肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思います。
もっと女性らしく見られたい、肩幅をカバーしたいという時には、洋服の選び方に気を付けてみましょう。
そこで、肩幅が広い女性におすすめの洋服の選び方をご紹介します。
服は上手に選ぶことによって、広い肩幅を上手くカバーしてくれます。洋服を選ぶ時にはぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

全身黒コーデ!おしゃれに決まるレディース黒コーデのポイント

全身黒コーデと聞くと、重い印象がありませんか?確かに上から下まで真っ黒だと、見た目も重くなってしまい...

サングラスの選び方、レディースならこんな選び方をしよう

サングラスを買う時は、試着をしてなんとなくで決めるという方が多いと思いますが、それだけでは充分な選び...

冬の結婚式が寒すぎるならコートの中に着込む方法とコートマナー

冬の結婚式のお呼ばれで困るのがコートやドレスのことではないでしょうか。会場内の寒さの心配はいりま...

サングラスで運転用に適しているのは?女性に似合うサングラス

女性が運転用のサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?眩しいか...

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。...

足が太いならスキニー選びは重要!細見えテクのポイントを紹介

足が太いならスキニーは履けないと思っていませんか?スキニーは足の太さを強調すると思われがちですが、選...

クールな女性を演出するファッションとは?できる女の身だしなみ

クールな女性のファッションのつもりが、なぜか男らしく見えてしまうのはナゼ?クールだけを取り入れようと...

女性の服装のタイプと特徴を紹介。骨格に合わせた服装の選び方

毎日着る洋服のスタイリングに困っていませんか?女性の服装のタイプには様々なジャンルがあります...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。...

卒業式の服装【50代母親】選び方のポイントとマナーを解説

子供の卒業式に出席する時、どのような服装で出席しようか悩むこともあります。母親としてふさわしい格好で...

ショートのヘアセットはこうすればOK!浴衣に似合うセット方法

浴衣を着るときにはショートの場合、どのようなヘアセットにしたらいいのでしょうか?せっかくだからいつも...

黒ワンピースの夏コーデはこうすると暑苦しくない大人の着こなし

夏に黒ワンピースのコーデは重すぎる?いえいえ、大人の女性は黒ワンピースにこんなコーデをすると涼しさを...

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。紫は、大人な印...

同窓会の服装は会場に合わせて選ぶ!20代後半女性に似合う服

同窓会の案内が来て、出席の返事を出した後に、まず頭をよぎるのが「どんな服装で行けば良いんだろう」とい...

スポンサーリンク

肩幅が広い女性に似合う襟元はVネック

肩幅が広い人、いかり肩の人におすすめなのが、「Vネック」の服です。

Vネックは女性の体を華奢に見せる服

横に広く鎖骨が見えるタイプなど、首元に余裕があるデザインはすっきり見せることができ、肩幅の広い人にもぴったり。

肩幅が広く見えるかどうかは、肩部分の生地の広さで変わる

縦に深くカッティングされたものより、中心からゆるやかにVを描く「広いVネック」の方が肩幅の広さをカバーできます。

ニットの場合は、ハイゲージ~ミドルゲージがおすすめです。

厚みの出るローゲージニットは、肩幅の広い人だとたくましく見えてしまうことがあります。ふわふわとしたフェザーニットも膨張して見えてしまうため、あまり向きません。

肩幅の広い人はオフショルダーも似合う

肩が落ちにくいため、上手に着こなすことができます。ただ、ぴったりとして体のラインを強調するようなものは避けましょう。デザインもフリルやリボンなど襟が甘めなものはミスマッチな印象となり、似合いにくくなります。

