サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び方とは言えません。
その時の状況に合ったサングラスを選ぶことで、お出かけを快適に過ごすことが出来ます。
そんな素敵なレディースのサングラスの選び方のあれこれについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。 ...

男性へのプレゼント【マフラー編】選び方のポイントとオススメ

男性へプレゼントとしてマフラーを贈りたいと考えたとき、どんな物を選んだらいいのかわからないという人も...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。 赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

メガネの選び方の基本ルール!自分に似合うフレームの探し方

メガネを選ぶ時に、店頭でいろいろなフレームを見ていても、本当に自分に似合うデザインはどんな形なんだろ...

30代向けの服装でママもおしゃれを楽しむ!コーデのコツを紹介

30代になると服装もママらしい服装にしなければと考える人もいるかもしれません。 でも、ママだってお...

女性がデートに行く時におすすめな服装についてご紹介

女性がお付き合いした男性とデートに行くなら、どのような服装が良いのでしょうか。 可愛い系が良いのか...

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。 紫は、大人な印...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか? そこで、会...

モテるファッションを取り入れて、女子力をアップさせよう

モテる人は、顔が可愛いだけではありません。 ファッションも男性が好むポイントをしっかり押さえている...

上着の肩掛けを落ちないようにするポイントやコツを紹介

上着の肩掛けをしたときに落ちないようにするにはどうしたらいいのでしょうか? 上着の肩掛け、なん...

同窓会の服装【20代】女性がオシャレに・素敵に見える服装

高校や大学のクラスの同窓会がある時、どんな服装で出席しようか悩む20代女性は多いものです。 久...

クールな女性を演出するファッションとは?できる女の身だしなみ

クールな女性のファッションのつもりが、なぜか男らしく見えてしまうのはナゼ?クールだけを取り入れようと...

モード系で髪型がロングなら、どんなアレンジが良いか

ファッションのジャンルの中でも大人っぽくておしゃれなモード系は人気のファッションですよね。 服装を...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。 ...

全身黒のコーデはダサい?おしゃれに着こなすコツとポイント

全身黒のコーデをしてみたいと思っても、勇気が出ずになかなかチャレンジできない人もいるのではないでしょ...

スポンサーリンク

レディースのサングラスの選び方。自分の顔のタイプから選ぶ

サングラスには様々な形のものがあります。サングラスの特徴に寄ってどのように印象が変わるのかをご紹介します。自分に似合うサングラス選びの参考にして下さい。

  • フレームが太い
    フレームが太いタイプはカジュアルな印象でスポーツやアウトドアでのシーンにぴったりです。モダンな印象も与えます。
  • フレームが細い
    フレームが細いとインテリで上品な印象になります。シックな服装の時に似合うでしょう。
  • 丸みを帯びたフレーム
    フレームが丸みを帯びていると女性的なイメージを受けます。
  • 直線的なフレーム
    レンズの上部などが直線的なサングラスは男性的なイメージになります。

一般的には顔型と反対の形のフレームを選ぶと顔の形が強調されずに自然な感じになるようです。丸顔や面長な顔型では角ばったフレーム。三角や四角に近い顔型では丸っこいフレームです。

サングラスは単体で見ると素敵でも掛けてみると似合わなかったり、反対にあまり好みではなくても掛けてみると素敵に似合う場合があります。先入観にとらわれずに沢山掛けてみて選びましょう。

おしゃれなレディースサングラスの選び方。眉毛とのバランスも考えよう

サングラスをかけたときに何だか間の抜けた感じに見えてしまうのは眉毛が出ている場合が多いです。サングラスを選ぶときの眉毛対策について考えてみましょう。

眉毛の出ないサングラスを選ぶ。

サングラスのレンズの上下幅が広いものやレンズの上部が丸みを帯びて上に広がっているものを選んで眉毛が出ないようにする。

帽子でかくす。

サングラスは外で着用するものです。なので帽子を同時に被っていても問題がないので、帽子を目深に被って眉毛が出ないようにします。帽子を被ってサングラスを選びに行くと防止との相性も間違いありません。

