女子がおしゃれな服装をするなら、男子もかわいいと思うものを

女子がおしゃれを楽しむのなら、服装はかわいいものが良いですよね。
しかし、自分や周りの友達がかわいいと思っていても、男子目線で見た時にそのかわいさを理解されない時もあります。
心からファッションを楽しみたいのであれば、自分の好きな服を着るべきと言いたいところですが、それだけでは男子の心を掴むことが出来ません。
周りの男子からもかわいいと言われる服装を見つけるために、さまざまな意見やファッションの種類を見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

モテるファッションを取り入れて、女子力をアップさせよう

モテる人は、顔が可愛いだけではありません。 ファッションも男性が好むポイントをしっかり押さえている...

30代は服装が痛いと言わせない!大人向けファッションのコツ

30代で若作りのような服装をしていると、周りから痛いと思われてしまうことがあります。20代の頃は似合...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか? そこで、会...

30代向けの服装でママもおしゃれを楽しむ!コーデのコツを紹介

30代になると服装もママらしい服装にしなければと考える人もいるかもしれません。 でも、ママだってお...

スーツの上手な着こなし方、レディースならこう着よう

スーツはビジネスの場面だけではなく、種類によっては入園式やパーティーなどにも着ることが出来ます。 ...

上着の肩掛けを落ちないようにするポイントやコツを紹介

上着の肩掛けをしたときに落ちないようにするにはどうしたらいいのでしょうか? 上着の肩掛け、なん...

社会人女性の服装でカジュアルなものとは?会社ファッション

男性の社会人の服装と言えば、スーツですが女性の場合はスーツではなくカジュアルなものでもよいという会社...

結婚式での子供の服装選びのポイントや子供連れのおすすめを紹介

招待された結婚式に子供も一緒に参加するときは、子供の服装についても悩みませんか?せっかくの結婚式のお...

メガネ種類はたくさん!フレームから自分に合ったメガネを探そう

メガネ店に行くと、様々な種類のフレームが所狭しと並んでいます。いざメガネを購入しようと思っても、どれ...

肩幅が広い女性におすすめの肩幅を上手くカバーする洋服の選び方

肩幅が広いと太って見えたり、たくましく見られがちで、肩幅が広いのがコンプレックスという女性も多いと思...

女性の服装の中で、夏にふさわしいものについて知りたい

女性は服装のバリエーションが多く、夏に着るものだけでも数多くあります。 しかし、その場面に合ったも...

50代のワンピースは花柄でオシャレに!選び方やおすすめを紹介

50代女性がワンピースで花柄を選ぶときは、ちょっとしたポイントを押さえることでより素敵な印象に着こな...

結婚式や二次会におすすめのボブのお呼ばれヘアアレンジ

結婚式や二次会などにお呼ばれしたら、ドレスはもちろんですがヘアレンジもどうしようかと頭を悩ませて...

サングラスで運転用に適しているのは?女性に似合うサングラス

女性が運転用のサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? 眩しいか...

全身黒のコーデはダサい?おしゃれに着こなすコツとポイント

全身黒のコーデをしてみたいと思っても、勇気が出ずになかなかチャレンジできない人もいるのではないでしょ...

スポンサーリンク

女子はかわいいと思っても、男子ウケがイマイチな服装は

男子目線を意識するなら、服装も男子にかわいいと思ってもらえるように意識しましょう。

実は、女子がかわいいと思っているコーディネートも男子からするとウケが悪い場合があります。

レギンス

男子はやっぱり素足が好きなので、レギンスを合わせるコーディネートはウケが悪いですが、スカートやワンピースとパンツを合わせるコーディネートもウケが良くありません。

ハイウエスト

予想外なアイテムでは、ハイウエストのボトムスです。
女子にとってはスタイルアップのアイテムですが、男子からするとおばさんっぽい印象に見えているのが不人気の原因です。

ライダース

また、フェミニンなスカートやワンピースに取り入れると甘辛コーデが可愛いライダースは評価が分かれるアイテムです。
ライダースのデザインによってはハードな印象が強すぎてしまったり、ちぐはぐな違和感を感じています。

