結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか?
セルフアレンジでもサロンで行うにしても、どのようなスタイルにするのか決めていないと「時間に間に合わない!」ということにもなりかねません。
ここでは、結婚式にパンツスタイルで参列する時の髪型などのマナーや、おすすめの髪型についてご紹介しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性着物の着付け方を簡単に解説!着付けのポイントもご紹介

男性の着物の着付けは女性よりも難易度が低いので、ポイントさえ押さえれば難なく着付けることができます。...

同窓会のコーデ特集!20代におすすめと会場に合わせたコーデ

20代になってから初めて来た同窓会の案内。会いたい人がいる、あの人は来るのかしら?など気になりますが...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

お宮参りの服装【兄弟編】選び方のポイントやおすすめを紹介

お宮参りでは赤ちゃんの服装はもちろん、同行する兄弟の服装にも悩みます。 主役は赤ちゃんだからと言っ...

30代の女性の服装は、カジュアルを取り入れよう

10代や20代の時は、それに合わせた若い服を着ていたと思いますが、30代になると、服装の雰囲気を変え...

シースルーの服を着る時のインナーとは?合わせ方を紹介

シースルーの服を着るときには何色のインナーを着ればいいのでしょうか?もともとシースルーのブラウスにイ...

卒業式の服装・ママのファッションマナーと服装選びのポイント

お子さんの小学校の卒業式に、どんな服装で出席しようか悩んでいるママもいますよね。 どんな服装で行け...

男性はカラコンに気づかない?いえいえそんな事はありません

男性はカラコンをつけていても気づかない?カラコンをつけた姿を可愛いと言ってくれる彼氏。裸眼ではないこ...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。 ...

結婚式にお呼ばれしたときのネイルマナーとおすすめカラー

結婚式にお呼ばれしたときのネイルには、どのようなマナーがあるのでしょうか?ドレスは花嫁と被らないよう...

お宮参りの服装はカジュアルでもOK!選び方のポイントや注意点

お宮参りの服装はカジュアルなもので行きたいというあなた。 お宮参りのためにフォーマルな服を用意して...

冬の結婚式が寒すぎるならコートの中に着込む方法とコートマナー

冬の結婚式のお呼ばれで困るのがコートやドレスのことではないでしょうか。 会場内の寒さの心配はいりま...

全身黒のコーデはダサい?おしゃれに着こなすコツとポイント

全身黒のコーデをしてみたいと思っても、勇気が出ずになかなかチャレンジできない人もいるのではないでしょ...

高校生でも卒業パーティー?ドレスを着用する沖縄の謝恩会

高校の卒業式が終わったら、生徒や先生、親も謝恩会に行く場合がありますが。沖縄では少し違うようです。ド...

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

スポンサーリンク

パンツスタイルで結婚式に参列する時の髪型のマナーについて

お呼ばれした結婚式。小さい子供も連れて行くとなれば、じっとしていられない子供のことが気になって、落ち着けないのではなんて考えてしまう人もいるかもしれません。

子供に会場内をちょろちょろと動き回られたら、テーブルに連れ戻したり、退屈させないように工夫したりと母としては必死なのも想像できます。できれば動きやすい服装で出席がベストではないでしょうか。

今回の結婚式のお呼ばれスタイルはパンツスタイルで決まり

では、パンツスタイルで結婚式に参列する際、髪型はどの様にするのが理想的なのでしょうか。

パンツスタイルですから、髪型くらいは女性らしくしたいと考える人もいるでしょう。

  • ロングヘアの髪型であれば、髪の毛をおろしたままでは頂けません。子供のお世話や食事がしにくいというだけでなく、清潔感にかけます。
  • 結婚式ですから、新郎新婦だけでなく、新郎新婦のご両親や親族に挨拶することあるでしょう

頭を下げた時や動いた時に、全体の髪が前に落ちてきてしまう事も考えられます。

だらしない印象を与えないように、髪はアップがおすすめです。イヤリングやピアスもより引き立つでしょう。

パンツスタイルで結婚式参列!ロングやセミロングの人におすすめな髪型

アップが理想的とはいえ、新婦より目立ってしまうような髪型はやりすぎです。

パンツスタイルで結婚式に出る時のポイントは後ろから見ても可愛い、女性らしいということを意識しましょう。ちょっぴり華やかな髪型が理想です。

ロングやセミロングの人におすすめの髪型をご紹介します。

編み込み

編み込みで両サイドをしっかりと押さえれば、多少動いてもさほど問題はありません。ただし、そのままの編み込みだと硬い印象になってしまうので、所々にルーズにするのがポイントです。ピタッとさせずにトップにボリューム感を出し、毛先は編み込んだ髪と一緒にまとめて、パールのバレッタなどで留めるとそれだけで華やかな印象になります。

フィッシュボーン

要するに四つ編みです。

三編みよりも豪華な印象を与えます。編みながら、所々にアクセサリーを挟んでいくと可愛いらしい印象になります。編み込みが苦手、出来ないという人でも、これなら大丈夫でしょう。

