女性におすすめなあったか服装!冬のデートのコーデポイント

男性は女性にどんな服装で冬のデートに来てほしいと思っているのでしょうか?

冬は、防寒を優先してしまうと地味になりがちですよね。しかし、そんな女性の服装を意外と男性はチェックしている!?

ポイントに女性らしさを加えると、重くなりがちな冬のコーデが可愛くなりますよ。大人な女性にこそ、おすすめしたいちょい甘コーデ術を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女子におすすめしたい服装の一番人気はカジュアル

女子が着る服装の中で一番人気なものはカジュアルだってご存知でしたか?女の子らしい可愛さも出しつつ...

女子のアウトドアの服装、夏にはどんなものがあるのか

女子が夏におしゃれなアウトドアの服装をしようと思った時、ただ半袖の涼しい服を着るだけでは満足とは言え...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか?セ...

男性はカラコンに気づかない?いえいえそんな事はありません

男性はカラコンをつけていても気づかない?カラコンをつけた姿を可愛いと言ってくれる彼氏。裸眼ではないこ...

結婚式や二次会におすすめのボブのお呼ばれヘアアレンジ

結婚式や二次会などにお呼ばれしたら、ドレスはもちろんですがヘアレンジもどうしようかと頭を悩ませて...

モード系で髪型がロングなら、どんなアレンジが良いか

ファッションのジャンルの中でも大人っぽくておしゃれなモード系は人気のファッションですよね。服装を...

結婚式で青いドレスを着るときの靴はこの色がおすすめ

結婚式にお呼ばれされたときに、青いドレスを着る予定だけれどどんな靴にすればいいのかわからない!...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

お宮参りの服装はカジュアルでもOK!選び方のポイントや注意点

お宮参りの服装はカジュアルなもので行きたいというあなた。お宮参りのためにフォーマルな服を用意して...

祝賀会の服装で平服と言われたときにおすすめな女性コーデ

祝賀会の服装は平服でお越しくださいと言われたときにはどのような洋服で行けばいいのでしょうか?...

30代は服装が痛いと言わせない!大人向けファッションのコツ

30代で若作りのような服装をしていると、周りから痛いと思われてしまうことがあります。20代の頃は似合...

クールな女性を演出するファッションとは?できる女の身だしなみ

クールな女性のファッションのつもりが、なぜか男らしく見えてしまうのはナゼ?クールだけを取り入れようと...

30代向けの服装でママもおしゃれを楽しむ!コーデのコツを紹介

30代になると服装もママらしい服装にしなければと考える人もいるかもしれません。でも、ママだってお...

全身黒コーデ!おしゃれに決まるレディース黒コーデのポイント

全身黒コーデと聞くと、重い印象がありませんか?確かに上から下まで真っ黒だと、見た目も重くなってしまい...

卒業式の服装・ママのファッションマナーと服装選びのポイント

お子さんの小学校の卒業式に、どんな服装で出席しようか悩んでいるママもいますよね。どんな服装で行け...

スポンサーリンク

冬の服装で男性は女性にこのコーデをしてほしい

冬の時期は寒さ対策で服の生地も厚手になったり何枚も重ね着したり、色味もダークカラーが多くなって地味になりがちです。デートなら冬の時期でもオシャレをしたいところですが、無理に軽やかさのあるワンピースなどを着てしまうと寒くてデートも楽しめないでしょう。

冬服は厚みのある生地で野暮ったくなりがちですが、冬服ならではの良さもあります。季節感を上手に取り入れたおしゃれをしてみましょう。

冬におすすめのアイテムはなんと言ってもニット

ふんわりとしたやわらかいニットは冬にしか着られないアイテム。ニットのセーターやカーディガンはどんなボトムとも合わせることができます。

オススメのコーデは、ぽってりとしたニットのセーターとタイトなスカート

トップスがオーバーサイズ気味なので、ボトムにはすっきりシルエットになるタイトスカートを合わせます。丈が長めのタイトスカートなら大人っぽい雰囲気になりますし、膝上のミニスカートなら活発なイメージとともにちょっとした女性らしさを出すこともできます。

フレアースカートやワイドパンツなど、ボトムにボリュームがある場合

トップスのニットは細身のシルエットのものを選んでみてください。細い糸で編まれたニットのセーターなら体のラインに程よくフィットし、ニットでも女性らしい華奢なラインを出すことができます。

大人っぽい感じにしたいのなら、ドロップショルダーのセーターも良い

冬は肌を見せないファッションになりますので、ドロップショルダーだと程よく素肌を出して。冬服でも軽やかさを出すことができます。首元が冷えてしまいがちなので、外を歩くときはアウターやマフラーなどでカバーしましょう。

