結婚式にお呼ばれしたときのネイルマナーとおすすめカラー

結婚式にお呼ばれしたときのネイルには、どのようなマナーがあるのでしょうか?ドレスは花嫁と被らないように白は着ないなどのマナーがありますがネイルはどうでしょうか。
ネイルも、ドレスほどハッキリしたものはありませんが常識の範囲内でしてもいいネイル、してはいけないネイルがあると言えるでしょう。

結婚式にゲストとして呼ばれたときにはこんなネイルがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女子が着る服装の系統にはどういったものがあるのか

ファッションで着るものの種類は数多くありますが、中でも女子が着る服装の系統にはどういったものがあるの...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか?そこで、会...

メガネ種類はたくさん!フレームから自分に合ったメガネを探そう

メガネ店に行くと、様々な種類のフレームが所狭しと並んでいます。いざメガネを購入しようと思っても、どれ...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

メガネの選び方の基本ルール!自分に似合うフレームの探し方

メガネを選ぶ時に、店頭でいろいろなフレームを見ていても、本当に自分に似合うデザインはどんな形なんだろ...

紫のドレスに合う靴の色は?センスが光るコーディネート術を解説

結婚式に紫のドレスを着ていく時、どんな色の靴を合わせたらいいのか迷ってしまいます。紫は、大人な印...

卒業式の服装【50代母親】選び方のポイントとマナーを解説

子供の卒業式に出席する時、どのような服装で出席しようか悩むこともあります。母親としてふさわしい格好で...

全身黒のコーデはダサい?おしゃれに着こなすコツとポイント

全身黒のコーデをしてみたいと思っても、勇気が出ずになかなかチャレンジできない人もいるのではないでしょ...

ワンピースの服を着こなすなら、10代場合どんなコーデが良い

洋服の中でもワンピースは、女性らしさを出せる服なので、幅広い年代の人達から愛されています。しかし...

服の上からでもOK?胸囲の測り方や女性の下着選びについて

この頃下着のつけ心地が悪い。そう感じることありませんか?それは下着が体に合っていないサインかも知れま...

冬の結婚式が寒すぎるならコートの中に着込む方法とコートマナー

冬の結婚式のお呼ばれで困るのがコートやドレスのことではないでしょうか。会場内の寒さの心配はいりま...

男性着物の着付け方を簡単に解説!着付けのポイントもご紹介

男性の着物の着付けは女性よりも難易度が低いので、ポイントさえ押さえれば難なく着付けることができます。...

メガネファッション【50代】大人の女性の魅力を引き出す選び方

50代の女性の中には、メガネをかけることで老けた印象になることにお悩みの人もいるのではないでしょうか...

サングラスで運転用に適しているのは?女性に似合うサングラス

女性が運転用のサングラスを選ぶときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?眩しいか...

男性へのプレゼント【マフラー編】選び方のポイントとオススメ

男性へプレゼントとしてマフラーを贈りたいと考えたとき、どんな物を選んだらいいのかわからないという人も...

スポンサーリンク

結婚式にお呼ばれしたときのネイルはさりげなくがマナー

結婚式のゲストにお呼ばれしたときは、服装や髪型などを考え着飾りますよね。このときに気になることの一つにネイルがあると思います。結婚式に出席するときにネイルをするときはなにかマナーがあるのでしょうか。どんなネイルが結婚式には向いているのかそんな結婚式に出席するときのネイルマナーについてご紹介します。

結婚式にお呼ばれしているときのネイルマナー

結婚式の主役は新郎新婦です。お呼ばれしている場合ドレスは白を着てはいけないというのはご存知ですよね。
これは、新婦と同じ色になりマナー違反になるからです。ネイルも同じように、あまり目立つようなものにして、新婦よりも目立ってしまうのはマナー違反です。

主役は新郎新婦だということを忘れずに控えめにすることがネイルのマナーになります。
また、結婚式の場はカジュアルな場ではありません。下品にならないように清潔感のある上品なネイルにするようにしましょう。

結婚式にお呼ばれしているときにこのネイルは…ない!

