30代は服装が痛いと言わせない!大人向けファッションのコツ

30代で若作りのような服装をしていると、周りから痛いと思われてしまうことがあります。20代の頃は似合っていた服装でも、30代になると印象が違って見えることもあるのです。

そこで、周りから服装が痛いと思われないためにも30代の大人女性としてのファッションについて、痛いから改善するポイントや大人が似合う服装のコツなどお伝えしていきましょう。

これで、自分の年齢に合った相応のファッションのコツがわかり、自分らしいスタイルを作ることができるでしょう。ぜひ30代の魅力を引き出すファッションを楽しんでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服の生地素材の特徴とは?季節に適した素材を選びましょう

服の生地の素材はどんなものがあるのでしょうか?着心地や暖かさなど、生地の素材によって大きく異なるので...

お宮参りの服装は叔母だと何を着ていくべき?服装の選び方

叔母として甥っ子や姪っ子のお宮参りに行く時は服装に注意が必要です。赤ちゃんの両親でも祖父母でもな...

男性はカラコンに気づかない?いえいえそんな事はありません

男性はカラコンをつけていても気づかない?カラコンをつけた姿を可愛いと言ってくれる彼氏。裸眼ではないこ...

祝賀会の服装で平服と言われたときにおすすめな女性コーデ

祝賀会の服装は平服でお越しくださいと言われたときにはどのような洋服で行けばいいのでしょうか?...

食事会の服装マナー、会社関係の食事会時の服装ポイント

会食や接待など、会社の食事会に参加する際、どんな服装がいいのか悩んだことありませんか?そこで、会...

スエードパンプスはいつまで?春夏に履けるスエード靴

スエードといえば秋冬のアイテムでしたよね。しかし最近夏でもスエードのパンプスを店頭で見かけます。...

ワンピースの服を着こなすなら、10代場合どんなコーデが良い

洋服の中でもワンピースは、女性らしさを出せる服なので、幅広い年代の人達から愛されています。しかし...

お宮参りの服装はカジュアルでもOK!選び方のポイントや注意点

お宮参りの服装はカジュアルなもので行きたいというあなた。お宮参りのためにフォーマルな服を用意して...

シースルーの服を着る時のインナーとは?合わせ方を紹介

シースルーの服を着るときには何色のインナーを着ればいいのでしょうか?もともとシースルーのブラウスにイ...

30代の女性の服装は、カジュアルを取り入れよう

10代や20代の時は、それに合わせた若い服を着ていたと思いますが、30代になると、服装の雰囲気を変え...

30代向けの服装でママもおしゃれを楽しむ!コーデのコツを紹介

30代になると服装もママらしい服装にしなければと考える人もいるかもしれません。でも、ママだってお...

女子におすすめしたい服装の一番人気はカジュアル

女子が着る服装の中で一番人気なものはカジュアルだってご存知でしたか?女の子らしい可愛さも出しつつ...

肩幅が広い女子におすすめの服装デザイン・アウターの選び方

肩幅が広いことでお悩みの女子は、どうにかしてそのコンプレックスをカバーしたいと考えますよね。華奢な装...

お宮参りの服装【兄弟編】選び方のポイントやおすすめを紹介

お宮参りでは赤ちゃんの服装はもちろん、同行する兄弟の服装にも悩みます。主役は赤ちゃんだからと言っ...

イギリスの結婚式にゲストで参列する時の服装ポイントと注意点

イギリスの結婚式にゲストとして参列する場合、日本と同じような考えで服装を選んではいけません。イギリス...

スポンサーリンク

こんな30代女性の服装は痛い!と思われるファッションとは

いつまでも若いつもりでいても、悲しいかな人間は生きている以上、平等に確実に歳をとるものです。若さで乗り切った20代を過ぎ、30代前半まではまだそのままなんとか行けたものの、30代も後半に差し掛かると、さすがに若い時の服装と同じままというわけにもいかないものです。

体型や髪型が大きく変化していなくても、30代になると次第に似合わなくなっていく服装があります。

まだ着れるから、少しでも若く見られたいからと、若い子たちと同じようなファッションをしていては、かえって痛いオバサン扱いをされてしまうことも。

30代なら周りから痛いと思われがちな服装を知っておく

まだ20代のうちは、ハッキリ言って何でも似合うのです。オフショルダーのニットで大胆に肩見せをしたり、際どい丈のミニスカートが穿けるのも、若い子の特権です。これを30代になってもまだイケるだろうとやってしまうと、必死で若作りしている痛い人と思われてしまう可能性が高いでしょう。

若い子が色柄モノをミックスしていても可愛らしく見えますが、30代は徐々に大人っぽい服装にシフトしていくべきです。どこかにポイントとなる目立つカラーを使ったら、あとはさりげなく同色系でまとめるのが無難です。

