装デザイン・アウターの選び方

肩幅が広いことでお悩みの女子は、どうにかしてそのコンプレックスをカバーしたいと考えますよね。華奢な装...

男性はカラコンに気づかない?いえいえそんな事はありません

男性はカラコンをつけていても気づかない?カラコンをつけた姿を可愛いと言ってくれる彼氏。裸眼ではないこ...

結婚式にお呼ばれしたときのネイルマナーとおすすめカラー

結婚式にお呼ばれしたときのネイルには、どのようなマナーがあるのでしょうか?ドレスは花嫁と被らないよう...

服の上からでもOK?胸囲の測り方や女性の下着選びについて

この頃下着のつけ心地が悪い。そう感じることありませんか?それは下着が体に合っていないサインかも知れま...

30代の服装【同窓会】女性が素敵に見える同窓会ファッション

30代の女性は出産などを経験して若い頃よりも体型の変化を感じる年頃です。そんな年代の女性が同窓会に行...

女子が着る服装の系統にはどういったものがあるのか

ファッションで着るものの種類は数多くありますが、中でも女子が着る服装の系統にはどういったものがあるの...

高校生でも卒業パーティー?ドレスを着用する沖縄の謝恩会

高校の卒業式が終わったら、生徒や先生、親も謝恩会に行く場合がありますが。沖縄では少し違うようです。ド...

式典や祝賀会に出席する時の女性の服装選びとマナー

式典や祝賀会などのあらたまった席には、どのような服装をしていけば良いのかと悩む方は多いと思います。...

スポンサーリンク

叔母として七五三のお祝いでお宮参りへ行く時の服装の選び方

甥っ子や姪っ子のお宮参りに行くのは楽しみでもありますよね。かわいい甥や姪の大切な行事に一緒できるのは嬉しいことです。
ですが、いざ行くとなると困るのが服装です。両親でもないし祖父母でもないという立場ですから、正装をするとオーバーのような感じもしますし、だからといって普段着ではあんまりです。周りから浮いてしまうと居心地も悪いでしょう。どの程度の服装にしたら良いのかがわからなことと思います。

七五三の服装には正式な決まりなどはありません。ですが、神社で行われる行事ですから、神様に敬意を表す服装であることが望ましくなります。
七五三のような場面においては、両親など他の人たちは礼装をしていることがほとんどです。

叔母の立場であっても、お宮参りでは礼装又はそれに近い服装が良いでしょう。

フォーマルな服装やあらたまった服装をすると考えてください。

一緒に行く親族たちの服装と合わせることも大切です。最近では礼装までしないケースも多いようです。一緒に行く人たちがカジュアルな服装をしているのに、叔母だけが礼装をするのも気がひけますよね。一緒に行く人たちの服装に合わせることも大切です。いきなり礼装を用意するのではなく、お宮参りの前に服装についても相談しておくことをおすすめします。

叔母としてお宮参りに行くなら、スーツかワンピースの服装がおすすめ

姪っ子や甥っ子のお宮参りに行くときは礼装が基本になります。では実際にどのような服装が良いのかがわからない場合もありますよね。結婚式に着るような服装ではパーティーぽさがありすぎますし、お葬式っぽくなるのも避けたいところです。

叔母の服装は、両親や祖父母よりも格が上の服装は避けるようにしてください。

礼装よりは準礼装又はそれにあった服装が良いでしょう。

お宮参りの叔母の服装にはスーツ又はワンピースをおすすめします。

七五三の主役は当然ながら甥っ子や姪っ子になります。次いでその両親、祖父母となるので、叔母なら少し控えめなくらいでバランスが良くなります。主役たちよりも派手になりすぎないこと、目立ちすぎないように注意してください。

スーツやワンピースならキチンとした格好になりますし、目立ちすぎる心配もありません。仕事で使うようなスーツは堅くなりすぎますので、フレアースカートのスーツやワンピスなどを選び、少し華やかさを感じられる服装が良いでしょう。

個性的なデザインや派手な色柄だと品がなくなってしまう場合があります。ヒールの高い靴や派手なアクセサリーももちろん良くありません。周りが礼装をしているのですから、それを意識して服装を選んでください。