結婚式は華やかで清潔感あふれる場ですよね。なので、この場の雰囲気に合わないようなネイルは避けるべきです。どんなネイルはNGなのでしょうか。

結婚式にお呼ばれしているときのNGネイル

濃い色のネイル

赤や黒などの濃い色のネイルはいい印象を与えません。暗い色は負のイメージを与えますし、赤は血をイメージします。

骸骨やデビルなどの闇ネイル

闇ネイルはいいイメージを持ちません。暗い印象になってしまいますし、幸せいっぱいの二人を祝う気持ちが全く伝わらなくなってしまいます。ハロウィンの時期などはこのような闇ネイルをしている場合が多いので注意しましょうね。

キラキラネイル

ラメがたくさん入っていたり、ストーンがたくさん施してあるネイルは派手な印象になり、清潔感あるネイルにはなりません。華やかさは大切ですが、上品なネイルにするようにしましょう。

結婚式にお呼ばれしているときのセルフネイルのポイント

結婚式にお呼ばれしたけど、仕事上ネイルをすぐに外さなくてはいけない場合やネイルをしてもらいにお店に行くことができないという方は、自分でネイルをしてしまうという場合が多いと思います。
そんな場合にどんなことに気をつければいいのでしょうか。

結婚式用のセルフネイルで気をつけること

ネイルをしてもらいにお店に行くことができる場合、お店で結婚式にお呼ばれしていることを伝えるとお店の方にこの色がいいなどアドバイスをしてもらえますが、自分でネイルをすることになる場合、色選びも全部自分で行わなくてはいけません。

結婚式にお呼ばれしているときは派手な色や濃い色のネイルは避け淡い色を選ぶようにしましょう。

上品な感じのネイルにする場合は、薄いピンクやベージュなどの落ち着いた色味がおすすめです。上品で清潔感のあるネイルになりますよ。

また、色を付けずトップコートを塗るだけでも清潔感のある爪にすることができます。どんな色にしようか迷って選べない場合は、色味は付けずにトップコートだけでいくのも良いと思います。

ネイルを塗る時間もないという方は、ネイルチップを使うというのも手ですよ。出来上がったものも販売していますし、自分でチップに色を塗り作ることもできます。
当日シールや接着剤でつけるだけで手元が華やかになるのでおすすめです。

ゲストとして出席の結婚式でネイビーのドレスを着るときのネイルの色

淡い色のネイルをした方が結婚式にはふさわしいことはわかりましたが、ネイビーのドレスを着る場合、淡いピンクのネイルをしていると手元だけが華やかになってしまい浮いた感じになってしまいます。
濃い色のドレスを着るときにはどんなネイルが合うのでしょうか。

結婚式で濃い色のドレスを着るときのネイル

濃い色のドレスを着るからといって濃い色のネイルをするのはNGです。濃い色のドレスを着る場合は、淡いグレーなどの落ち着きのある色を選ぶと手元が浮かずに上品になります。きれいなグレーよりも少しくすんだくらいの色味の方が濃い色のドレスには合うのでぜひ試してみてください。

また、指先だけに色を塗るフレンチネイルもおすすめです。指先に白や淡い色を持っていき、透明の場所との境目をラメでラインを入れる程度にすると、色がある部分が少なくなるので落ち着いた印象になりますよ。

濃い色のドレスを着る場合は手元が華やかになりすぎないようにしてくださいね。

結婚式に出席するときはネイルが映えるように手のケアもしておきましょう

結婚式にお呼ばれしネイルに力を入れても、手元がボロボロだとせっかくのネイルも素敵にみえません。しっかり手元もお手入れしネイルが映えるようにしましょう。

結婚式に出席するときに気をつけたい手元のケア

  • 手は乾燥するとボロボロになりやすいので美しい潤いを保つために、結婚式当日まででもハンドクリームをつけるようにしましょう。
  • 濡れた手を放置していると手荒れがしやすくなりますし、肌の調子が悪くなりやすいので、手を洗ったあとなどはしっかり水分を拭き取り、濡れた状態で放置しないように気をつけてください。
  • 角質をとることができる石鹸を使い、手の角質を取り除きすべすべの肌をつくりましょう。
手は普段あまりケアをすることがなくただ手を洗って放置してしまいがちですが、角質をとったり化粧水で水分を補いハンドクリームなどで潤いを逃さないようにケアしてあげると、すべすべで潤いのある素敵な手元になるので、ネイルをするのであれば手のケアもしっかり行ってくださいね。