食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか?
そこで、会社関係の食事会の服装マナー、ポイントについて詳しくご紹介します。
ビジネススーツで問題ないのか、どんな点に注意すべきかなどわかりやすくご説明しますので、服装選びの参考にしてください。
小物を上手く使って、昼間の服装と雰囲気を変えるのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校生でも卒業パーティー?ドレスを着用する沖縄の謝恩会

高校の卒業式が終わったら、生徒や先生、親も謝恩会に行く場合がありますが。沖縄では少し違うようです。ド...

シースルーの服を着る時のインナーとは?合わせ方を紹介

シースルーの服を着るときには何色のインナーを着ればいいのでしょうか?もともとシースルーのブラウスにイ...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。 赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

結婚式にお呼ばれしたときのネイルマナーとおすすめカラー

結婚式にお呼ばれしたときのネイルには、どのようなマナーがあるのでしょうか?ドレスは花嫁と被らないよう...

女子のアウトドアの服装、夏にはどんなものがあるのか

女子が夏におしゃれなアウトドアの服装をしようと思った時、ただ半袖の涼しい服を着るだけでは満足とは言え...

同窓会の服装【20代】女性がオシャレに・素敵に見える服装

高校や大学のクラスの同窓会がある時、どんな服装で出席しようか悩む20代女性は多いものです。 久...

30代の女性の服装は、カジュアルを取り入れよう

10代や20代の時は、それに合わせた若い服を着ていたと思いますが、30代になると、服装の雰囲気を変え...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

式典や祝賀会に出席する時の女性の服装選びとマナー

式典や祝賀会などのあらたまった席には、どのような服装をしていけば良いのかと悩む方は多いと思います。 ...

結婚式で青いドレスを着るときの靴はこの色がおすすめ

結婚式にお呼ばれされたときに、青いドレスを着る予定だけれどどんな靴にすればいいのかわからない! ...

女子がおしゃれな服装をするなら、男子もかわいいと思うものを

女子がおしゃれを楽しむのなら、服装はかわいいものが良いですよね。 しかし、自分や周りの友達がかわい...

女性がデートに行く時におすすめな服装についてご紹介

女性がお付き合いした男性とデートに行くなら、どのような服装が良いのでしょうか。 可愛い系が良いのか...

クールな女性を演出するファッションとは?できる女の身だしなみ

クールな女性のファッションのつもりが、なぜか男らしく見えてしまうのはナゼ?クールだけを取り入れようと...

入学式の服装【小学校編】母親の服装選びのポイントを大公開

お子さんの入学式にどのような服を着て出席しようか頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

食事会の服装は?会社の接待の場合の服装ポイント

会社の食事会に参加することになったら、まず先に頭をよぎるのが服装ではないでしょうか。

仕事では事務服や制服を着ていたり私服の場合なら、食事会に相応しい服を用意したいと考える人もいるでしょう。また、スーツで仕事をしている人ならそのままの格好で参加しても良いのかが気になると思います。男性だとスーツで参加する場合が多いですが、女性の場合は服装にも気を配りたくなりますよね。

会社の食事会、取引先への接待という場合

上司と一緒の場合もありますし、服装によっては会社のイメージを悪くしてしまう可能性もあります。

接待の場合はキチンとして見える服装を選ぶこと

仕事のときのスーツでも構いませんが、堅苦しくなりすぎないようにアクセサリーなどで工夫するのも良いでしょう。接待も仕事のひとつですが、仕事のときよりは少し華やかな印象にすると良いでしょう。

社内の食事会

周りは馴染みの同僚なのでそれほど気を遣う必要はありませんが、上司も出席していることを忘れないようにしましょう。失礼にならないようにキチンとした印象の服装を選んでください。

おすすめはジャケットとスカートかパンツといった服装

ジャケットがあるだけでキチンとした印象になりますし、派手になりすぎる心配もありません。
紺や黒だと堅苦しい印象になって気になる場合は、ベージュや淡いピンクといった明るめの色にするのも良いでしょう。紺のジャケットの中に装飾のある華やかなブラウスを合わせたり、アクセサリーで工夫しても食事会に相応しい華やかさを出すことができます。

会社の取引先との食事会、スーツではなくワンピースの服装でもOK

接待の場合なら仕事の延長でもありますのでスーツでも良いですが、他社との食事会の場合ならスーツだと堅苦しいかもしれません。スーツはどんな場所でも使うことができ、中に着るブラウスやアクセサリーでイメージを変えることができる便利アイテムではありますが、華やかさを出したいときはワンピースやアンサンブルがおすすめです。