最後にフィッシュボーンを所々引っ張り、ルーズ感を出します。最後に華やかなバレッタをつけるのもおすすめです。

パンツスタイルで結婚式参列!ボブやショートの人におすすめな髪型

パンツスタイルで結婚式に出席する際、ボブやショートの髪型の人は、特に女性らしくなるように気を付けたいと考えていると思います。おすすめの髪を紹介します。

ハーフアップ

おすすめなのがハーフアップです。何もしなくてもいいような長さのような気もしますが、やはり下を向くと、横の髪が前にたれてくる難しい長さでもあります。

ですからサイドの髪と上の髪をとり、後ろで一つに結びましょう。

結んだ部分はお団子にするかくるりんぱをして、結び目を見えないようにします。トップは自然にボリュームを作るようにすると、こなれ感が出てステキになります。
華やかなカチューシャなどをつけるとより一層華やかさが増しますよ。

ギブソンタック

後ろでまとめ、毛先を中にしまい込む髪型がギブソンタックです。やり方はとても簡単。後ろの髪をひとつ結びにし、くるりんぱするだけです。あとは毛先を結び目の中に上手にしまい込みましょう。これでギブソンタックの完成です。

かなり短めでなければ、ショートヘアの人も出来ますよ。カチューシャをつけたり、結び目にリボンやお花をかざっても可愛く仕上がります。

結婚式でのパンツスタイルにも華やかさを!オシャレ見せのコツ

結婚式でのパンツスタイルですが、いくら髪型にこだわったとしても、そのパンツ自体がビジネスシーンを思わせるようなものであれば、結婚式にはふさわしくありません。また地味すぎてもよくありません。

中には、女性が結婚式に出席するのに、パンツスタイルを良く思わない人もいます。その結婚式が親族であればなおさらです。

そういった場合以外は、是非、動きやすいパンツスタイルに挑戦するのもよいでしょう。

おしゃれに更に華やかに見せるためにはいくつかポイントがあります。

パンツスタイルはトップスを華やかにする

フリルがたくさんついたブラウスなら結婚式でも華やかさが増します。品のよいレースなどを生かしたブラウスもよいでしょう。カジュアルになりすぎず、品があるブラウスを選びましょう。

ビジネスシーンを彷彿とさせない素材を選ぶ

サテンやシフォンのパンツであれば、結婚式でも違和感が出ません。

スーツに使われるような素材のパンツは避けましょう。
ジャケットを選ぶのであれば襟のない女性らしいものや、ショールなどを巻いておしゃれ度をアップさせましょう。

どんなパンツを選べば良いのか分からないという人は、パンツドレスも良いでしょう。カジュアルになりすぎず、女性らしい魅力を感じさせることができる物を選びましょう。

アクセサリーで工夫する

結婚式のパンツスタイルは華やかさに欠ける印象がありますが、そこはアクセサリーでカバーです。ちょっと目立つ大きめのアクセサリーやバッグでも構いません。鏡でみてバランスを確かめましょう。

結婚式ではヒールは鉄則

動きにくいからとヒールのないのもを選ぶ人もいるかもしれませんが、これは間違いです。

できれば、ほんの少しでもいいのでヒールのある靴を選びましょう。それだけで足が長くみえ、女性らしくみせることができます。

結婚式でのマナーは髪型だけじゃない!アクセサリーや靴にも気を配ろう

パンツスタイルで行くと決めた結婚式。髪型は特に気を使いたいところだと思いますが、マナーとしては、やはりアクセサリーや靴にも配慮が必要です

結婚式のアクセサリーならパールがベスト

二次会であればゴールドでも構わないのですが、昼間はパールがベストでしょう。華やかさを増すためにも重ね付けなどしてちょっぴりゴージャスに。シルバーやビーズのアクセサリでも良いです。ゴールドは夜にしましょう。

結婚式ではアニマル柄やファーは避ける

動物を殺生するというイメージがあるので、身につけるべきではありません。バッグや靴ももちろん駄目です。フェイクだから良いということにはなりません。

つま先のあいた靴は履かない

結婚式では露出を避けるというのは鉄則です。これは足に対しても言えることです。
足の先が空いているものは避けましょう。だからと言って、ブーツやカジュアル過ぎる靴は結婚式にはふさわしくありません。

露出が駄目だということは素足もダメです。ストッキングをしっかりと履きましょう。但し、黒いストッキングはお葬式をイメージさせるのでやめましょう。

結婚式に行くのだから、正装していれば何でもいいというわけではありません。子供を連れての結婚式です。出席するだけでも大変なことなのは誰しも分かっています。パンツスタイルでもよいでしょう。

ただし、折角、友人の晴れの日のゲストとして出席するのですから、パンツスタイルでもしっかりとマナーを守り、正しく、そしてステキな格好で出席したいものです。

しっかりと知識を得ること、そして、そのマナーが実際に間違っていないかどうか、しっかりと事前に確認しておきましょう。そしていちばん大切なことは、ステキな結婚式にお招きいただいたこと、お祝い出来ることに感謝の気持ちを忘れないことです。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688