サングラスで運転用に適しているのは?女性に似合うサングラス

女性が運転用のサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

眩しいから、紫外線予防になど運転中にサングラスをかけたいと思う気持ち、わかります。しかし、どんなものを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

運転用のサングラスを買うときには、まず見やすさを一番に考えましょう。ぜひ選ぶときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

祝賀会の服装で平服と言われたときにおすすめな女性コーデ

祝賀会の服装は平服でお越しくださいと言われたときにはどのような洋服で行けばいいのでしょうか?...

30代は服装が痛いと言わせない!大人向けファッションのコツ

30代で若作りのような服装をしていると、周りから痛いと思われてしまうことがあります。20代の頃は似合...

肩幅が広い女子におすすめの服装デザイン・アウターの選び方

肩幅が広いことでお悩みの女子は、どうにかしてそのコンプレックスをカバーしたいと考えますよね。華奢な装...

女子におすすめしたい服装の一番人気はカジュアル

女子が着る服装の中で一番人気なものはカジュアルだってご存知でしたか?女の子らしい可愛さも出しつつ...

結婚式にお呼ばれしたときのネイルマナーとおすすめカラー

結婚式にお呼ばれしたときのネイルには、どのようなマナーがあるのでしょうか?ドレスは花嫁と被らないよう...

同窓会の服装は会場に合わせて選ぶ!20代後半女性に似合う服

同窓会の案内が来て、出席の返事を出した後に、まず頭をよぎるのが「どんな服装で行けば良いんだろう」とい...

モテるファッションを取り入れて、女子力をアップさせよう

モテる人は、顔が可愛いだけではありません。ファッションも男性が好むポイントをしっかり押さえている...

女子の服装の中で、男子ウケが良いものについて知りたい

女子が服を選ぶ時、基本は自分の好みと予算に合わせたものを選ぶと思います。しかし、その選んだ服を着...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか?そこで、会...

イギリスの結婚式にゲストで参列する時の服装ポイントと注意点

イギリスの結婚式にゲストとして参列する場合、日本と同じような考えで服装を選んではいけません。イギリス...

入学式の服装【小学校編】母親の服装選びのポイントを大公開

お子さんの入学式にどのような服を着て出席しようか頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。...

結婚式での子供の服装選びのポイントや子供連れのおすすめを紹介

招待された結婚式に子供も一緒に参加するときは、子供の服装についても悩みませんか?せっかくの結婚式のお...

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。紫は、大人な印...

卒業式の服装・ママのファッションマナーと服装選びのポイント

お子さんの小学校の卒業式に、どんな服装で出席しようか悩んでいるママもいますよね。どんな服装で行け...

スポンサーリンク

運転用のサングラスでおすすめなのは偏光グラス

私は子供の習い事の送迎で夕方の時間帯に車を運転することが多いです。夏は6時を過ぎてもまだまだ明るいので昼間と同じ感覚で運転できるのですが、冬は5時となると真っ暗になりその前に強烈な西日の時間帯があります。この冬の西日は運転をしている時には大敵です。進行方向に西日があると信号機がとにかく見えずらいのです。最近普及している新型の信号機はまだ良いのですが、旧式の信号機は全く点燈している信号の色が分からず周囲の車の動きを見て判断するしかない状況もよくありました。信号の点燈している色が分からないというのは非常に危険です。また、信号機だけではなく強烈な西日は景色全体を非常に見づらくします。

実はそんな時にとてもよいサングラスがあるのです。偏光レンズのサングラスです。偏光レンズは反射する光を遮るシートがレンズの間に入っています。そのため水面や金属などに当たって反射する光を遮ることができ、本来の景色が見やすくなります。
私は普段メガネをかけているのでサングラスを作るとなるとメガネ屋さんで視力を測定して購入しなければなりません。オーダーして度入りのサングラスを作るには既製のサングラスを購入するよりも費用が高くなります。それでこれまではサングラスを持っていませんでしたが、偏光レンズのサングラスを知ってからはもう手放せないアイテムになっています。

