30代の女性の服装は、カジュアルを取り入れよう

10代や20代の時は、それに合わせた若い服を着ていたと思いますが、30代になると、服装の雰囲気を変えなくてはいけません。
色使いや、服の質をしっかり見ておかないと、年齢と釣り合わない服装になってしまいます。
そんな30代を迎えた女性におすすめしたい服装は、「カジュアル+〇〇」です。
カジュアルオンリーにしてしまうと、ラフ過ぎてしまう場合もありますが、カジュアルとのミックスコーデをすることで、大人の女性らしい魅力を出すことが出来ます。
30代女性だからこそおすすめしたい、カジュアルコーデの着こなしのアイデアをいくつかご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服の生地素材の特徴とは?季節に適した素材を選びましょう

服の生地の素材はどんなものがあるのでしょうか?着心地や暖かさなど、生地の素材によって大きく異なるので...

50代のワンピースは花柄でオシャレに!選び方やおすすめを紹介

50代女性がワンピースで花柄を選ぶときは、ちょっとしたポイントを押さえることでより素敵な印象に着こな...

モテるファッションを取り入れて、女子力をアップさせよう

モテる人は、顔が可愛いだけではありません。ファッションも男性が好むポイントをしっかり押さえている...

女性がデートに行く時におすすめな服装についてご紹介

女性がお付き合いした男性とデートに行くなら、どのような服装が良いのでしょうか。可愛い系が良いのか...

卒業式の服装【50代母親】選び方のポイントとマナーを解説

子供の卒業式に出席する時、どのような服装で出席しようか悩むこともあります。母親としてふさわしい格好で...

社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社...

男性へのプレゼント【マフラー編】選び方のポイントとオススメ

男性へプレゼントとしてマフラーを贈りたいと考えたとき、どんな物を選んだらいいのかわからないという人も...

同窓会の服装【20代】女性がオシャレに・素敵に見える服装

高校や大学のクラスの同窓会がある時、どんな服装で出席しようか悩む20代女性は多いものです。久...

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。紫は、大人な印...

メガネの選び方の基本ルール!自分に似合うフレームの探し方

メガネを選ぶ時に、店頭でいろいろなフレームを見ていても、本当に自分に似合うデザインはどんな形なんだろ...

女性の服装の中で、夏にふさわしいものについて知りたい

女性は服装のバリエーションが多く、夏に着るものだけでも数多くあります。しかし、その場面に合ったも...

お宮参りの服装はカジュアルでもOK!選び方のポイントや注意点

お宮参りの服装はカジュアルなもので行きたいというあなた。お宮参りのためにフォーマルな服を用意して...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。...

肩幅が広い女子におすすめの服装デザイン・アウターの選び方

肩幅が広いことでお悩みの女子は、どうにかしてそのコンプレックスをカバーしたいと考えますよね。華奢な装...

スポンサーリンク

30代になったらカジュアルな服装を上手に着こなそう

30代ならシンプルなカジュアルスタイルが大人っぽく見せる

女性は、実年齢よりできるだけ若々しくいたいと思っている人も多いほど、若さに対しては敏感なものです。10代や20代前半までの実際に若い時には、”若さ”に対して当然何も意識していなかったものが、年齢を重ねるごとに肌の状態や体型の変化などで意識せざるを得ない状態になるという人も多いのではないでしょうか。

特に、30歳の誕生日は、女性にとっては複雑な心境で迎える人も多いもの。

20代と30代は年齢的に見ると、10歳ほどしか違いませんが、この年代の変化は女性にとっては大きな壁です。

その変化の1つに、服装が挙げられます。

10代や20代では何の違和感もなく、雰囲気にも合っていた服が、30代で同じ服を着ると、どこか不自然な感じで見えたり、無理をしているように見えることもあるからです。

ひざ上丈のミニスカートも30代で着ると、もちろんキレイに着こなして似合う人もいるでしょうが、大半は周りから「若く見せようとしちゃって…」などと思われることもあります。

