アクリル素材のニットが向いている季節と洗濯する場合の注意点

ウール素材のニットよりもお手頃価格で購入できるアクリル素材のニット。しかし、いつまで着ることができるのか、迷ってしまう人も多いようです。

そこで今回は、アクリル素材の衣類の特徴や着用に向いている季節について説明します。ウールよりも軽いため、冬が始まる前から春先まで着ることができるので、おすすめです。

しかし、毛玉ができやすいというデメリットもあるため、洗濯する場合には注意が必要です。洗濯方法や干し方もご紹介しますので、洗う時も気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性の服装の中で、夏にふさわしいものについて知りたい

女性は服装のバリエーションが多く、夏に着るものだけでも数多くあります。しかし、その場面に合ったも...

メガネ種類はたくさん!フレームから自分に合ったメガネを探そう

メガネ店に行くと、様々な種類のフレームが所狭しと並んでいます。いざメガネを購入しようと思っても、どれ...

服の生地素材の特徴とは?季節に適した素材を選びましょう

服の生地の素材はどんなものがあるのでしょうか?着心地や暖かさなど、生地の素材によって大きく異なるので...

同窓会のコーデ特集!20代におすすめと会場に合わせたコーデ

20代になってから初めて来た同窓会の案内。会いたい人がいる、あの人は来るのかしら?など気になりますが...

祝賀会の服装で平服と言われたときにおすすめな女性コーデ

祝賀会の服装は平服でお越しくださいと言われたときにはどのような洋服で行けばいいのでしょうか?...

初デートでご飯に行く場合にぴったりな服装の選び方

彼氏、もしくは気になっている男性との初デートでご飯に行くことになったら、すごく嬉しいですよね。し...

結婚式のパンツスタイルにおすすめの髪型やマナーについて

結婚式に参列する時にはいろいろと準備しますが、その中でも迷うものといえば髪型ではありませんか?セ...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

式典での服装とは?主催者側が気をつけるポイントを紹介

式典で主催者側として出席するときの服装はどのようなものでなければいけないのでしょうか?男性の...

冬の結婚式が寒すぎるならコートの中に着込む方法とコートマナー

冬の結婚式のお呼ばれで困るのがコートやドレスのことではないでしょうか。会場内の寒さの心配はいりま...

お宮参りの服装はカジュアルでもOK!選び方のポイントや注意点

お宮参りの服装はカジュアルなもので行きたいというあなた。お宮参りのためにフォーマルな服を用意して...

女子におすすめしたい服装の一番人気はカジュアル

女子が着る服装の中で一番人気なものはカジュアルだってご存知でしたか?女の子らしい可愛さも出しつつ...

婚活中の女性必見!20代・30代の女性におすすめの服装

素敵な男性と知り合うために、婚活をしている女性もいますよね。婚活パーティーや婚活イベントに出席すると...

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。紫は、大人な印...

男性はカラコンに気づかない?いえいえそんな事はありません

男性はカラコンをつけていても気づかない?カラコンをつけた姿を可愛いと言ってくれる彼氏。裸眼ではないこ...

スポンサーリンク

アクリル素材のニットはいつまで着れるのか、向いている季節について

アクリル素材はニットとよく似ているため冬のイメージが強く、寒い季節しか着ることができないと思わるでしょう。アクリル素材はセーターなどによく使われていますが、実はウールに比べるとそれほど暖かい素材ではありません。寒い時期にアクリル100%のセーターを着ていてもなんとなく肌寒いと感じたことがあるのではないでしょうか。アクリル100%の場合は見た目ほど保温性は高くないのです。

アクリル100%ならウールのように暑くなりすぎることはなく、サラリとしているのが特徴でもあります。

秋から春まで長く着ることができる素材です。

アクリル素材の中にはウールと混紡されたものもあります。ウールの比率が高くなると、秋や春では暑く感じて向かない場合もあります。アクリルとウールの混紡素材の時は比率を確かめてみてください。アクリルの割合の方が多いと、春先まで長く着ることも可能です。

ニットには編み方によっても暖かさが違ってきます。細い糸で編まれた薄めの生地なら春や秋でも着ることができます。軽さもあるので、春の薄手の生地とも合わせやすくなります。