ただし、偏光レンズ自体には紫外線を防止する効果はないので、合わせてUVカット加工のされているサングラスを選ぶようにしましょう。

女性の運転用のサングラスは可視光線透過率もチェックしましょう

サングラスをかけると視界が暗くなります。天気がとても晴れて明るいときには調度良くても少し曇ったり建物などの日陰に入ると途端に視界が暗くなり遠くが見えづらくなってしまう場合があります。
足元の段差や石ころなどがよく見えなくて転んでは大変です。

私は冬に滑って転んだ事がありますが、子供の頃と違い大人になってから転ぶとただ事ではすみません。しばらく打った膝が痛くて大変な思いをしました。

歩くときにも危険ですが、運転する時に使用するサングラスで視界が暗くなり過ぎると更に深刻な危険が伴います。
視界が暗くなり過ぎない色の濃さのレンズを選びましょう。

女性の大敵「紫外線」の対応サングラスにするのをお忘れなく

私は2年間程熱帯の国で暮らしていた事があります。一年中暑く紫外線も強力に降り注いでいました。そこでは私の年齢は実際よりも若く見られ「日本人はどうして老けないのだ」と聞かれる事がよくありました。確かに現地の方は肌の老化が早いように思われました。そこで考えたのが紫外線です。年中強力に降り注ぐ紫外線にさらされているので肌の老化が早く進んでしまうのではないかと。現地の人たちは紫外線対策には無頓着で子供の頃から帽子も被らずによく外で遊んでいます。日本人は子供の頃から帽子を被ったりして紫外線対策を意識している人が多いでしょう。私も天気の良い日の外出では帽子を被り肌をあまり出さないようにしています。

しかし、目からの紫外線は盲点でした。最近になり目から入る紫外線は将来目の病気になるリスクを高める可能性があることを知りました。
また、目から入った紫外線は目に悪影響があるだけではなく肌にも悪影響を及ぼします。脳が紫外線を感知するとメラニンを育成して肌に紫外線が当たるのと同様の作用を引き起こしてしまうそうです。そうです、シミやシワなどの肌の老化の原因にもなってしまうのです。この事を知ってしまうと天気の良い日の外出は肌の日焼け対策に加えて目の紫外線対策も欠かせません。

サングラスを選ぶ時には紫外線カットの加工がしっかりと施されているものを選ぶ必要があります。

紫外線カット率99パーセントのものを選ぶと良いでしょう。
ただし「紫外線カット率99パーセントのサングラスを購入したからずっと安心して使用できる」というものではありません。紫外線カットの加工は年月の経過と共に低下します。使用頻度や取り扱いや保管の状態によって異なってくるのですが、とにかく紫外線に当たっている時間が長いほど寿命は短くなります。使用している間は仕方がありませんが、保管は日光が当たらない場所でケースに入れておきましょう。

メガネ屋さんではレンズの紫外線カット率を測る機械を所持しているお店があるので、手持ちのサングラスの紫外線カット率が分からなかったり年月が経過しているので効果が心配な場合は持って行って測定してもらえるか聞いてみると良いでしょう。

女性におすすめな運転用サングラスとは?選び方について

普段はサングラスをかけないけれど運転の時にだけはかけたいという場合には、サングラス初心者でも似合うスマートでエレガントなタイプがお勧めです。

フレームが太いとどうしても存在感が出てハードな印象になります。色は黒系よりも茶系がソフトな印象になります。
青や緑、ピンクなどの色のレンズもありますが、運転をする時には景色がそのまま自然に見える黒系のレンズ色が良いでしょう。
そして、レンズは偏光レンズにすると西日や晴れた日の反射を抑えてくれるので非常に見えやすくなります。

普段はメガネをかけているという女性はこのサングラスが便利です

私は普段メガネをかけているので度入りのサングラスを作るのは手間と価格面でハードルが高く、なかなかサングラスを手に入れることができませんでした。しかし、オーバーグラスの存在により、サングラスを気軽に購入することができるようになりました。

オーバーグラスはメガネの上からかけることができ、価格も2000円程度から1万円以内で非常に沢山の種類の商品が販売されています。
偏光レンズの商品もあります。

一昔前からオーバーグラスは存在していたのですが、昔のものは大きくてかけるとゴーグルのようになるものばかりでした。男性ならともかく女性にはかなり抵抗のあるものでしたが、最近のオーバーグラスは女性向けのコンパクトでスマートなものがあります。