スーツもワンピースもない場合は?叔母としてお宮参りへ行く時の服装の注意点

甥っ子や姪っ子のお宮参りに行くのならスーツやワンピースがおすすめですが、スーツもワンピースも持っていないという人もいることでしょう。このような服はなにか機会がない限り用意することもありませんよね。

お宮参りに着ていく丁度よい服がないのなら、持っている服でキチンと見える服装をするようにしてください。カジュアルな洋服であっても、組み合わせや着こなしで周りとバランスが取れる服装にすることもできます。

トップスには襟がついたブラウスを選んでください。白いブラウス、又は白に近い淡い色や控えめなストライプなどでも大丈夫です。
ボトムはパンツでもスカートでも好きな方で大丈夫ですが、カジュアルになりすぎないことを意識して選んでください。パンツならフルレングスのものにします。アンクル丈は避けてください。スカートなら膝丈が良いでしょう。長めの丈でも良いですが、ふくらはぎまでとし、足首までくるロングスカートや膝上のミニスカートはよくありません。

日常着でもきちんとした印象の服装をしてください。アクセサリーもつけすぎじず、パールや控えめなデザインを選び、上品にしあげてください。

お宮参りの際は主役よりも控えめな服装を心掛けよう

お宮参りだからといって、主役よりも目立つ服装はしないようにしてください。七五三の主役はあくまでも甥っ子や姪っ子です。主役よりも目立つ服装にする必要はありません。また、甥っ子や姪っ子の両親、祖父母よりも控えめであることも大切です。叔母という立場を意識した服装を心がけてください。

礼装が必要でも、叔母が着物を着るのは避けてください。

甥っ子や姪っ子の両親、祖父母が洋服を着るのに叔母が着物を着てしまっては、主役の親と勘違いされてしまいます。両親や祖父母が着物を着る場合でも、叔母はスーツやワンピースが良いでしょう。着物を着るのなら、着物の格にも注意をしてください。着物には格があります。主役の両親や祖父母よりも格上の着物を着てはいけません。

叔母だからといって、カジュアルな服装も良くありません。

周りは礼装をしていますので、カジュアルすぎると場違いになってしまいます。一緒に行く人達と服装を合わせ、少し控えめなくらいがちょうど良くなります。

主役である甥っ子や姪っ子の他に小さな子どもが一緒に行く場合も考えられますよね。その場合は、その子どもたちも面倒をみることも考えてください。きちんとしつつも、少し動きやすい格好の方が良い場合もあります。

お宮参りの時期や作法についても知っておこう

お宮参りは赤ちゃんの成長を祈るための大切な行事です。七五三が有名ですが、初めてのお宮参りは生後1ヶ月の頃にあります。正式には男の子なら生後31日目、女の子なら生後32日目というしきたりがありますが、生後まもない日ですから、赤ちゃんと母親の体の都合などを考慮して日にちを選ぶと良いでしょう。寒さが厳しい冬なら春を待って暖かくなってからという人もいます。

七五三のお宮参りは、お子さんが3歳、5歳、7歳になるときにその成長を祝って行いますが、お子さんの性別によっても違いがあります。3歳の場合は男の子と女の子の両方、5歳は男の子のみ、7歳は女の子のみとなります。地域によっては男の子は5歳のみというところもあるようです。

七五三はかつては11月15日に行われていいましたが、最近では日にちにこだわらず、11月15日に近い土日に行われることが多いようです。

お宮参りで神社を訪れたら、鳥居をくぐる前に神社に向かって会釈をします。鳥居を抜けたら、まずは手水舎で身を浄めてください。
柄杓に水をくんだら、最初に左手から浄め、次に右手を浄めます。最後に左手の手のひらに水をため、その水を口に含んで口の中も浄めてください。

神殿の前ではます最初に鈴を鳴らます。神殿に向かって2回礼をし、2回手を叩きます。最後にもう一度神殿に向かって礼をしてください。

お宮参りの際は服装はもちろん、お参りの仕方にもマナーがありますので事前に調べておくと安心です。