結婚式で新郎が新婦へ花束のサプライズ!成功の秘訣やタイミング

結婚式はこころに残るものにしたい!と、サプライズを計画する方もいらっしゃいます。

また新婦へのプロポーズをはっきりとしていなかった。という方は、結婚式場で新婦へ花束を用意しプロポーズのサプライズを計画する方も。

そこでサプライズをする際の気になるタイミングや、成功させるための秘訣など、新郎の疑問についてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏が本当に自分のことが好きなのか不安な人が知っておくこと

お付き合いは、お互いが好きだから出来ることだとはわかっていても、自分だけが彼氏のことが好きで、彼氏は...

シャイな男性が見せる恋愛の脈ありサインと効果的なアプローチ

シャイな男性を好きになると、相手は自分のことをどう思っているのか、彼の気持ちがわからない、という女性...

30代のいい女の特徴とは?モテる30代女性の条件を紹介します

30代でいい女と言われる女性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。年齢ではなくその人自身の評価...

本命の女性に見せる男性からのサイン!男性の心理を探る方法

好きな人がいる女性は、相手の男性が自分のことをどう思っているのか、その人の行動や、話し方が気になるも...

恋愛に対して自信がない自分を変える方法をご紹介

世の中には恋愛をしたくても、自分に自信がないために一歩が踏み出せないという人は、意外と数多くいま...

31歳女性の結婚へのハードルが高くなる理由と出会いを掴むコツ

31歳、女性、彼氏なしという方も多いと思います。周りの友人が次々に結婚していき、結婚に対して焦りを感...

好きな男性から告白される方法は女としての魅力を忘れないこと

好きな人がいると誰でも「告白されたい」と思うものです。 自分から積極的にいくガツガツ系女性は男性は...

彼氏が仕事でいつも忙しい。好きだけど別れたい

以前は頻繁に会えていても、彼氏が仕事で忙しい時期になったり、またはそういったポジションに配属され、会...

遠距離の彼氏は忙しいから連絡が少ない寂しいときの対処方法

遠距離になって彼氏が忙しいのはわかっていても、連絡が少なくなってくると寂しい気持ちが抑えられなくなっ...

冷たいけど本当は優しい男性の特徴冷たく見えてしまう理由

冷たいけど本当は優しい男性はかっこいいですよね。しかし、その本当は優しいというのは案外わかりにくいも...

アラサーの男性と大人の恋愛をする時のコツ

アラサーの男性と聞くと、大人の魅力が溢れる素敵な男性を想像する人もいるでしょう。 そういった落ち着...

結婚する覚悟ができない男性の特徴や気持ちについて紹介します

結婚の覚悟ができない男性はどのような事を不安に思っているのでしょうか。自分に対して、彼女に対して心配...

恋愛に自信がない男性の見分け方と恋愛を成就させるコツ

自分に自信がない男性は女性や恋愛に対しても自信を持つことができずにいます。そんな男性を好きになると、...

ドレスの胸元にコサージュ!結婚式に参加する祖母の服装について

結婚式に参加する場合、洋装だと女性は胸元にコサージュを付ける方が多いですよね。コサージュには「お祝い...

ずっと愛される女性に多い特徴と居心地の良い彼女になる方法

ずっと愛される女性になりたい。そう考える女性は多いと思います。彼氏ができてもいつも長続きしないという...

スポンサーリンク

新婦が感動する結婚式の花束サプライズ

結婚式は一生に一度だし何か思い出に残るようなことをしたい!とサプライズを計画する男性は少なくありません。
最愛の女性である奥様に喜んで貰えるサプライズは何かと頭を捻らせることでしょう。

結婚式で行うサプライズには様々なものがあります。
どんなサプライズをするかは人にもよりますが、定番のもので決めるのであれば「花束のプレゼント」がオススメです。

「両手いっぱいの花束」は結婚式だからこそ貰えるもので贈れるものでもあります。
普段生活している中で「大きな花束」を貰ったり贈ったりする機会はそう多くないはずです。
そんな普段ではあまり贈る機会が無く、女性であれば嫌いな人はいないであろう「お花」を、サプライズと共に貰うことができたら新婦は感動すること間違いナシなのです。
また結婚式での花束プレゼントのサプライズは旦那様の性格に関係なく行えるのもオススメな理由のひとつです。
旦那様の中には緊張しいという方も少なくありません。
花束プレゼントのサプライズは日常的にもよくあることだからこそ気軽に行うことができるサプライズなのです。