サルエルパンツや主張の強い個性的な柄の服も個性が強くて男子ウケが悪いアイテムです。

同じ系統のファッションが好きな男子には受け入れられますが、一般受けは難しいでしょう。

女子はかわいいと思っても、これ系のファッションはモテない

ファッションの系統は色々ありますが、自分ではかわいいと思っている系統のファッションも多くの男子からは不人気です。

男子ウケを狙いたいなら、自分の好きなファッションが該当していないか確認しましょう。

森ガール系ファッション

ふんわりしたシルエットや優しい色使い、露出少なめというキーワード的には清楚な女の子らしいかわいい系ファッション。

ですが、男子からすると少女感が強く色気が足りません。

モード系ファッション

程度によりますが黒コーデは何かとこだわりが強くて近寄りがたいように見えてしまいます。

黒コーデじゃなくてもおしゃれすぎると近寄りがたくなってしまいます。

ロリータ系ファッションやゴスロリ系ファッション

男子ウケは悪い服装です。
モード系黒コーデと同じようにこだわりが強そうなうえに個性が強すぎてしまいます。

一目見て個性の強さが分かる服装は総じて男子ウケが悪いです。

そのため、原宿系の派手ファッションも男子ウケが悪い服装です。

かわいい女子と思われたいなら、こんな服装をしよう

男子ウケを狙った服装を意識するなら、かわいいだけじゃなくドキッとさせるアイテムも取り入れましょう。

男子をドキッとさせるアイテムは程よい肌見せがポイント

胸元が大きく開いたトップスに大胆なミニスカートというコーディネートだと、あからさますぎます。

胸元が大きく開いた服を選ぶならオフショルダーがお勧め

オフショルダーなら、胸元はあまり見えないけど普段見えない肩が出ているので、ドキッとさせやすいアイテムです。

屋外ではアウターやカーディガンを羽織っていて、温かい室内でアウターを脱いだ時にオフショルダーでドキッとさせましょう。

レースで肌がちらっと見えたり、シフォンで透け感がある服もあざとさがあって男子からはかわいいと思われるアイテムです。

寒い時期なら大きめのニットワンピースもお勧め

大きめのニットワンピは服が泳ぐ感じが着痩せ効果もあり、女の子らしさもあるので男子人気の高いアイテムです。

ただし、気になる男子とデートをするときは、行先に合った服装をするのもポイントです。

例えばアクティブに動きたい場所に行くときは、動きやすい服や靴を選ぶ方が、二人でいる時間を最大限楽しめるでしょう。

かわいい女子におすすめな服装の色

男子からかわいいと思われる服装をしたいなら、色選びも徹底しましょう。

男子ウケの悪いファッションの系統でもご紹介しましたが、モード系の全身黒、原宿系のカラフルなど偏りのある色は男子ウケが悪い色です。

女の子らしいイメージが出来る色が男子からも人気

白やパステルカラー等の淡い色とベーシックカラーがお勧めですが、濃い目の色を身に着けるときはビビットな色よりも少し落ち着いたトーンの色を選ぶようにしましょう。

また、全身を濃い色や明るい色で統一してしまうと個性が強くなってしまうので、程よいバランスを意識してください。

かわいい女子はラフな服装でも手を抜かない

男子とのデートの行先によって服装を変えるのは基本ですが、行先によっては手持ちの服でコーディネートするとどうしてもカジュアル要素が強くなりすぎてしまうこともあると思います。

また、今日はラフな服装の気分という日もあるでしょう。

そんな場合でも、髪型やメイク、ファッション小物まで手を抜いてはいけません。

カジュアル要素が強くラフな服装の時は、油断すると手を抜いているように見えますが、細部までバランスを考えてコーディネートすることで女の子らしさを保てます。

ラフな服装でしっかり濃いメイクはバランスが取りにくいですが、リップやチークなどにポイントを絞ったメリハリのあるナチュラル系メイクがお勧めです。

肌の透明感や髪の艶は男子が思うかわいい女の子には必須です。日頃からしっかりケアして、指先やムダ毛まで徹底的に意識しましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688