ニットのワンピースも冬ならではのアイテム

可愛らしさを出したいときはモヘア素材のふんわりしたワンピース、逆にニットでも薄手だと大人の女性らしさを出すことができます。ニットのワンピースはシンプルなデザインが多いですが、ベルトでウエストにアクセントをつけたり、ロングネックレスなどを合わせて変化をつけて楽しむこともできますよ。

女性も冬の服装は黒っぽくなりがち差し色がポイント

冬は外出時にコートなどのアウターを着用します。

冬のアウターは黒やダークグレー、こげ茶といった黒っぽい色が多くなりがちです。男性のアウターも黒っぽい色が多いですよね。

ダークカラーが多くなりがちな冬は、インナーには明るめの色を選ぶ

アウターを脱いだときにギャップが出て、いいアクセントになります。冬はインナーでも黒っぽい色が多くなりますので、明るい色は華やかに感じられます。

例えば鮮やかなピンクのセーターです。派手めな色ではありますが、ボトムには黒やグレーといった冬の定番色を持ってくると、決して合わせにくい難しい色ではありません。黒っぽいアウターを脱いだ時に明るい色の服を着て、色のギャップを楽しんでみてください。ダークカラーが多い中で明るめの色のファッションは女性らしさも出すことができます。

冬ならではの白というのも素敵

白のアウターは汚れやすさが心配で抵抗あるかもしれませんが、アウターの中に着る洋服なら淡い色でも気にならないのではないでしょうか。白のセーターやニットのワンピースを選んでみてください。黒っぽい色が多い中で映えますし、顔を明るく見せることができます。デートでも素敵なイメージを残すことができます。

女性の服装のど定番!冬はタイツとコレ

冬はどうしても寒さ対策が中心のファッションを選びがちです。体が冷えないように何枚も重ねて着ぶくれをしてしまったり、ボトムにも厚手のパンツスタイルが多くなってしまうのではないでしょうか。これではデートのムードも台無しですよね。

デートに着ていくと喜ばれるアイテムは冬でもやはりワンピースやスカート

スカートは女性らしさを出すことができる最強アイテムではないでしょうか。

冬にスカートを履くのなら、足元はしっかり暖かくしておきたいですよね。冬のスカートにはタイツを合わせましょう。厚手のタイツなら保温性も高いので、意外と暖かくできますよ。短めの丈のスカートにはタイツとブーツという組み合わせをすると、より暖かくできます。

スカートの生地にも冬ならではの素材を選ぶ

ウールが入った生地だと保温性も高るので、暖かくできます。コーデュロイやツイード素材は冬にしか楽しむことができない素材です。また、スウェード生地やベロア生地だと暖かい上にエレガントさを出すこともできます。

冬のスカートには素材を上手に選ぶことがポイントです。

冬の服装はほとんどコートが主役になりがち少し甘めを取り入れると◯

冬の服装はどうしてもコートがメインになってしまいます。外を歩くときはコートを着ていますし、レストランやカフェなど食事をする時以外はずっとコートを着ているのではないでしょうか。

冬のコート、周りと差をつけるなら明るい色のコートがおすすめ

特に冬の白いコートは素敵ですよね。
白は汚れが目立ちやすくて抵抗があるのなら、ベージュはどうでしょうか。薄いグレーも素敵ですが、ダークカラーが多い冬の装いの中ではベージュや淡いピンクの方が周りから映え、女性らしさを出すことができます。

それでも冬のコートで使いやすいのはやはり黒やグレーといったダークカラー

黒っぽい色のコートの場合は、マフラーやストールに明るめの色を選んでみてください。白やベージュのような淡い色も素敵ですし、青や赤のようなはっきりとした色も良いでしょう。チェックや柄の入ったマフラーも程よいアクセントになります。

冬は全身が黒っぽい服装になりがちなので、マフラーやストール、帽子といった小物に明るい色を取り入れて、甘めのコーディネートをするようにしてみてください。

女性らしさがアップするアイテムがコーデのポイント

冬の服装はどうしても厚ぼったくなりがちなので、バッグや靴、アクセサリーといった小物使いにもポイントがあります。

厚地でダークな色味の服装をした時

バッグは小さいものを、靴なら華奢なイメージのものを選ぶ

黒いコートの上に大きめのバッグやリュックでは野暮ったいイメージになってしまいます。バッグを小さめのものにしたり、靴ならスニーカーやがっしり系のブーツではなく女性らしさのある華奢なデザインの靴を選ぶと良いでしょう。

アクセサリーも冬ならシンプルなものがオススメ

ふんわりとしたニットや厚手のコートにはシンプルで華奢なデザインのアクセサリーを選んで、重たいイメージに冬のファッションに軽やかさを上手に出してください。イヤリングなら揺れるタイプがオススメです。

冬のファッションはダークカラーが多いので、暗くなりがちです。インナーや小物使いを工夫して、冬でも軽さを出すことがポイントです。冬のデートにはぜひ明るい色を取り入れて、華やかさをプラスしてくださいね。