結婚式の新婦への花束サプライズは本数にもこだわりを

結婚式で新婦へ贈る花束のサプライズは贈るお花に「意味」を持たせることも大切です。

ですが、お花に関する知識をあまり持っていない男性は、実際にはどのように意味を持たせるのか?悩むこともあるでしょう。
そこでここでは結婚式で贈る花束のポイントについてお伝えします。
より喜ばれる花束を用意するためにも、ぜひ参考にしてみて下さい。

結婚式で新婦へ贈る花束のポイントは主に2つ。

「お花の本数」と「お花の種類」です。
基本的にはこの2つに注目すれば意味の込めた花束を用意することができます。

まず1つめは「お花の本数」です。
お花は本数によって意味が変わる場合があります。
一番有名なのは薔薇です。
薔薇は40本だと「愛を誓う」、99本だと「永遠の愛」などの意味がありますので、まずは自分が花束にどんな意味を込めたいのか決めると良いでしょう。

そして2つめは「お花の種類」です。
お花の種類も本数同様に、モノによって花言葉が違います。
薔薇であれば「愛しています」、向日葵であれば「あなただけを見ています」など、お花にはそれぞれ花言葉がありますので、併せて注目して選ぶと良いでしょう。

結婚式の花束のプレゼントに本当のメッセージを込めてサプライズ

結婚式のサプライズで新婦に花束を贈る際には「演出」にもこだわりを持たせましょう。

予め手紙を用意して手紙を読み上げた後に手紙と一緒に花束を贈るのもひとつですし、少し手を込むのであれば、2人の思い出の動画を作成して動画が流れ終わった後にメッセージと一緒に花束を贈るのもオススメです。

花束のサプライズは「新郎の想い」を込めるからこそ感動させることができるものです。どんな演出をしたら自分の想いを伝えることができるのかを考えながら進めれば、きっと自然とサプライズは新婦に喜ばれ感動するものとなることでしょう。

結婚式でサプライズはタイミングや準備が重要

結婚式で行うサプライズはとにかく「準備」が重要になります。

まずはどんな演出で花束サプライズをするのかを決めましょう。
演出が決まったら次にどのタイミングでサプライズをするのか決めます。
結婚式の終わり頃でサプライズを行うのか、それとも、余興の一環としてサプライズを行うのか、自分がどのタイミングでサプライズを行いたいのかハッキリさせておくようにして下さい。

サプライズの内容やタイミングが決まればあとは詳細を詰めていきます。
結婚式のプランナーさんにサプライズの内容を詳しく伝えて、よく相談しながら進めるようにしましょう。
また、手の込んだ花束サプライズを計画してて1人で準備を進められないのであれば、友人や家族に協力してもらうことも必要になります。

満足いくサプライズにするためにはどんなことが必要なのかを明確にして計画的に準備を進めることが大切です。

サプライズを成功に導くポイント

サプライズは成功すればそれだけ感動は大きくなります。

しかし感動の度合いは人によって異なります。
感極まって涙を流してくれるだろうなど、サプライズ時の状況を予想し過ぎてしまうとその通りの状況にならなかった時に、新郎さんだけが気持ち面で違和感を感じることになるかもしれません。
そのため、基本的にはその時の状況はあまり過度に想像しすぎず「感動してくれると良いなぁ」程度で考えておくことが大切であり、サプライズを成功させる秘訣でもあります。
一方で、結婚式での花束サプライズを成功させる上では、とにかく新婦に気付かれないようにすることが必須ポイントとなります。

サプライズに協力してくれる人を集めるのはもちろんのこと、時間にも余裕を持って「計画的」に進めるようにしましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:688 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/feminiba.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/feminiba.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 688