30代は、もう立派な大人。

それなりの服装をしなければ、周りから「ちょっとイタイ人」なんて思われることもあります。

とは言え、休みの日までビシッと決めたファッションでは疲れてしまいますね。

30代では、シンプルなカジュアルな服装を意識して取り入れてみると、無理なく、自分らしさを出しながら、大人の雰囲気も出すことが出来るのでおすすめです。

色や形も、人によって似合う似合わないがあります。

ファッションの系統を押さえつつ、自分にぴったりのファッションを探してみるのはいかがでしょうか。

30代に一番おすすめな服装は、きれいめカジュアル

30代ならカジュアルスタイルの中にも女性らしさを入れる

カジュアルスタイルと言っても、ロゴTシャツに、ジーパン、スニーカーというオールカジュアルなスタイルは、カジュアル過ぎて逆に幼くみえてしまいます。

30代女性の服装は、”女性らしさ”を取り入れたシンプルなカジュアルスタイルがおすすめです。

ジーパンでも、靴はヒールだったり、トップスにはシャツを組み合わせるなど、どこかに女性らしいファッションを取り入れると、カジュアル過ぎず、大人っぽい落ち着いた雰囲気を出せます。

30代女性におすすめのファッションアイテムとしては、ロングカーディガンも季節問わず活躍してくれます。

肌寒い時に羽織ったりも出来ますし、女性らしいラインが出るので、一着あると重宝します。
インナーに濃い目の色を持ってきても、ロングカーディガンを着ることで、インナーが差色になり、ちょうど良い具合に全体がまとまるというメリットもあります。

同窓会に行くなら、30代はカジュアル少なめの服装がおすすめ

大規模な同窓会ならパーティースタイルで

30代では、同窓会の誘いも多くなる時期です。

学校を卒業してから、10年以上経ち、仕事も落ち着いたキリの良い30代で、懐かしい仲間を盛り上がる同窓会は楽しみのひとつですよね。

でも、同窓会は、どんな服を来ていったら良いのか悩む人も多いもの。

ドレスでは気合いが入りすぎて浮いてしまいそうだし、かと言って普段着も…など、頭の中が同窓会の服装のことでグルグルしているという人もいるのではないでしょうか。

同窓会では会うのが卒業以来という人もいたら、女性としては「あの頃と変わらないね」…は多少無理があるとしても「キレイになったね」なんて気になっていた男性から言われると嬉しくて舞い上がってしまうかも…。
そんな密かな妄想を秘めて同窓会に臨むという女子は結構いるのでは?

数人の友人で集まるのなら、カジュアルな服装の方が良いですが、場所を借りて大勢が集まるような同窓会では、パーティースタイルを意識した服装がおすすめです。

パンツスーツや、ワンピースなど女性らしいラインが強調されるスタイルが好印象です。

大人のクールな魅力を出すなら、モードカジュアルがおすすめ

30代なら女性らしくクールな印象のモードカジュアル

白や黒を多く取り入れたスタイルはモードな雰囲気で洗練された印象を与えます。

白や黒で、スッキリした印象になるため、着痩せの効果や女性らしさを出せるのが女性にとっては嬉しいメリットですね。

このモード系のカジュアルスタイルも、30代女性にはおすすめのスタイルです。

モードカジュアルに合わせるなら、髪の色も茶髪よりは黒髪の方が引き締まって見え、よりモードな印象になります。

トップスにきれいめの白シャツや白カットソー、ボトムスに黒パンツというスタイルはシンプルでありながら、クールでカッコいい印象を与えます。

スカーフや帽子、アクセサリーなど小物も合わせやすく、その合わせる小物によって印象が変わるのもモードカジュアルのメリットです。

自分らしいモードカジュアルスタイルを見つけてみましょう。

大人のゴージャスさを出すなら、セレブカジュアルで決まり

セレブになったつもりで、セレカジスタイルに

ファッション誌などを見ていると、新しい言葉が出てきてその意味が分からず、戸惑ってしまうことってありませんか?個人的には、「セレカジ」という言葉を見た時、「セレ?どういう意味?」とまったく意味がイメージ出来ませんでした。

セレカジとは、セレブカジュアルの略称です。

セレブというと、海外のお騒がせセレブとか映画スターが思い浮かびますが、おもにそのような海外のセレブの人たちを指しているそうです。

よくパパラッチされたセレブの日常の姿を雑誌やテレビで目にしますが、セレブの人達の決めスタイルではなく、日常的に来ているようなスタイルのことです。

”セレブの日常”というのがポイントで、普通の人の日常なら、着古したTシャツにボロボロのスウェットというただのだらしない服装になってしまいますが、セレブの日常は決してそんな格好ではありません。

一般人でいうところの”リゾート地に行った時のスタイル”が一番近いかなと個人的には感じます。

日本では、ちょっとするのが恥ずかしい大きめのサングラスや、マキシワンピース、そして海外のセレブが良く持っているビッグトートバッグ。

セレカジを取り入れるなら、高級な雰囲気の物を1つ持つことでイメージが近づきます。セレカジで、30代をゴージャスに、大人の魅力を出したスタイルにするのもおすすめです。