出ても素敵に見える眉毛に整える。

サングラスから出ても素敵に見える眉毛とは、細めでサングラスの上辺に沿った形の眉です。サングラスのために眉の形を変えるには、カットとアイブロウで整えましょう。抜いてしまうと元に戻るまで時間がかかりますが、カットするだけならすぐに伸びて元に戻ります。

レディースサングラスは、場面に合わせた選び方で色なども決めよう

サングラスは形のほかに色も沢山種類があります。

レディースサングラスの色による特徴や受ける印象

  • 黒系
    他の色に干渉せず景色そのままに近い色合いで見えます。眩しさを防ぐのに最も効果があります。
  • 茶系
    明暗の差がはっきりとするので輪郭がシャープに見えます。優しい印象で女性に適しています。
  • 銀色系
    鏡のように反射してみえるタイプはスポーティーな印象を受けます。殆ど外から目が見えません。
  • 青系
    赤や黄色系の光を抑えてくれるので自動車のライトなどが見やすくなります。そのためドライブやサイクリング時に使用するのに向いています。
  • 緑系
    緑には心を和らげる作用があります。自然のままに近い色合いで見えます。
  • ピンク系
    楽しい気分になる色です。周囲から見るとキュートな印象になるでしょう。

アクティブな女性なら、こんなサングラスがおすすめです

お出掛けの目的に合わせてサングラスを変えるのもお洒落で機能的です。
また、サングラスはお洒落以外に本来の眩しさと紫外線カットの機能も大切です。

女性がサングラスを選ぶ時に確認すべき機能面についてご紹介します。

  • 紫外線カット率
    サングラスの品質表示では「UV○○」という表記があります。これは紫外線を防げる量で、○○の数値が高いほど紫外線を多く防ぐ事ができます。UV380では90パーセント、UV400では99パーセントの紫外線を防ぐ事ができます。紫外線は目から入って将来白内障になるリスクを高めると言われています。また、肌に当たる紫外線だけではなく目から入る紫外線も肌に染みを作ったり老化させる原因になります。紫外線をしっかりと防ぐ事のできるサングラスを選ぶと安心です。
  • 偏向レンズ
    偏向レンズは光の反射をカットできるレンズです。水面の照り返しや自動車などの金属の反射をカットできるので非常に視界がよくなります。偏向レンズである事とともに紫外線カット率も確認しましょう。
  • 調光レンズ
    紫外線が沢山当たると色が濃くなり、紫外線が少なくなると色が薄くなります。室内では殆ど色がなくなるので、屋外と屋内の出入りが多い場合にいちいち外さなくてもよいので便利です。

ドライブにおすすめなサングラス、避けたほうが良いサングラスとは

私は普段メガネをかけていますが、自動車を運転する時や天気のよい日の屋外では眩しさを感じるのでサングラスをかけたいと思います。しかし、サングラスを持ち歩き外へ出るたびにかけ代えるのは正直面倒です。そのような場合には調高レンズのサングラスが便利です。

調高レンズはレンズに当たる紫外線の量によってレンズの色が変化します。外に出て紫外線が多いとレンズの色が濃くなり、室内では紫外線が少ないのでほぼ透明になります。これだといちいちサングラスを所持してかけ代える必要がありません。
初めて調高レンズの存在を知ったときには、文明の利器は素晴らしく何て画期的な商品なのだろうと感動しました。
しかし、そんな一見万能に思える調高レンズのサングラスにも向いていない利用シーンがあります。それは自動車を運転する時です。

調高レンズの色の変化は瞬時に起こるものではありません。じわじわと徐々に変化します。そのため、自動車を運転していてトンネルや日陰に入ったときと出たときに見えづらくなってしまいます。
事故が起きるのは一瞬です。一瞬の視界の不良も許されない運転時には使用しない方が良いでしょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688