冬の季節におすすめのアクリルとウールの素材の違いを理解しましょう

冬の季節に大活躍のアクリルとウールは見た目はよく似ていますが、この2つには大きな違いがあります。

ウールは羊毛から作られた天然の素材なのに対し、アクリルは人工的に作られた化学繊維になります。

どどちらも柔らかくふんわりとしているので、冬の素材によく使わています。ウールは天然素材なので肌が弱い人でも着ることができますが、ただし虫に弱い面があり、また、洗濯で縮んでしまうことがあります。

一方のアクリルはウールほど保温性は高くはありませんが、ウールのデメリットの部分をカバーしています。

虫に食われるということはなく、扱いもウールほど難しくありません。価格もウールほど高くないのも嬉しいポイントです。吸湿性が高いので濡れてもすぐに乾き、丈夫な素材でもあります。

アクリル素材のストールなら、夏の季節でも使えます

アクリル素材はニットによく使われていますが、他にもいろいろなものに使わています。靴下や肌着などの衣類の他に、毛布などの寝具、ぬいぐるみのようなおもちゃにも使われてる素材です。

秋冬の防寒によく使われるストールですが、春や夏でも紫外線防止や冷房対策に使いたい場合もありますよね。ウール素材のストールでは夏に使うことはできませんが、アクリルは涼しい素材でもあるので、夏でも使うことができます。夏は外なら日焼け防止に、建物の中なら冷房対策にストールが大活躍です。

綿素材のストールもありますが、アクリル素材なら伸縮性もあるので使いやすくなります。アクリルは季節を問わず使うことができる素材でもあります。

アクリル素材の衣類を洗濯する時の注意点

アクリルはウールに比べると扱いやすい素材ではありますが、アクリルのような化学繊維は静電気が起きやすいです。静電気は毛玉の原因にもなりますので、洗濯のときはちょっとしたコツが必要です。

アクリル素材の衣類を自宅で洗濯する場合は、できるだけやさしく洗い上げるのがコツです。

洗濯の時に衣類が絡まると、繊維が擦れて毛玉ができたり、袖が絡まった衣類に引っ張られて伸びてしまうこともあります。襟や袖口、裾なども伸びて型崩れする可能性もありますので注意が必要です。

アクリル素材は手洗いするのをオススメしますが、洗濯機で洗う場合は必ず洗濯ネットを使ってください。洗濯ネットに入れると、洗濯中に絡まったり擦れたりすることを防ぐことができます。
また、いつも使っている標準コースではなく、手洗いコースやドライコースといった繊細な素材を洗うときに使うコースを選んでください。
柔軟剤を使うこともオススメです。柔軟剤は衣類をやわらかくし、静電気を起こしにくくしてくれます。着ているときに毛玉ができるのも防ぐことができます。

白のアクリル素材の衣類に漂白剤を使用する場合に気をつけたいこと

アクリル素材の服にシミをつけてしまったり、汚れが気になって漂白剤を使いたいこともありますよね。ですが、アクリル素材に漂白剤を使うときは注意が必要です。
白のアクリル素材には蛍光剤が使われていることが多いです。この蛍光剤が使われているアクリル素材に漂白剤を使い、日光に当ててしまうことで黄ばみを発生させてしまうのです。

アクリル素材の服などを漂白したいときは、必ず日光が当たらない日陰に干すようにしましょう。風通しが良く、日差しが届かないような場所に干してください。
漂白剤に浸けている間も日光が当たらないよう気をつけてください。浸けている間も日光が当たることで黄ばみを発生させてしまいます。せっかく気になる汚れを落としたくて漂白剤を使っているのに、黄ばみを発生させてしまったら意味がありませんよね。アクリル素材はウールに比べて洗濯もしやすくなりますが、余計な失敗をしないためにも素材の特徴をおさえておくことも大切です。

アクリル素材はアイテムによっては季節を問わずに使うことができる便利な素材です。夏にニット帽を使いたいとき、ちょっと肌寒さを感じる日にはアクリル素材を選ぶと良いでしょう。