いつまでも女の子テイストに溢れた可愛らしすぎる服装がメインだと、かえって老けて見えてしまいますので、全身を甘めに統一するのではなく、甘辛コーディネートを心がけましょう。

周りから服装が痛いと思われない30代の改善コーディネート

流行に敏感な女性であれば、20代の若い子と同じように流行りの服装でオシャレを楽しみたいですよね。しかし、若い子たちと同じようなコーディネートでは、大人の魅力を引き出すどころか、若作りの痛い感じが全面に出てきてしまうのは、仕方のないことなのです。

流行りを上手く取り入れつつも、痛いと思われない30代向けの服装

肌見せの分量を抑える

デコルテが覗くトップスやノースリーブの下には、ロング丈のボトムスを合わせることで、肌を過剰に露出するのを抑えます。スキニーなら足元は少しだけロールアップしてバランスを取りましょう。ワイドパンツを合わせる場合は、甲が見えるパンプスで大人っぽく仕上げます。

ピンポイントで効果的に色を使う

パッと目を引く色や柄の洋服を着たいのであれば、あとは主張しすぎない色味で揃えることで、色柄モノもスッキリと着こなせます。

女性らしさの引き立つシャツワンピースを活用する

一枚で着るとちょっと可愛らしすぎる花柄のシャツワンピースも、デニムやレザーの上着を合わせることで、女性らしくも大人の格好良いファッションに早変わりします。

30代女性が痛いと言われないためには大人が似合う服装をしましょう

流行りの服が安価で手に入る、いわゆるファストファッションブランドでは、若い年代から30代以上の大人世代までの幅広い女性層を取り込むべく、さまざまなデザインやカラーのアイテムが販売されています。しかし、いくら今年の流行だからと次々と手を出していると、プチプラゆえにやはり30代の女性が着るには少々安っぽく見えてしまうことも。

広い年齢層が手を出しやすいアイテムは、「○○(ブランド名)被り」と呼ばれる現象が起きやすいものですよね。これは、電車でたまたま隣合わせた10代の女の子と30代の女性が全く同じ服を着ていると、なんとなく周囲から痛い大人だと思われてしまったり、友達と待ち合わせたら色違いの服になったりと、せっかく流行のおしゃれを楽しんでいるつもりでも、結果的になんだか気恥ずかしい思いをすることになってしまうこともあるでしょう。

残念ながら、いくら幅広い年齢層へ向けた商品だからとは言え、やはり似合う年代と、ちょっとムリしている感が出てしまうケースもあります。それだけではなく、たとえば同じ30代女性でも、顔立ちやその人の醸し出す雰囲気によって、似合う服装もあればその逆もあるということなのです。

30代以上の大人の女性が、自分により似合う服装を見つけるためには、「自分の内面に合った服装を知ること」や「個性的すぎて合わせにくい服は避けること」「好きなテイストのブランドを見つけること」などを意識しておくと良いでしょう。

30代女子が痛い人にならないためには若作りメイクにも注意すること

とくに若いうちから、かわいい、美人だともてはやされて過ごしてきた女性は、いくつになっても若さを追い求める傾向にあります。海外では実年齢よりも若く見られることを喜ぶ傾向はなく、見た目と実年齢を近づけるように、服装を大人っぽく変えていくのが当たり前のこととされているのに対して、日本ではまだまだ、少しでも若く見られたいと、若作りに余念がない女性も数多くいるのが現実です。

周囲から痛い30代だと思われないようにするためには、服装だけでなくメイクも年齢に合わせて見直す必要があるのです。

メイク法は日々変化する

厚塗りのバッチリメイクが流行った時代はとうに過ぎ、今ではいかに自然な感じでキレイに見せるのかがメイクのポイントになっています。肌のくすみやシミを隠すために、しっかりとファンデーションで顔全体をのっぺりと塗ってしまうと、一気に古臭いメイクになってしまいます。

アイラインで目をぐるっと囲み、つけまつげやマスカラでバッチリ盛るのは、完全に時代遅れな痛い人です。同じ若見せでも、5歳も10歳も若く見られることを目指すのではなく、マイナス3歳くらいがちょうど良いと思います。

自分の魅力を引き出す30代ファッションを楽しみましょう

今まで似合っていた服が、なんだかだんだん似合わなくなってきたと感じたら、それは年齢のせいでもあります。体重は大きく変わらなくても、30代ともなると少しづつ体型は変化してくるのは仕方がないことです。ないものねだりをするよりも、今の体型に合う服や、上手に体型をカバーしてくれる服装を選びましょう。

大人向けファッションと地味なファッションは違います。カラフルな色を何色も使わなくても、大人の魅力を十二分に伝えられる服装にはできるハズ。若い子向けの服装は卒業して、30代の今だから似合う服装を見つけましょう。