男性の服装

スーツを着用していますので、どうしても黒や紺、グレーのような地味な色が多くなってしまいます。

女性の服装

スーツでもいろいろな色がありますので、食事会なら仕事の時とは違った色を選ぶのも良いでしょう。ベージュやピンクといった淡い色を選ぶと場に華やかさを出すことができます。
ワンピースならスーツよりも軽やかなイメージがありますので、紺のようなダークカラーでも良いですが、地味な印象にならないようにフレアースカートのワンピースを選んだりアクセサリーで華やかさを出すようにすると良いです。

おすすめのスタイルは膝丈のワンピースやアンサンブル

きちんとした大人しめのデザインを選んでも、スーツほど堅苦しさはありません。
ワンピースやアンサンブルを選んだときは、派手になりすぎないように注意してください。アクセサリーをつけすぎたり、柄物のストッキングやヒールの高すぎるパンプスを合わせてしまうと場違いな感じが出てしまいます。

あくまでも仕事上であることを意識して、華やかさがありつつも落ち着いた印象の服装を心がけてください。

会社の食事会は地味さよりも華やかさをプラスした服装を心掛けよう

会社の食事会には上司や会社の役員も一緒の場合もあります。

食事会はきれいめの服装がおすすめ

仕事ではありませんが、結婚式やパーティーのようなものとも違いますので、社会人としてそれなりの身だしなみが必要です。特に他社の人も参加するような食事会だと、女性社員の服装が会社のイメージになると言っても過言ではありません。

例えばデニムのような普段着で参加していると自由な会社というイメージを持ちませんか?服装でその会社が見えてくることもあるのです。

会社の食事会

特に服装の指定がなければジャケットにスカートやパンツ、またはワンピースなど仕事で着る服装にすこし華やかさをプラスしてください。

仕事用のスーツのまま

食事会も仕事のひとつのようになり、淋しい感じもしますよね。仕事仲間や取引先との食事会であっても、地味になったり堅苦しくならないような服装の方が好まれます。

色選びや着こなし方で華やかさを上手にプラスしてみてください。

会社の食事会の時は、服装だけでなく色やメイクにも注意が必要

会社の食事会には、服装の色づかいだけでなく、メイクにも気をつけるようにしましょう。仕事では服装に合わせて落ち着いたメイクをしていることも多いかと思いますが、食事会ならメイクも普段とは違うメイクをしてイメージを変えてみましょう。

会社では派手なメイクは好まれない

落ち着いた地味めのメイクをしている場合が多いですよね。仕事用のスーツや制服にも合うメイクを心がけている人が多いと思います。

食事会のメイクは華やかに

服装にも華やかさを出しますので、メイクも服装に合わせて、いつもとは違う色使いをしてみてください。華やかなメイクと言っても、会社の食事会なので派手になりすぎないようにし、色味を変えるなどの工夫をすると良いです。
普段は落ち着いたブラウン系やグレー系のメイクをしているのなら、ピンクやイエローといった顔が明るく見える色を選ぶと良いでしょう。リップも仕事のときよりは少し濃くても良いかもしれませんね。

ヘアスタイルで工夫するのもおすすめ

仕事では髪の毛を束ねていたり邪魔にならないようにまとめている人なら、おろしたスタイルだと新鮮ではないでしょうか。
ショートヘアの人もスタイルを変えたりアレンジをして、変化をつけてみてください。せっかくの食事会ですから、服装と一緒にメイクやヘアスタイルもオシャレして楽しんでくださいね。

季節やシーン別でみる、会社の食事会におすすめの服装

服装には季節感も大切なポイントです。

季節に合わせた服装、素材にも注意

春から夏にかけては軽やかな印象の服装がおすすめ

秋冬には着ることのないリネン素材を選んだり薄手の生地の服にすることで、涼しげで軽やかな印象になります。夏にはノースリーブも良いですが、胸元が大きく開いたブラウスやミニスカートなど肌が露出しすぎるものは避けてください。

秋から冬にかけては温かみのある服装が良い

ウールなど冬向けの素材なら白や淡い色でも良いですが、秋口でまだ寒さが厳しくない時期なら生地が薄めでも茶系などを選ぶと良いです。冬は生地が厚めで野暮ったくなりがちですので気をつけてください。

食事会の服装も季節感を上手に取り入れるとがオシャレな着こなしのポイントです。仕事であることを意識しながら、いつもよりは少し華やかな印象になるように工夫してみてくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688