肩幅が広い女性にはスーツが似合う

肩幅が広い女性は、服をかっこよく着こなせるのが特徴。スーツのようなかっちりとした服や、ジャケットがよく似合います。

ポイントとして肩幅が自分に合ったものを選びましょう。

中に合わせるブラウスも首元に余裕があるものや、シャツならボタンを1つ2つ外すのがおすすめです。かっちりとした印象ながら女性らしいファッションになります。

もし肩パッドがついているようでしたら、肩パッドは余計に肩幅を強調してしまいますので外しましょう。

色もダークカラーを選ぶと華奢に見えておすすめです。

ドルマントップスは広い肩幅をゆったりシルエットでカバー

肩幅の広い女性に似合う服がもう一つ、ゆったりとしたシルエットが特徴の「ドルマントップス」です。

ドルマントップスは袖ぐりがゆったりと広い服

袖口に向かって細くなっている形の服で、ゆるやかなラインが広い肩幅を隠してくれます。

肩と袖の境目をふんわりとぼかしてくれるので肩幅が目立ちにくくなります。二の腕隠しにもなり、腕を華奢に見せる効果も。

ドルマントップスの着こなし方

ゆったりとしたシルエットなのでロングネックレスを合わせて縦のラインを強調するようにすると、より華奢に見せてくれる効果があります。

ボトムスはスキニーやタイトスカートなど細身なものを合わせると、全身のバランスが良くなりおすすめです。

ドルマンワンピースは全体的にボリュームが出てしまうので、ベルトをしてメリハリを付けましょう。スタイルアップ効果にもなります。

素材によっては着膨れしてしまう場合があるので、シフォンやシャツなど薄めでさらっとした生地を選んだ方が女性らしいシルエットを作れます。

ボトムス選びのポイント

広い肩幅を目立たなくするにはボトムス選びも大切です。おすすめなボトムスをご紹介します。

フレアースカート

裾にかけて広がるAシルエットのフレアースカートは、肩幅の広さを目立たなくしてくれます。またウエストを華奢に見せてくれる効果も。ミニ丈やロング丈より、ミディアム丈がちょうどよくおすすめ。またテロッとした生地よりは少ししっかりとしたハリのある生地の方が、体のラインを拾わないのですっきりとしたスタイリングができます。

スキニーパンツ

細身なスタイルが特徴のスキニーパンツ。逆に肩幅を強調してしまうと思われがちですが、ボトムスをスキニーにしてすっきりさせると、縦のラインが強調されて肩幅が目立たなくなります。ポイントとしてトップスは小さめのものは避けて、ゆったりとしたものを選びましょう。

上も下もぴったりしているコーディネートは、肩幅が広い女性には似合いにくいですので、上下のバランスを考えるようにしましょう。

肩幅が広い女性にNGなトップスは

服の形によっては、肩幅が広いのを強調してしまうものもあります。

肩幅広い人が避けたい服装

丸首、タートルネック、ハイネック

首がつまっているものは肩幅の骨格を強調してしまいます。ネック部分にゆとりがあるものや、ドロップショルダーのように落ち感のあるシルエットでしたら肩と袖のつなぎ目が目立たないので、そういったものを選びましょう。

ホルターネック、アメリカンスリーブ

ドレスや水着にも多い形ですが、露出する肩の面積が多いためこちらも肩幅の広さを強調してしまいます。

ぴたっとしたトップス

体のラインがぴったり出るような小さめのトップスも、骨格、肩幅を強調してしまいます。どうしても着たい時は、以下の肩幅を目立ちにくくする方法を試してみましょう。

カーディガンやシャツなど前開きのものを合わせる

カーディガンやシャツなどを羽織ることで、シルエットをカバーします。特にトッパーカーディガンや長めのカーディガンは縦のラインを強調でき、肩幅の広い女性が合わせると、かっこよく着流すことができるのでおすすめです。

アクセサリーで視線を誘導する

長めのネックレスなどを合わせて、視線を肩から胸元へ持っていきましょう。大きめでインパクトのあるピアスも効果的です。

ストールを縦に合わせる

ストールは横にゆったりと広げるより、さらっと首にかけてそのまま垂らすようにして、縦のラインを作りましょう。水平ラインを強調させないことが大切です。